【赤外線サーモ活用による建物診断住宅診断の可能性セミナー開催】

サービス分野: [ 環境・エネルギー・エコ ]

TERS&JSHI共催
【赤外線サーモ活用による建物診断住宅診断の可能性セミナー開催】
【セミナー概要】
今年4月1日に一部改正された宅地建物取引業法が施行されました。既存(中古)住宅の売買時において、インスペクション(建物診断)について説明することが宅地建物取引業者に義務付けられています。私たちが安心して住宅を購入できるよう、第三者的立場から、目視の範囲(非破壊)で住宅の状態を調査・診断する専門家を育成し、住宅流通の透明化および活性化を促す事業を推進しているNPO法人日本ホームインスペクターズ協会(JSHI)と、 安心・安全に暮らせる住環境・街環境の形成を目指して、二次インスペクションとしての赤外線建物診断技術の研修と資格制度などを推進している一般社団法人街と暮らし環境再生機構(TERS)が、今回初めてタッグを組み、それぞれの団体としての強味を双方の会員に説明するとともに、双方の業務を補完する具体的方法について探ります。

【日程・内容】
日時:2018 年8 月21 日(火) 18:30~20:40(受付開始18:00~)
*第一部 18:30~19:30
「ホームインスペクション“イロハのイ”」
講師:特定非営利活動法人 日本インスペクタ―ズ協会(JSHI)理事 栃木 渡
・昨今のインスペクション動向
・JSHI が推奨するホームインスペクション(住宅診断)について
・住宅診断の現場でみられる劣化事象、さまざまな問題
・赤外線診断が必要な主な事象

*第二部 19:40~20:40
「インスペクションと赤外線サーモグラフィによる診断技術の位置づけ」
講師:一般社団法人街と暮らし環境再生機構(TERS)常務理事 中嶋俊一
・二次インスペクション としての赤外線診断の活用
・雨漏り診断、外壁劣化診断事例
・赤外線診断を実施するために必要な技術、知識とその取得方法

【会場: アットビジネスセンター東京駅 会議室302】
(東京都中央区 京橋1-11-2 八重洲MID ビル)
アクセス http://abc-kaigishitsu.com/tokyo_yaesu/access.html

【定員:100 名(事前申込制、先着順)】
参加資格:建設・不動産等関連業界企業(申込者多数の場合には、JSHI あるいはTERS の会員優先、他先着順)
受講料:無料
【参加申込方法】
本セミナー案内書に必要事項記載の上、FAX またはメールにてお申込みください。
また、主催者のホームページにてお申込みすることもできます。先着順に受付
※参加者には主催者よりメールで「参加票」を送信します
申込期日
2018 年8 月8 日(水)
※定員に達し次第、締め切り
詳細、お申込み方法は、下記主催者のホームページをご覧ください。
主催:
NPO法人 日本インスペクターズ協会(JSHI)     http://jshi.org/
一般社団法人街と暮らし環境再生機構(TERS)   http://www.ters.or.jp/

お問い合わせ先

一般社団法人
街と暮らし環境再生機構
専務理事
青木 由喜雄
〒210-0852
神奈川県川崎市川崎区鋼管通4丁目5番3号
岡村建興内3階
TEL 044-201-7411
FAX 044-366-2495
URL http://www.ters.or.jp/
mobile:090-6300-5425
E-mail: y-aoki@ters.or.jp

 
キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する