「赤外線建物診断技術の向上と普及を考える会」東京・大阪で開催

サービス分野: [ 教育・人材 ]

「赤外線建物診断技術の向上と普及を考える会」東京・大阪で開催

「赤外線建物診断技術の向上と普及を考える会」東京・大阪で開催

赤外線サーモグラフィーを活用した建物診断の知識・技術を普及させるために「赤外線建物診断技能師」の研修と資格試験を手掛けている一般社団法人「街と暮らし環境再生機構」が、赤外線診断技術を高めるために何が求められるかを考えるセミナーを開催する。
同社団は、1,500名を超える「赤外線建物診断技能師」の資格保有者に資格取得後の推進状況や診断における課題などのアンケートを実施した。
そのデータを基に赤外線建物診断の実態を把握し、市場で求められる技術の構築を目指していく。
【セミナー内容・日程】
第1部:「赤外線診断事例から見る技術力」
   
  ・雨漏り診断事例
  ・外壁劣化診断事例
  ・定期報告制度に対応するための診断計画
  ・診断受託例

第2部:「赤外線診断技術の認知度を高めるためにすべきこと」
     
  ・インスペクション推進における赤外線診断技術の位置づけ
  ・赤外線診断技術に求められていること 
   「行政や社会的な認知の向上」
   「診断データ構築と技術の信頼度向上」
  ・データ構築と信頼度向上のための意見交換会

【大阪会場】
 日 程:平成30年2月16日(金) 13:30~16:30
 会 場:エル・おおさか(大阪府労働センター)南71

【東京会場】
 日 程:平成30年2月20日(火) 13:30~16:30
 会 場:池上会館 視聴覚室
定員50名

詳細、申込は一般社団法人「街と暮らし環境再生機構」ホームページから
URL:http://www.ters.or.jp/e3.html

お問い合わせ先

一般社団法人
街と暮らし環境再生機構
専務理事
青木 由喜雄
〒210-0852
神奈川県川崎市川崎区鋼管通4丁目5番3号
岡村建興内3階
TEL 044-201-7411
FAX 044-366-2495
URL http://www.ters.or.jp/
mobile:090-6300-5425
E-mail: y-aoki@ters.or.jp

 
キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する