東京のまちが まるごと “おとなの社会科見学”フィールド。市民活動が観光資源、「東京C観光」スタート

サービス分野: [ その他(おとなの社会科見学 東京都 ) ]

東京のまちが まるごと “おとなの社会科見学”フィールド。市民活動が観光資源、「東京C観光」スタート

東京23区+多摩30市町村のまちが まるごと “おとなの社会科見学”フィールド
市民活動が観光資源、「東京C観光」スタート
初回訪問は5/6(日)、多摩市のNPOが運営、日本初の「無料スーパー」へ

───────────────────────────────────

スタートアップ法人のフィールドトリップ東京 株式会社(東京都国立市:代表取締役 菱沼秀行)は、約1,400万人が暮らす東京全域※1のユニークなコミュニティ(市民活動やNPO、コミュニティビジネス など多様な主体による地域貢献活動)を地域固有の魅力資源ととらえ、これら活動の現場を観に行く、新しい都市観光体験を『東京C観光(トウキョー シー カンコウ)』というサービス名にて提供する事業※2を
起ち上げます。

[「東京C観光」ウェブサイト: http://www.tokyockanko.com  ]

第一弾として東京都多摩市のNPO(特定非営利活動法人)「シェア・マインド※3(代表理事 松本靖子)」がフードバンク事業の一環として始めた日本初の「無料スーパー※4」開催中の現場を訪ねるプランを、“食品ロス削減!アクションの現場見学”と題して、来る 5月6日(日曜日)にテスト開催します。

───────────────────────────────────

タイトル: [東京C観光] 食品ロス削減!アクションの現場見学
      日本初「無料スーパー」の現場を見に行く4時間半

訪問 先: NPO シェア・マインド(東京都 多摩市)

日  時: 2018年 5月 6日(日曜日)AM9:00 集合予定(〜PM1:30終了予定)

見どころ:
◇「無料スーパー」運営見学+利用体験
◇NPOシェア・マインド(フードバンク事業など)事業活動報告 
◇参加者同士の気付きの共有 
◇ロス食品を活用したバーベキュー懇親会

形  式: 現場見学会(ガイド付き)
場  所: 東京都 多摩市 連光寺(最寄り駅「聖蹟桜ケ丘駅」「永山駅」よりバス)
集  合: 現地集合/現地解散
参加料金: 3,800円(おひとり様/税込/バーベキュー代金・保険料込)
定  員: 10名(要事前申し込み)  

[イベント詳細&申込先URL: http://tokyockanko-1.peatix.com

主  催: 東京C観光(事務局:フィールドトリップ東京株式会社)

(一般のお客様からの問い合せ先:フィールドトリップ東京株式会社 
☎050-5884-5088 ✉ info@fieldtrip.tokyo )

───────────────────────────────────

※1(23区+30市町村が当初の対象、島しょ部を除く)。
東京都の人口(推計)は平成30年3月1日現在 13,754,043人(東京都 総務局)

※2 「東京C観光」の“C”は、Community(コミュニティ)、Civic(シビック:都市の・市民の)、Curiosity(キュリオシティ:好奇心)の意味。

旅行業法における旅行サービス手配業ではありません。レクリエーション・生涯学習として”まちの社会科見学”を推進する民間法人です。

「東京C観光」の参加費用の一部は訪問先団体の収益となり(参加することが)団体の継続的な活動を支援することにつながります。

※3 NPO法人 シェア・マインド http://sharemind.jimdo.com

※4 企業や家庭から寄付された食品を陳列し必要な方々へ無償で提供する月1度の試みです。豪州シドニーでも同様の試みがあります。

お問い合わせ先

[本件に関する報道関係者からのお問い合わせ先]
(一般のお客様からの問い合せも共通)

フィールドトリップ東京株式会社 担当:菱沼(ひしぬま) 
☎050-5884-5088 ✉ info@fieldtrip.tokyo

※本件に関する画像、図版、ロゴ等の素材も提供可能です。NPO「シェア・マインド」への取材希望も窓口としてお受けいたします

 
キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する