まちの市民活動が観光資源「東京C観光」、 7/1(日)多摩市のフードバンク運営、「無料スーパー」見学

サービス分野: [ その他(社会科見学、スタディツアー) ]

まちの市民活動が観光資源「東京C観光」、 7/1(日)多摩市のフードバンク運営、「無料スーパー」見学

東京全域の“まちの社会科見学”と称して ユニークな地域貢献活動の現場を訪ねる体験プログラム『東京C観光(トウキョー シー カンコウ)』を提供するフィールドトリップ東京 株式会社(東京都国立市:代表取締役 菱沼秀行)は、東京都多摩市のフードバンクが取り組む日本初の取り組み、「無料スーパー」への現地訪問機会を“食品ロス削減!アクションの現場見学”と題した来たる 7月1日(日)の開催を前に、本日より予約申込受付を開始しました。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 [東京C観光]食品ロス削減!アクションの現場見学
  日本初「無料スーパー」の現場を訪ねる4時間
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 イベント詳細&申込先URL: http://tokyockanko-3.peatix.com

食品ロスとは、まだ食べられるのに捨てられてしまう食品のこと。日本で発生する食品ロスは年間621万トン(※1)と言われています。世界中の飢餓に苦しむ人々に向けた食糧援助量が年間320万トン(※2)ですので、その2倍の量が無駄に捨てられていることになります。

それらの”まだ食べられるのに販売出来ない、廃棄せざるを得なくなってしまった食品類”を企業や団体等から寄付により引き取り、地域で食料を必要とする人や家庭にシェアする事業・団体を「フードバンク」といいます。

  ※1 農林水産省及び環境省[平成26年度推計]
  ※2 WFP(国際連合世界食糧計画)ホームページより

数ある国内フードバンクの中でも日本で初めて「無料スーパー」事業に取り組むのが、東京都多摩市に拠点を持つNPO法人シェア・マインド。

「無料スーパー」は、企業や家庭から寄付された食品を陳列し、必要とする方々に無償で提供する月1回の試み。オーストラリア・シドニーでの先行する取り組みに刺激を受けた松本靖子さん(NPO法人シェア・マインド代表理事)が、サポートメンバーの助けを得ながら、昨年から継続的に開催しています。新聞やテレビなどでも大きな話題になったので目に、耳にした人も多いかもしれません。

そしてこの取り組み当日の現場を訪問する見学会を「東京C観光」で5月に初めて企画したところ、定員を超える申込をいただく大盛況となり、今回はこの人気企画のリピート開催となります。

当日は、「無料スーパー」開催の運営の一部始終を見学出来ると共に、「無料スーパー」の利用者体験、NPOシェア・マインド代表からのミニレクチャー、ロス食品を活用した調理試食懇親会(レスキューパーティー)まで、食品ロス削減に取り組むNPO活動の現場を五感で満喫する4時間となります。

なお、お客様の参加費用の一部は、訪問先団体(今回であれば、NPO法人シェア・マインド)の今後の継続的な活動を支える費用として寄付されます。

参加頂くことで、この食品ロス削減への取り組みと実践を応援することにつながる[東京C観光]にぜひご参加ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

タイトル:[東京C観光]食品ロス削減!アクションの現場見学
      日本初「無料スーパー」の現場を訪ねる4時間

日  時: 2018年 7月1日(日曜日)AM9:00 集合予定(〜PM1:00終了予定)

形  式: 現場見学会(ガイド付き)現地集合/現地解散

集合場所: 東京都 多摩市連光寺(最寄り駅 京王線「聖蹟桜ヶ丘」駅下車徒歩20分)※詳細は参加者向けにご連絡予定

参加料金: 3,800円(おひとり様:参加費、ロス食品を活用した調理試食会参加費含む/税込/保険料込)

※お客様の参加費用の一部は、NPOシェア・マインドの継続的な活動を支える費用(寄付)となります。

見どころ: 「無料スーパー」運営見学+利用体験/ショートレクチャー/ロス食品を活用した調理試食会(呼称:レスキューパーティー)

定  員: 10名(要事前申し込み)

[イベント詳細&申込先URL:  http://tokyockanko-3.peatix.com  ]

主  催: 東京C観光(事務局:フィールドトリップ東京株式会社)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃まとめポイント
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
POINT1 : 日本で初めての「無料スーパー」の取り組みを現場見学できる
POINT2 : その「無料スーパー」を利用体験できる
POINT3 : これらを始めたNPO法人代表から直接、話を聞くことが出来る
POINT4 : ロス食品を活用した「レスキューパーティー」に参加出来る
POINT5 : 交流を通じて視野が広がる、気付きが生まれる

お問い合わせ先

[報道機関からのお問い合わせ](一般のお客様からの問い合せも共通)

[東京C観光]運営事務局:フィールドトリップ東京株式会社 
 担当:菱沼(ひしぬま)
 ☎042-508-2717(代表)  ✉ info@fieldtrip.tokyo

 
革新ビジネスアワード2019投票受付中 革新ビジネスアワード2019表彰式&交流会参加者募集
キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する