まちの公共を見学する[東京C観光]。 8/25は「障がい者も健常者も混ざり合うアクションの現場見学」

サービス分野: [ その他(社会科見学、スタディツアー) ]

まちの公共を見学する[東京C観光]。 8/25は「障がい者も健常者も混ざり合うアクションの現場見学」

東京全域を対象に“まちの社会科見学”と称して ユニークな地域固有のコミュニティ活動現場を訪ねるスタディツアー『東京C観光(トウキョー シー カンコウ)』を提供するフィールドトリップ東京 株式会社(東京都国立市:代表取締役 菱沼秀行)は、東京都葛飾区の市民団体「立石ディスコ・ナイト実行委員会」が13年間にわたり取り組んでいる、障がい者も健常者も一緒に楽しめるディスコ・イベント運営現場への体験ツアーを「障がい者と健常者が混ざり合う!アクションの現場見学」と題し、来る8月25日(土曜日)に開催します。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 [東京C観光]障がい者と健常者が混ざり合う!アクションの現場見学
  13年続く”インクルージョン・ディスコ”を堪能する4時間半
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  イベント詳細&申込先 URL:  https://tokyockanko-5.peatix.com/

東京2020オリンピック・パラリンピックの開催まで2年をきり、障がいや性別や年齢等にかかわらず、子どもから大人まですべての人が ”ともに生きる” ”ともに創る”「共生社会」の実現をうたう取り組みを耳にすることが増えました。
ちなみに「インクルージョン」とは、含有、包含、(社会的)一体性のこと。そして「ダイバーシティ」は、多様性のこと。
つまり「共生社会」実現の道筋には、「ダイバーシティ」と「インクルージョン」の掛け合わせ、”多様な違いを認め合い、支え合い、寛容し、交流して活かし合う機会づくりが不可欠”とも解釈できます。

そしてそんな「共生社会」のあるべき姿を育む機会づくりが、未来でなく13年前より、東京の下町・葛飾区立石で市民活動として展開されています。
それが、障がい者も楽しめるディスコイベント「立石ディスコ・アフタヌーン」です。
15年前に地元商店街活性化策として発足したディスコイベント主催団体(立石ディスコ・ナイト実行委員会)が、あるきっかけから昼の部を始めたのが13年前。これまでに活動の収益金を寄付しつづけたことで葛飾区長から表彰され、またそのユニークな活動は、テレビや新聞等でもたびたび紹介されてきました。

そして今回、その地域固有のコミュニティ=立石ディスコ・ナイト実行委員会を訪ねる”まちの社会科見学”を、[東京C観光]で初めて企画しました。
そのユニークなディスコタイムへの参加のみでなく、開演前・準備中のフロア内ガイドツアー、主催する実行委員会メンバーとのトークによる交流など、”インクルージョンな場づくり”運営の現場見学を通じて「共生」について考える貴重な体験となります。
”平成最後の夏休み”のかけがえのない一日を堪能下さい。

なお、[東京C観光]の参加費用の一部は、訪問先団体(今回であれば、立石ディスコ・ナイト実行委員会)の今後の継続的な活動を支える費用として寄付されます。ご参加頂くことが、この共生社会づくりへの取り組みを知り、かつ活動を支援することにつながります。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 主な体験ポイント
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1)”インクルージョンDISCO”を初体験
2)開演直前/準備中のフロア内を特別ガイドツアー
3)立石ディスコナイト実行委員会メンバーにインタビュー
4)インタビュー時には立石フード(スタッフ御用達まかない飯)付
5)アフターには任意で立石のまち巡りも可能

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

タイトル:[東京C観光]障がい者と健常者が混ざり合う!アクションの現場見学
      13年続く”インクルージョン・ディスコ”を堪能する4時間半

日  時: 2018年 8月25日(土曜日)PM2:00 集合予定(〜PM6:30終了予定)

形  式: 現場見学会(ガイド付き体験ツアー:現地集合/現地解散)

集合場所:「クラブハウス夢幻」(最寄り駅:京成押上線「京成立石駅」下車 徒歩3分)

参加料金: 3,800円(お一人様)
(参加費には、ガイドツアー、ディスコ入場、トーク参加、まかない飯、傷害保険料、消費税が含まれています)
※お客様の参加費用の一部は「立石ディスコ・ナイト実行委員会」の継続的な活動を支える費用(寄付)となります。

見どころ: 開演前フロアガイドツアー+ダンスタイム+実行委員会メンバーへのトーク交流

定  員: 10名(先着順:要事前申し込み)
[イベント詳細&申込先URL: https://tokyockanko-5.peatix.com/ ]

主  催: 東京C観光(事務局:フィールドトリップ東京株式会社)

※[東京C観光]を運営する「フィールドトリップ東京株式会社」は、世界一の観光都市を目指す東京都の取り組みに賛同し、”まちの社会科見学&TOKYO”をうたう東京ブランドアクションパートナーとして登録しています。(東京ブランドアクションパートナー A−0000740 )

お問い合わせ先

[報道機関からのお問い合わせ](一般のお客様からの問い合せも共通)

 [東京C観光]運営事務局(フィールドトリップ東京株式会社) 
  広報担当:菱沼(ひしぬま)
  TEL. 042-508-2717  E-Mail:info@fieldtrip.tokyo
  ホームページ:http://www.tokyockanko.com

 
革新ビジネスアワード2019投票受付中 革新ビジネスアワード2019表彰式&交流会参加者募集
キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する