■ブライダルを疑似体験 ■50万のパーティー企画・運営“全て任せます”  ■恩返しプロジェクト始動

㈱ノバレーゼ

投稿日:2011年9月2日

サービス分野: [ 冠婚葬祭 ] [ エンターテイメント ] [ その他(大学生 インターンシップ) ]

■ブライダルを疑似体験 ■50万のパーティー企画・運営“全て任せます”  ■恩返しプロジェクト始動

■ ブライダル業を疑似体験!大学生インターンシップ
■ 50万円分のパーティーの企画・運営“全て任せます”
■ 両親など大切な人へ…「恩返しプロジェクト」始動
■ 9月中旬に向け約1カ月間かけ学生が準備

ウエディングプロデュース・レストラン運営の㈱ノバレーゼ(本社:東京都中央区、浅田剛治社長、東証一部、資本金:6億円)は、2013年度卒業予定の学生を対象にしたインターンシップの選考を終え、通過した6人を対象に「恩返しプロジェクト」を始動しました。

インターンシップのテーマは「大切な人に贈る人生最大の恩返し」です。
両親など感謝を伝えたい人に向け、6人の学生が一つのパーティーを企画し、当社の婚礼施設を使い実施します。パーティーのテーマや内容はもちろん、会場や招待者選定、コンセプト設計、備品手配、金額交渉、人員手配、当日の運営まで全てを学生が行います。

当社の社員が日ごろ行っているブライダルの企画・運営を疑似体験していただく内容です。

当社は学生が描くプランに対し、定期的に行うミーティングで現実的なアドバイスを与えるほか、当日のサポートスタッフの役目を必要に応じて担います。

パーティーにかかる費用全てを当社が負担するほか、当日使う婚礼施設の設備・機材、人的サポートを無償で提供します。

本プロジェクトの条件は、イベントやパーティーの上限予算が50万円である点のみで、全てを学生主導で任せます。

パーティーの開催日は2011年9月中旬です。選考に残った6人の学生は実施に向けた打ち合わせを2011年8月16日(火)から開始しています。

■■■“感動偏差値”を問う恩返しプロジェクト■■■
「恩返しプロジェクト」は、当社の採用基準の一つである、相手をいかに感動させられるかを問う「感動偏差値※1」や、大切な人へのヒアリング力、イベントの企画運営能力、当日のチーム統率力や瞬間判断力を問うプログラムです。  ※1当社の商標登録

学生は、当社の人材開発部や現役ウエディングプランナーの助言のもと、イベント会場となる婚礼施設にて音楽・映像・演出・料理全てをプロデュースします。

大切な人のために、固定概念に捉われない壮大なイベントを企画・立案し実行できるかを問い、実施後の感動体験を体感してもらうことでブライダル業・サービス業の魅力を知っていただきます。

■■■プロジェクトの企画背景■■■
当社のウエディングプランナーはお客様の要望に対し、ヘリコプター会社と調整し新郎新婦の空からの登場を実現したり、自ら花火師の資格を取得し会場で花火を上げるなど、常識に捉われないサービスを提供してきました。

プランナー一人の努力とアイデアで、従来にないウエディングを提供できる当社のサービス体制を具現化したのが、この「恩返しプロジェクト」です。

ブライダルのノウハウを学んでもらうことを前提に、「“Rock Your Life”※2というノバレーゼの経営理念を盛り込み、学生の“底力”を引き出す」というコンセプトのもとプログラムを開発しました。

※2 「ROCK=ゆり動かす、感動させる」から「ノバレーゼが関る全ての方の人生をゆさぶり、感動させることで、世の中をゆさぶり、元気を与え続ける会社でありたい」というメッセージ

「恩返しプロジェクト」は今年が2年目で、昨年は6人の学生が取り組みました。ある一人の学生の両親が結婚式を挙げていなかったことから、パーティーで“プチ披露宴”が行われるなど、涙と感動に溢れる内容となりました。

■■■恩返しプロジェクト概要■■■
<実施日>
2011年9月中旬(プロジェクトの最終となるパーティーの開催日)

<対象者>
420人のエントリーの中から第3次選考を通過した、大学3年生・大学院1年生6人

<内容>
■学生がプロデューサーとなり、親・恩師・恋人・兄弟・先輩・後輩など大切な人へ「ありがとう」の感謝を伝える、一生心に残るパーティーをゼロから企画・立案し実行する
■パーティーの招待者や内容は問わず、学生6人が一つのパーティーを行う
■会場や招待者の選定、コンセプト設計、音楽・映像・料理・演出の企画、招待状手配、備品手配、金額交渉、人員手配、当日の進行組み、運営まで全てを学生6人がプロジェクト責任者として行う

<条件>
■パーティーの運営費を上限50万円とする
(パーティー会場の設備・機材・人件費は含まない。会場費は含む)

お問い合わせ先

㈱ノバレーゼ
広報担当:野原
TEL: 03-5524-1199
FAX: 03-5524-1133
E-mail: nohara@novarese.co.jp

 
キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する