㈱ノバレーゼ

キャンドルナイト開催/3000本のキャンドルとライティングアートで館内を幻想的に

#冠婚葬祭

キャンドルナイト開催/3000本のキャンドルとライティングアートで館内を幻想的に
―――――――――――――――――――――――
◆ 3000本のキャンドルとライティングアートで「灯り」と「光り」の競演
◆ チャペルなど館内を幻想的に演出する「キャンドルナイト」開催
◆ 国重文指定など歴史的洋館含む全国16会場の婚礼施設を一般開放、参加無料
―――――――――――――――――――――――

ウエディングプロデュース・レストラン運営のノバレーゼは、
全国の婚礼施設16会場を一般開放し、
館内や敷地内の庭園に大小3000本のキャンドルを灯すイベント
「キャンドルナイト2017」を開催します。

2017年3月5日(日)から7月1日(土)にかけて、
各施設1日ないしは2日間かけて行います。
入場料は無料で、18歳以上であれば誰でも自由に、ご参加いただけます。

「キャンドルナイト2017」では、
大小異なる3000本の色鮮やかなキャンドルを、
披露宴会場やチャペル、施設内の庭園に配し、一斉に灯します。

色鮮やかな花模様のランプを使った
巧みなライティングアートも行い、
暗くした館内は幻想的な灯りと光で包まれます。

プロのJAZZミュージシャン3人(ピアノ、ウッドベース、サックス)による生演奏と
聖歌隊3人によるミニコンサートも、
庭園やバンケット、チャペルなどで行います。

星空やシャンデリアの下で響く音楽で、
幻想的な“大人デート”をさらにムーディーに盛り上げます。

当社がこうしたキャンドルナイトのイベントを行うのは、今年で2年目です。

昨年、5会場で計10日間行ったところ、
約5700人が参加してくださるなど大きな反響を得ました。
普段、馴染みの薄い結婚式場を
「身近な施設として感じていただきたい」と企画する、ご招待イベントです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ 「旧桜宮公会堂」(大阪)・「芦屋モノリス」・
 「姫路モノリス」は雰囲気抜群の歴史的洋館
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
16会場の中には歴史的価値のある建物も含みます。
表玄関が国の重要文化財に指定されている「旧桜宮公会堂」や、
築約90年の旧逓信省別館「芦屋モノリス」と「姫路モノリス」は、
荘厳で重厚な外観・内観が美しい歴史的洋館です。

積み重ねた時が醸し出す抜群の雰囲気のなか、
交差するキャンドルとライティングアート、ジャズ、ゴスペルの演出は、
参加者を、時空を超えた世界へといざないます。

【お問い合わせ先】

―――――――――――――――――――――――
<◇ 報道関係者からのお問合せ先>
―――――――――――――――――――――――
ノバレーゼ 広報担当:松井
【電話】 03-5524-2299
【Mail】 t-matsui@novarese.co.jp
―――――――――――――――――――――――

㈱ノバレーゼのプレスリリース

お役立ちコンテンツ

  • 弁理士の著作権情報室

    弁理士の著作権情報室

    著作権など知的財産権の専門家である弁理士が、ビジネスや生活に役立つ、様々な著作権に関する情報をお伝えします。

  • 産学連携情報

    産学連携情報

    企業と大学の連携を推進する支援機関:一般社団法人産学連携推進協会が、産学連携に関する情報をお伝えします。

  • コンサルタント経営ノウハウ

    コンサルタント経営ノウハウ

    コーチ・コンサルタント起業して成功するノウハウのほか、テクニック、マインド、ナレッジなどを、3~5分間程度のTikTok動画でまとめています。

新聞社が教える「プレスリリースの書き方」

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

連携サイトお役立ち情報

  • 海外ビジネス談

    海外ビジネス談

    海外とのビジネスにおいて、それぞれの国の持つ文化や歴史に関連して、さまざまな商習慣・商文化というものがあります。そんな海外とのビジネスにおける経験談をお伝えしています。

  • 起業家に影響を与えたこの一冊

    起業家に影響を与えたこの一冊

    起業やビジネスを展開する上で起業家が影響を受けた本を紹介しており、その起業家がどのような本からどんな影響を受け今のビジネスにどんな変化があったのかを知ることで、起業家マインドの一端を垣間見ることができます。

  • オンリーワン商品

    オンリーワン商品

    オンリーワンの商品やサービスを世の中に出す企業の開発に至るまでの背景や商品の特長、苦労話、今後の展望などをご紹介します。