㈱ノバレーゼ

正社員へキャリアアップできる権利を3年間付与、契約社員に新制度

#教育・人材

―――――――――――――――――――――――
◆ 正社員へキャリアアップできる権利を3年間付与、契約社員に新制度
◆ 給与や休暇、各種手当など待遇は正社員と同程度
◆ ステップアップできる新しい中途採用法で優秀な人材確保へ
―――――――――――――――――――――――

ウエディングプロデュース・レストラン運営の
㈱ノバレーゼ(本社:東京都中央区、荻野洋基社長、資本金:100百万円)は、
正社員採用への権利を3年間付与する契約社員制度(中途雇用形態)を、
2017年3月1日(水)から新たに導入します。

対象はウエディングプランナーやドレスコーディネーターを中心に、
調理職、間接部門まで当社にある全24職種で、中途採用を強化します。

給与は能力に応じて、大学卒の新入社員程度まで引き上げます。
年2回賞与も支給します。
休暇日数や休職制度、住宅手当や赴任手当など福利厚生も正社員と同程度を保証します。

手厚い待遇でかつ、
契約から正社員になれる転換期間を3年間設けることで、
育つ見込みのある人材を採用、教育しながらキャリアアップを促し、
優秀な正社員確保につなげます。

新しい中途採用制度の名称は「キャリアシード」で、
3月1日から同制度による採用を開始します。

「キャリアシード」に特化した募集は行わず、
正社員採用の過程で、「正社員までに準備期間が必要」と判断した
成長の見込める人材に対して、同制度の条件による雇用を打診します。

契約は1年ごとの更新で、
1年に1度は、正社員への“キャリアアップ面談”を行います。
3年かけて正社員に至らなかった場合は、
希望に応じてアルバイト雇用に切り替え、
当社で長く働いてもらえる環境をつくります。

現在、当社の雇用形態は「正社員」と「アルバイト」のみで、契約社員はいません。
今後も契約社員を増やす考えはなく、現場経験型のOJT教育をすることで、
短期間のうちに正社員へと引き上げたい考えです。

「キャリアシード」は「キャリア」の「種」という意味です。
「ノバレーゼでたくさんのスタッフが、個々の花を咲かせていって欲しい」との想いを込めています。

当社は2019年までに120人の中途採用を予定しています。
転職市場が売り手※となる今、優秀な人材を確保するため、
今回の制度導入を決めました。

※2008年のリーマン危機後に大きく落ち込んでいた転職者数は、
数十年ぶり300万人の大台を回復しています。
求人サービス大手がまとめた2017年1月の中途採用求人数は
前年同月より23.4%多い約16万件となり、26カ月連続で過去最高を更新しています。

【お問い合わせ先】

―――――――――――――――――――――――
<◇ 報道関係者からのお問合せ先>
―――――――――――――――――――――――
ノバレーゼ 広報担当:松井
【電話】 03-5524-2299
【Mail】 t-matsui@novarese.co.jp
―――――――――――――――――――――――

㈱ノバレーゼのプレスリリース

お役立ちコンテンツ

  • 弁理士の著作権情報室

    弁理士の著作権情報室

    著作権など知的財産権の専門家である弁理士が、ビジネスや生活に役立つ、様々な著作権に関する情報をお伝えします。

  • 産学連携情報

    産学連携情報

    企業と大学の連携を推進する支援機関:一般社団法人産学連携推進協会が、産学連携に関する情報をお伝えします。

  • コンサルタント経営ノウハウ

    コンサルタント経営ノウハウ

    コーチ・コンサルタント起業して成功するノウハウのほか、テクニック、マインド、ナレッジなどを、3~5分間程度のTikTok動画でまとめています。

新聞社が教える「プレスリリースの書き方」

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

連携サイトお役立ち情報

  • 海外ビジネス談

    海外ビジネス談

    海外とのビジネスにおいて、それぞれの国の持つ文化や歴史に関連して、さまざまな商習慣・商文化というものがあります。そんな海外とのビジネスにおける経験談をお伝えしています。

  • 起業家に影響を与えたこの一冊

    起業家に影響を与えたこの一冊

    起業やビジネスを展開する上で起業家が影響を受けた本を紹介しており、その起業家がどのような本からどんな影響を受け今のビジネスにどんな変化があったのかを知ることで、起業家マインドの一端を垣間見ることができます。

  • オンリーワン商品

    オンリーワン商品

    オンリーワンの商品やサービスを世の中に出す企業の開発に至るまでの背景や商品の特長、苦労話、今後の展望などをご紹介します。