金融機関向け強化パック『OKBiz Support for Finance』提供開始

株式会社オウケイウェイヴ

投稿日:2011年8月25日

サービス分野: [ IT技術 ]

金融機関向け強化パック『OKBiz Support for Finance』提供開始

FAQ(よくある質問とその回答)ツール市場シェア最大手の株式会社オウケイウェイヴ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:兼元謙任)は、FAQ作成管理ツールの金融機関向け強化パック『OKBiz Support for Finance』を2011年8月25日に発売いたしました。

http://www.okwave.co.jp/service/okbiz_f/

『OKBiz Support for Finance』は、弊社が開発・提供するFAQ作成管理ツール「OKBiz Support」を金融機関(銀行/証券/生命保険/損害保険/クレジットカード・信販の各業界)向けに最適化して提供するソリューションです。メガバンク3行をはじめ、大手クレジットカード各社、大手保険会社などへの豊富な導入実績に基づいて、FAQサイト構築・運営のノウハウをテンプレート化し、金融機関に求められるオプション機能を標準実装した「OKBiz」ツールとともに提供します。

『OKBiz Support for Finance』の導入により、サイト上のFAQコンテンツを簡単に整備することが可能となり、重複する問合せの削減によるコスト削減と業務効率化、サイト利用者の自己解決による顧客満足度の向上と理解促進による売上等の向上が期待できます。

金融機関では、金融商品の多様化やオンラインサービスの充実化などにより、お問合せ内容も多様化しており、その対応が課題となっています。当社は金融機関へのコンサルティング営業を強化し、『OKBiz Support for Finance』を今後1年間で50サイトの導入を見込みます。

■FAQ作成管理ツール「OKBiz Support」について http://www.okwave.co.jp/service/ok_biz/
「OKBiz Support」は米国ヘルプデスク協会(HDI)と共同で策定したFAQの作成・編集・承認・公開のワークフローの業界標準「FAQマネジメント」を実装し、FAQ生成に関する特許技術を有するFAQ作成管理ツールです。HTMLの知識がない担当者でもFAQの更新等をWebブラウザ上で簡単に運用できます。「OKBiz Support」の導入により平均約30%のお問合せを削減(当社調べ)。大手金融機関をはじめ国内大手企業、自治体を中心に220サイト以上が採用、2005年度 グッドデザイン賞(商品デザイン/ソフトウェア部門)を受賞しています。

■株式会社オウケイウェイヴについて http://www.okwave.co.jp/
株式会社オウケイウェイヴは1999年7月設立。インターネット業界のトレンドであるソーシャルメディアにいち早く着目し、2000年1月に日本初、最大級のソーシャルQ&Aサイト「OKWave」を開設しました(月間PV:1億400万以上 ※2011年3月末現在、本体サイト)。「OKWave」のユーザー同士が生み出す有益なQ&Aデータベースは「OKWave QA Partner」導入サイトとして大手ポータルサイトを始め140サイト以上が活用。更に、その運営ノウハウを元に、特許技術を有するFAQ作成管理ツール「OKBiz Support」やQ&A情報共有自動化ツール「OKBiz Answer」等を、サポート市場を中心に大手企業、自治体等220サイト以上に導入しています。2006年6月に名証セントレックスに株式上場(証券コード:3808)。2007年10月に楽天株式会社、2008年3月には米国マイクロソフトコーポレーションとの業務・資本提携を締結。以降も、国内最大規模のソーシャル・ハウツーコミュニティ「OKGuide」、Twitterと連動したQ&Aサイト「おけったー」、20言語で利用できる国際的ソーシャルQ&Aサービス「ARIGATO」、モバイルでの各種専門Q&Aサービス等、2012年に20ヶ国語、200ヶ国へのサービス提供を実現することで、世界中の人と人を信頼と満足でつなぎ、ありがとうを生み出してまいります。

※記載された商品名、各製品名は各社の登録商標または商標です。

お問い合わせ先

株式会社オウケイウェイヴ
広報室 宮城 miyagi@okwave.co.jp
TEL: 03-5793-1194(直通)

 
キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する