新調査データ『テレビCM接触情報』2016年10月第1週の集計結果発表

株式会社ゼータ・ブリッジ

投稿日:2016年10月18日

サービス分野: [ マーケティング・リサーチ ]

新調査データ『テレビCM接触情報』2016年10月第1週の集計結果発表

 株式会社ゼータ・ブリッジ(本社:東京都渋谷区 代表取締役:安藤 尚隆)は、従来から所有するほぼリアルタイムに生成されるCM放送履歴情報と、テレビのチャンネル選択履歴情報を併せた『テレビCM接触情報』を集計し、10月第1週目(10月3日~10日)の関東エリア・関西エリア・名古屋エリアのCM接触ポイントランキングを発表いたします。

 CM接触ポイントは、(CM接触率-CM離脱率)× 放送回数 ÷ 対象期間日数 で算出しており、対象期間中により多くのテレビがそのCMのチャンネルを選択し、且つCMの終了までチャンネルを変えなかった回数が多いほど大きな数値になります。対象日数が異なる複数の対象期間の比較を可能とするため、対象期間日数で割り1日当たりの平均値としています。

 弊社は、放送中にCM部分の自動抽出を可能とした音声・映像認識エンジンを活用して、関東・関西・名古屋・福岡・北海道エリアの民放計25局、およびBS放送6局で放送されたCMをほぼリアルタイムに特定できる「CM放送履歴自動生成システム」を運用し、データの販売を行っております。

テレビチャンネル選択履歴情報は、ユーザの許諾を得た全国数万台のテレビにおけるチャンネル選択履歴情報を入手し、集計に利用しています。

詳しいランキングは下記URLでご覧いただけます。
http://www.zeta-bridge.com/press-release/

お問い合わせ先

【本件に関するお問い合わせ】
 ■会社名 株式会社ゼータ・ブリッジ
 ■担当者 丸山  03-6712-2690
 ■Email press@zeta-bridge.com

 
キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する