ハッシュタグキャンペーンシステムを日本・東南アジアの4ヶ国で同時提供を開始

サービス分野: [ IT技術 ] [ アジア・新興国 ]

日本と東南アジア地域で、デジタルマーケティングを提供する、
株式会社World Wide System(所在地:岡山県岡山市、代表取締役:藤井 祥生)は、
Twitter(ツイッター)、Instagram(インスタグラム)、Vine(ヴァイン)の
ハッシュタグを活用したキャンペーンシステム Smart Hash(スマートハッシュ)を
日本、タイ、インドネシア、ベトナムにおいて、平成27年7月24日に4ヶ国提供を開始いたします。



【サービス開始の背景】
Instagram(インスタグラム)の利用ユーザー数の増加や、Twitter(ツイッター)をはじめとする
SNS上でハッシュタグを使用する文化が今まで以上に浸透・定着しつつあり、
今後ハッシュタグを利用したコミニュケーションが一層進んでいくと考えます。
ハッシュタグキャンペーンは、特定のキーワードのハッシュタグを付けて投稿するだけで
ユーザーは簡単に参加することができソーシャルメディア上でキャンペーンや商品のPRが見込めます。
国内のみならず、訪日外国人向けPRツールとして、または東南アジア進出企業様にも
ご利用いただけるように東南アジア向けに同時提供を開始しました。



【「#ハッシュタッグ」とは何か?】
ソーシャルメディアへの投稿に含まれる、ハッシュマーク「シャープ記号(#)」で
始まるキーワードなどの文字列のことを「ハッシュタグ」といいます。
このハッシュタグを使用することで、興味・関心を持つ人が、投稿された内容を検索することができます。
ハッシュタグは、投稿情報内でクリック可能なリンクとして表示され、
リンクテキストをクリックすることで、同じハッシュタグでタグ付けされた
他の投稿情報を一覧で見ることができます。


【サービス紹介ページ】
http://hash.smartpr.jp/



【Smart Hash(スマートハッシュ)の7つの特徴】
1.ハッシュタグを付けて投稿された
Twitter(ツイッター)、Instagram(インスタグラム)、Vine(ヴァイン)から
投稿情報を自動取得するため手動での手間が軽減。

2.自動取得した投稿情報は、管理画面にてSNSサイトや
ハッシュタグ毎にソートができるため、各SNS毎の管理がしやすい。

3.自動取得された投稿情報は、管理画面から承認することでキャンペーンサイトに
表示させるため不適切な投稿が表示されずに安心。

4.キャンペーンサイトは管理画面と連携しているから簡単にCMSで作成ができる。

5.画像以外に動画収集も対応している。

6.アクセス解析のGoogle Analyticsのタグ設置や、
収集された全ての投稿情報をCSVにてダウンロードすることができます。

7.収集したハッシュタグの投稿量や投稿者などの分析が無料でご利用できます。
(利用開始は2015年9月より)




【Smart Hash(スマートハッシュ)を使ったキャンペーン展開について】
1.東南アジア(タイ、インドネシア、ベトナム)での利用が可能。

2.タイ、インドネシア、ベトナムにてマーケットリサーチを展開しているため、
キャンペーンの効果測定調査(ブランドリフトアップ)も可能。

3.フォトコンテストシステム「Smart Contest」のノウハウがあり、
写真とハッシュタグを組み合わせたキャンペーン展開も可能。



【今後の展望】
収集したハッシュタグの分析ツールが2015年9月より無料で利用できるようになります。


【株式会社World Wide Systemについて】
URL:http://www.ww-system.com/
所 在 地:岡山県岡山市北区大内田675
代 表 者:代表取締役:藤井 祥生
設 立:1999年9月20日
事業内容:
1)WEBプロモーション事業
2)WEBマーケティング事業
3)オンラインリサーチ事業
4)WEBクリエイティブ事業
5)ASPサービス事業
6)WEBシステム開発事業
7)メディア事業

お問い合わせ先

【本リリースに関するお問い合わせ先】
企業名:株式会社World Wide System
Smart Hash 受付窓口:児玉 求直(こだま もとなお)
TEL:06-6390-1441 FAX:06-6390-2023
Mail: info@ww-system.com

 
革新ビジネスアワード2019表彰式&交流会参加者募集
キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する