㈱ノバレーゼ

築85年、県指定の重要建築物で、“雰囲気も酔える”ビアガーデン&グリル開催

#冠婚葬祭

築85年、県指定の重要建築物で、“雰囲気も酔える”ビアガーデン&グリル開催
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 築約85年、県指定の重要建築物で“雰囲気も酔える”
■ 旧逓信省芦屋別館の屋上でビアガーデン&グリル開催
■ スパイシーなアジアンフードとグリル料理食べ放題に飲み放題を付け5000円
――――――――――――――――――――――――
■ 希望者には歴史的洋館の館内ツアーも実施
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ウエディングプロデュース・レストラン運営の
㈱ノバレーゼ(本社:東京都中央区、浅田剛治社長、東証一部、資本金:6億円)は、
県の景観形成重要建造物にも指定されている
歴史的洋館「芦屋モノリス 旧逓信省芦屋別館」の屋上を
一般開放し、期間限定のビアガーデン営業を、
2015年6月5日(金)から9月27日(日)まで開催します。

本企画は今年4年目で昨年は期間中、
3430人の方にお楽しみいただき、
参加者からは「雰囲気も酔える」と好評です。

今回、普段は一般開放していない屋上を使い、
ビアガーデンを開催します。
ゆったりとしたソファ20席とテーブル80席を用意し、
オイルランプの灯りのもと、
幻想的でロマンチックな雰囲気もお楽しみいただく
“大人のビアガーデン”です。

イベントは「ASIAN BEER(アジアン ビア)」と題し、
タイやベトナムなど夏向けのスパイシーな
8品のアジアンフードを中心とした約15種類のビュッフェ料理と、
8種類の肉・野菜を特設する
大型グリル台で焼くグリル料理を食べ放題で提供します。

アジアンフードは
タイ風のローストチキンや春巻き、パクチー料理など、
日本でもお馴染みの料理が並びます。
スパイシーな料理の数々はビールによく合い、
夏の食欲を刺激します。

グリル料理はシェフ自ら炭火で焼き、
絶妙の火加減で、熱々をテーブルに届けます。

ドリンクは飲み放題で、
ビールとソフトドリンクはもちろん、
赤白のワイン、ウイスキーや焼酎、サワー、
またカシスやカンパリなどリキュールを使ったカクテルと
多彩に揃え、女性にも嬉しい内容です。

食べ放題と飲み放題を入れて、
税込5000円(2時間制)とリーズナブルな設定です。
小学生以上の未成年は同3000円で、未就学児は無料です。

「芦屋モノリス 旧逓信省芦屋別館」は
旧逓信省の電報電話局として
昭和4年(1929年)に建築された歴史的洋館で、
2005年2月から当社がレストラン兼婚礼施設として運用しています。

ビアガーデン期間中、
希望者には歴史資産に溢れた館内各所を巡るツアーも承ります。

【お問い合わせ先】

<◇ 報道関係者からのお問合せ先>
―――――――――――――――――――――――――
㈱ノバレーゼ 広報担当:松井
【TEL】 03-5524-1122
【mail】 t-matsui@novarese.co.jp
―――――――――――――――――――――――――

㈱ノバレーゼのプレスリリース

お役立ちコンテンツ

  • 弁理士の著作権情報室

    弁理士の著作権情報室

    著作権など知的財産権の専門家である弁理士が、ビジネスや生活に役立つ、様々な著作権に関する情報をお伝えします。

  • 産学連携情報

    産学連携情報

    企業と大学の連携を推進する支援機関:一般社団法人産学連携推進協会が、産学連携に関する情報をお伝えします。

  • コンサルタント経営ノウハウ

    コンサルタント経営ノウハウ

    コーチ・コンサルタント起業して成功するノウハウのほか、テクニック、マインド、ナレッジなどを、3~5分間程度のTikTok動画でまとめています。

新聞社が教える「プレスリリースの書き方」

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

連携サイトお役立ち情報

  • 海外ビジネス談

    海外ビジネス談

    海外とのビジネスにおいて、それぞれの国の持つ文化や歴史に関連して、さまざまな商習慣・商文化というものがあります。そんな海外とのビジネスにおける経験談をお伝えしています。

  • 起業家に影響を与えたこの一冊

    起業家に影響を与えたこの一冊

    起業やビジネスを展開する上で起業家が影響を受けた本を紹介しており、その起業家がどのような本からどんな影響を受け今のビジネスにどんな変化があったのかを知ることで、起業家マインドの一端を垣間見ることができます。

  • オンリーワン商品

    オンリーワン商品

    オンリーワンの商品やサービスを世の中に出す企業の開発に至るまでの背景や商品の特長、苦労話、今後の展望などをご紹介します。