株式会社エーディーディー

安全ファイル共有!データ移行可能なUSB型デバイス!

#生活関連技術 #IT技術

安全ファイル共有!データ移行可能なUSB型デバイス!
株式会社エーディーディー(京都市)は、USBフラッシュドライブを2台のPCのUSBポートに挿すだけでファイルやフォルダを共有できるデバイス、iTwin(アイツイン)を絶賛販売中です!

【商品・サービス名】
iTwin

【内容】
iTwin社(本社:シンガポール)と株式会社エーディーディー(本社:京都)は、USBフラッシュドライブを2台のPCのUSBポートに挿すだけでファイルやフォルダを共有できるデバイス、iTwin(アイツイン)を、日本国内における独占販売契約締結に基づき、株式会社エーディーディーのECサイトで発売を開始しています。

■ iTwin 販売 EC サイト
http://iTwin.add-soft.jp/


iTwinは、2つセットになったUSBフラッシュドライブを2台のPCにそれぞれ挿して、ファイルやフォルダを共有する事ができるデバイスです。

iTwinユーザーは、まず2つに分かれるiTwinを1つにして、片方のPCのUSBポートにiTwinを挿してパスワードなどの設定をします。次にiTwinを2つに切り離して、もう片方のPCのUSBポートに挿します。これだけの手順でインターネットを越えて、2台のPCでファイル共有を実現する事ができます。

使い方の一例をご紹介します。自宅のPCにiTwinの1つをUSBポートに挿しておき、外出先でノートPCにもう1つのiTwinを挿す事で、自宅PCのファイルをシェアし、常に同期を取る事ができます。また、自宅PCのHDDをオンラインファイルストレージのように使う事ができます。

簡単なセットアップ
iTwinのセットアップは簡単です。わずか30秒で設定は完了できるほどです。2つセットになったiTwinを1台目のPCのUSBポートに挿し、切り離したもう1つを持ち歩けば、いつでもどこでも簡単にiTwinがセットされたPCにアクセスする事ができます。
iTwin購入後、購入費用以外の料金は一切かかりません。
iTwin間のデータは暗号化されるため、公衆無線LANなどでも安全に使えます。
iTwinは2009年TechCrunch50の勝ち残り50社/50製品のうち、最も注目され、最も評価の高かった製品です。ニューヨークタイムズやCES 2011 注目製品、reddot デザインアワード2011にも入選するなど世界から注がれる熱い視線はとどまるところを知りません。

----------------------------------------
販売元:株式会社エーディーディー
製品ホームページ:http://itwin.add-soft.jp/
----------------------------------------

【お問い合わせ先】

株式会社エーディーディー
Sales-Support@add-soft.jp

株式会社エーディーディーのプレスリリース

お役立ちコンテンツ

  • 弁理士の著作権情報室

    弁理士の著作権情報室

    著作権など知的財産権の専門家である弁理士が、ビジネスや生活に役立つ、様々な著作権に関する情報をお伝えします。

  • 産学連携情報

    産学連携情報

    企業と大学の連携を推進する支援機関:一般社団法人産学連携推進協会が、産学連携に関する情報をお伝えします。

  • コンサルタント経営ノウハウ

    コンサルタント経営ノウハウ

    コーチ・コンサルタント起業して成功するノウハウのほか、テクニック、マインド、ナレッジなどを、3~5分間程度のTikTok動画でまとめています。

新聞社が教える「プレスリリースの書き方」

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

連携サイトお役立ち情報

  • 海外ビジネス談

    海外ビジネス談

    海外とのビジネスにおいて、それぞれの国の持つ文化や歴史に関連して、さまざまな商習慣・商文化というものがあります。そんな海外とのビジネスにおける経験談をお伝えしています。

  • 起業家に影響を与えたこの一冊

    起業家に影響を与えたこの一冊

    起業やビジネスを展開する上で起業家が影響を受けた本を紹介しており、その起業家がどのような本からどんな影響を受け今のビジネスにどんな変化があったのかを知ることで、起業家マインドの一端を垣間見ることができます。

  • オンリーワン商品

    オンリーワン商品

    オンリーワンの商品やサービスを世の中に出す企業の開発に至るまでの背景や商品の特長、苦労話、今後の展望などをご紹介します。