東南アジアの市場調査、セルフ型ネットリサーチシステム『Direct HaiSurvey』の提供を開始

W&S Group

投稿日:2014年4月8日

サービス分野: [ IT技術 ] [ 海外・グローバル ] [ アジア・新興国 ]

東南アジアの市場調査、セルフ型ネットリサーチシステム『Direct HaiSurvey』の提供を開始

東南アジアの市場(消費者)調査をご自身で自由にできる、
セルフ型ネットリサーチシステム『Direct HaiSurvey』の提供を開始
調査対応国:インドネシア、ベトナム
http://haisurvey.com/


インドネシア・ベトナムを中心に東南アジア地域において市場調査サービスを提供する、W&S Groupの株式会社World Wide System(所在地:東京都品川区、代表取締役:藤井 祥生)は、2014年4月2日より、東南アジアの市場(消費者)調査をご自身で自由にできる、セルフ型ネットリサーチシステム『Direct HaiSurvey(ダイレクトハイサーベイ)』の提供を開始いたします。


〔サービス開始の背景〕
W&S Groupは、欧米諸国を中心に13カ国以上のお客様と取引をしています。リサーチプランナーが調査企画を把握し、定量・定性調査の両面からご提案しております。従来のオフライン調査のご相談以外にも、最近ではオンラインで早く、安く、データーを取得したいというお問い合せが増えてまいりました。ご存知のように日本国内では、「調査会社の担当」を介さずにネットリサーチサービスが利用できる市場環境が整っていますが、東南アジアにおいては同様の仕組みが存在していませんでした。そこでW&S Groupは、東南アジアで初めてとなるセルフ型のネットリサーチシステムを開発するに至りました。複雑な進行制御や高度な回答制御を可能にしたロジックシステム、さらに、インドネシア・ベトナム最大規模のアンケートモニター(約23万人)を搭載した「Direct HaiSurvey」はお客様の要求にお応えできるものと自負しております。


〔Direct HaiSurveyとは?〕
このサイトでは、「アンケート画面の作成、ターゲットモニターの指定、サンプル割付、集計結果のダウンロード(リアルタイム自動集計機能付き)」といったシステムをベースにWEB定量調査の流れを自動化することで、東南アジアの消費者に対してネットリサーチが行えるようになりました。お客様が作成したアンケートは、アンケートモニターへの招待メールだけではなく、対象者のログイン後のアンケート参加ページにも自動的に表示されます。回答者はパソコンだけではなく、タブレットやスマートフォンからも回答可能です。回収データーは、WEB上の集計画面から、ローデータ(CSV/Excel形式)、GT(単純)集計、グラフ作成、クロス集計の作業が画面上で完結します。Direct HaiSurveyを使うことで、調査開始から最短24時間以内で結果を得ることができます。料金は20問、300サンプル、IR(出現率)が90%の場合、20問×300サンプル×13.6円×消費税8%=88,128円(税込)。従来は約3週間、50~100万円程度かかっていたコストと時間を圧倒的に削減できるサービスです。

◆機能紹介ページ
http://haisurvey.com/function/
◆料金ページ
http://haisurvey.com/price/


〔Direct HaiSurveyのサポート〕
初めてご自身でネットリサーチをおこなう場合もご安心ください。アンケート画面は4ヶ国語(インドネシア語、ベトナム語、英語、日本語)に対応、管理画面は2ヶ国語対応(日本語・英語)。また、日本語、英語で作成されたアンケートは、依頼に応じてインドネシア、ベトナム語に翻訳するサポートサービスも提供します。


[高品質、低価格を実現した理由]
従来の調査コストを圧倒的に削減し、且つ品質の高い回答結果を取得できている4つの理由
1.アンケートモニターを自社で保有しているため、外部からのモニター調達コストが不要。
2.インドネシア・ベトナムに現地法人を設立しているため、市場特性を把握しサポートできる。
3.アンケートシステムを自社で開発しているため、柔軟に対応ができる。
4.アンケートモニターに対して高い謝礼水準を設定しているため、アンケートへの参加率が高い。


[今後の展開について]
東南アジア全地域でのネットリサーチサービスを『Direct HaiSurvey』で提供するために、タイ・マレーシア・フィリピンと順次アンケートモニターを拡大していきます。システムにおいては、質問タイプの追加、集計結果のアウトプットの種類などの機能を充実させていきます。W&S Groupは、東南アジアのマーケティングビジネスに驚きと・感動をつくり、「For economic development. For life improvement.」をスローガンに掲げ東南アジアの発展に寄与していきます。


〔W&S Group概要〕
<日本>
社  名:株式会社World Wide System http://www.ww-system.com/
所 在 地:東京都品川区東五反田1-4-1 ハニー五反田第2ビル5F
代 表 者:代表取締役:藤井 祥生
設  立:1999年9月20日
事業内容:
1)東南アジア地域でのリサーチ事業
2)ウェブマーケティング事業
3)ウェブクリエイティブ事業
4)ASPサービス事業
5)ウェブシステム開発事業
6)メディア事業

<日本>
社  名:株式会社K2コミュニケーションズ http://k2c.co.jp/
所 在 地:愛媛県松山市朝生田町5-7-30 スペリオタワー朝生田1F西
代 表 者:代表取締役:矢野 雅浩
設  立:2002年1月
事業内容:
1)メディアミックス事業
2)クリエイティブ事業
3)ウェブマーケティング事業
4)ブランディング事業
5)ウェブプロモーション事業

<インドネシア>
社  名:PT.Nusaresearch http://www.nusaresearch.com/
所 在 地:Grand Slipi Tower Lantai 21, Jl. S. Parman Kav. 22-24 Slipi, Jakarta Barat 11480
代 表 者:代表取締役:藤井 祥生
設  立:2013年1月7日
主要株主:株式会社World Wide System、
     株式会社K2コミュニケーションズ
事業内容:
1)インドネシア地域におけるリサーチ事業
2)インドネシア地域におけるウェブマーケティング事業
3)インドネシア地域におけるオンライン調査パネルの提供
4)インドネシアパネルサイト「Nusaresearch」の運営
http://www.nusaresearch.net/ (モニター数:93,000人)

<ベトナム>
社  名:W&S Co., Ltd http://www.vinaresearch.jp/
所 在 地:10F Room A, 40 Pham Ngoc Thach St., Ward 6, District 3, Ho Chi Minh city, VietNam
代 表 者:代表取締役:藤井 祥生
設  立:2011年10月17日
主要株主:株式会社World Wide System、
     株式会社K2コミュニケーションズ
事業内容:
1)ベトナム地域におけるリサーチ事業
2)ベトナム地域におけるウェブマーケティング事業
3)ベトナム地域におけるウェブソリューション事業
4)ベトナム地域におけるオンライン調査パネルの提供
5)ベトナムパネルサイト「Vinaresearch」の運営
http://www.vinaresearch.net/ (モニター数:140,000人)

お問い合わせ先

【本リリースに関するお問い合わせ先】
企業名:W&S Group - 株式会社World Wide System
事業戦略室:大岩
TEL:03-5421-7925
Mail: support.jp@haisurvey.com

 
キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する