ワインの持ち込みが可能なレストランとして発表!!

株式会社キャン

投稿日:2013年8月28日

サービス分野: [ 食品・食材 ] [ エンターテイメント ] [ その他(レストラン) ]

ワインの持ち込みが可能なレストランとして発表!!

BYO(Bring your own)が可能な店として表明
~好きなワイン、家で眠っているワインを持ち込み1人1,000円でOK~

ウェディングレストラン等を3店舗経営する株式会社キャン(本部:大阪市北区堂島浜、代表:西村 透 http://www.can-kk.jp)が、手掛けるイタリアンレストラン「CORONA(コローナ)」はBYOの受け入れを表明した。

2011年6月に「がぶ飲みワインの店」としてオープンしたCORONA。連日、たくさんの方々にワインやドリンクを楽しんで頂いています。
そのようなCORONAだから出来る「自分の好きなワインや家に眠っているお土産のワイン、贈り物でもらったあのワイン」を店に持ち込んでいただき、1名1000円で友人や同僚、仲間で一緒に飲んで頂くことができると発表した。

大阪の堂島に立地する60席の高級イタリア料理店の趣きながら、ワインが持ち込めるという常識では考えられないシステム。その仕組みを可能にしたのがオフィス街という立地。CORONAは、チャペル併設型のウェディングレストランで、平日の一般営業(ディナー)と土日のブライダル営業(挙式・披露宴・二次会)という2毛作の営業戦略で、周辺では土日が休みの店が多いなか、土日の売上も期待できることから平日は思い切った価格戦略を可能にした。

近年の飲食業界では、ドリンクの売上が伸びない現象に陥っている。コンビニやスーパーでのアルコール販売の強化や家飲み文化の定着、大手酒メーカーのCMの影響で、飲食店のドリンクの仕入価格(原価)が一般消費者に知れ渡っている事実がある。俗に言う原価30%という価格設定は、隣のコンビニで買ったビールがお店で飲むと3倍の値段が掛かるということであり、今までは飲食店の利益の大半を占めていた。
CORONAでは、このドリンクの売上を捨てる戦略をとっており、通常でも100種類の飲物が時間無制限で1人1000円で提供している。このBYOはその延長線であり、お店のドリンクを飲もうが、持ち込みのドリンクを飲もうが、売上は変わらないので、常識では無理なワインの持ち込みを可能とした。
BYOによって、「自分の好きなワインや高価なシャンパン、家に眠っているお土産のワイン、贈り物でもらったワインなど」をお店の料理と一緒に楽しむことができる。

<Bring Your Own というのは英語圏諸国では一般的な制度で、自分のワインをレストランに持ち込むことです。BYOと表示があるお店では、誰でも特別にお願いすることなくワインが持ち込めます。もちろん持ち込み料金はかかりますが、これはお店のグラスを使わせてもらう使用料や、複数のボトルを持ち込んで料理のタイミングに合わせて出してもらうための手数料です。お店の格に見合ったリーズナブルな料金で、お店から課される「持ち込むな!」というペナルティみたいに 高額なものではありません>

○店舗内装は、イタリアのクラシックなリストランテを現代風にアレンジした落ち着きのある空間
○BYO料は1名1000円で、100種類のドリンクの飲み放題(時間無制限)も付いています。月~金のディナー営業中に限ります
○持ち込み可能な飲物は、ワイン(赤、白、シャンパン、スパークリングワイン)とさせて頂き、本数に制限は設けませんが、常識の範囲の数量でお願いします
○持ち込まれるワインは、前日もしくは当日にお持ちください。また、残ったワインは当店で処分させて頂きます。(お持ち帰り不可)
○土日は結婚式会場として利用のため、一般営業はクローズ

店舗名 : リストランテ コローナ(CORONA)
所在地 : 大阪市北区堂島2-1-31 京阪堂島ビル1F
電話番号: 06-4795-5567
店舗面積: 約340㎡
席数  : メインダイニング/60席  VIPルーム/20席
       他に チャペル ブライズルーム等あり
客単価 : ディナー 3000円
営業時間: 17:00~23:00(最終入店 21:00)
定休日 : 一般営業は月~金のみ(土日祝日は結婚式・二次会・宴会の利用のみ)
URL : http://r-corona.com 
(BYOについては http://www.r-corona.com/restaurant/drink.html )

マスコミの方の取材、歓迎いたします。

お問い合わせ先

報道関係者からのお問い合わせ先
株式会社キャン  06-6458-3344
担当 : 西村 透(Eメール nishimura@can-kk.jp

 
キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する