ひとつの部品にふたつの機能を持たせたLED 関連製品、2 灯式LED ヘッドライトを発売。

ビーズ株式会社

投稿日:2013年7月31日

サービス分野: [ ものづくり ] [ 環境・エネルギー・エコ ] [ 生活関連技術 ]

ひとつの部品にふたつの機能を持たせたLED 関連製品、2 灯式LED ヘッドライトを発売。

ビーズ株式会社(所在地:大阪府東大阪市、代表:大上響)は、弊社自転車ブランドDOPPELGÄNGER ®(ドッペルギャンガー)より新製品 として、
「LED シートクランプ DCL079/080」、「LED グリップDGR091」、「デュアルアイライトDLF099」を発売します。
 「LED シートクランプ DCL079/080」、「LED グリップDGR091」の2 製品は、” 自転車には必ず必要な部品” であるシートクランプ、グリップに、
自発光によって周囲へ存在を知らしめ夜間走行時の安全性に貢献するLED 素子を追加したものです。
従来、LED ライト等を追加する場合は、ハンドルバーやシートポストにそれらを取り付ける必要があり、その際には道路交通法上必要な装備である前後
リフレクター、ベル等に追加しての取り付けが必要であったため、ハンドル周りやシートポストが「ごちゃごちゃ」してしまい美観を損なってしまう、
また「取り付けている」ことが周囲からわかりやすく盗難対象として(取り付けた部品が)狙われやすいという問題がありました。
 本製品は、本来自転車に取り付けられるべき部品とLED ライトを統合することにより、「後付感」の無いスマートな外観を実現するとともに、盗難を
困難にする取り付け方法を採用することで、これらの問題を解決するものです。
もちろん、夜間の走行において「周囲に自分の存在をアピールする」ことにおいても有効であり、とくにLED グリップは、従来注目されて来なかった「側面から
の視認性」に着目した製品であり、前後ライトに加えて「側面」においてもその存在を強く主張します。
 「デュアルアイライトDLF099」は、「より明るい」ライトを求める消費者に対応した、DOPPELGÄNGER ブランド中最大の明るさ(446 ルーメン)を誇る
強力なLED ヘッドライト。従来最も明るかった製品に比べ、およそ3 倍の光量を持ち、夜間走行時の視界確保に貢献します。
 製品には自転車取り付け用の台座が付属するほか、家庭の壁面、衣類やバッグにも取り付けが可能なクリップが付属され、非常時の明かりとして、
またアウトドア活動時にも活用できるように配慮されています。

LEDシートクランプの特徴
取付状態が目立たず、自転車の美観を保持。
LED発光部分は取り外しが可能で、盗難にも配慮。
高品質な、コンピューターによる切削加工とアルマイト仕上げ。
各所に「肉抜き」を施した軽量仕様。
選べる2カラー、2タイプ。

LEDグリップの特徴
グリップと一体化しており、自転車の美観を保持。
側面からの視認性が高く、全方向に存在をアピール可能。
ボタンひとつで点灯/点滅の切り替えが可能。
約100時間のロングライフ点灯。
急な雨にも安心な、生活防水仕様。

デュアルアイライトの特徴
LED2灯により、光束446ルーメンの強力な明るさを実現。
様々な使用環境を考慮した取り付け台座が付属。
屋外での使用も安心な防滴仕様。
選べる4つの照射モード(強/中/弱/点滅)。

【製品ページ】 http://www.doppelganger.jp/

お問い合わせ先

ビーズ株式会社
担当:小野 聡  pr@be-s.co.jp
住 所: 大阪府東大阪市長田東1丁目1番10号
Tel: 06-6732-4300 / Fax : 050-3730-7786

 
キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する