文具業界初!1本の万年筆が、3㎡の森を守ります

セーラー万年筆株式会社

投稿日:2013年7月24日

サービス分野: [ ものづくり ] [ 環境・エネルギー・エコ ]

文具業界初!1本の万年筆が、3㎡の森を守ります

この度、セーラー万年筆株式会社(社長:中島義雄、本社:東京都江東区、以下「当社」)は、日本国内の森林機能の回復改善をめざすフォレストック認定制度を活用して、当社製品に所縁のある3カ所の森林の持続的管理・経営を支援する『FOREStationery®(フォレステーショナリー)』プロジェクトを開始します。8月1日(木)からの国内販売分より、小売単価3,150円以上の万年筆の販売本数に応じてCO2吸収量クレジットを購入し支援を実施します。こうした取り組みを通して、企業の社会的責任や昨今高まりを見せるエシカル消費にも対応してまいります。

[セーラーの取り組み『FOREStationery(フォレステーショナリー)』]
・お客様が当社の適応製品を選ぶと、その本数に応じて森を支援するためのCO2吸収量クレジットを当社が購入します。価格への転嫁はありません。
・国内で販売される小売価格3,150円以上の万年筆がフォレステーショナリーの適応製品です。海外販売分、DAKS、マンハッタナーズ他、当社ブランドではないOEM製品は適応外となります。
・購入したクレジットは、1本あたり、約3㎡の森を1年間保全するための支援に充当されます。
・CO2吸収量クレジットの購入量等は当社HPで報告いたします。
・適応製品は店頭POPや製品ケースにフォレステーショナリーロゴマークで告知します。

[フォレストック認定制度とは]
・一般社団法人日本林業経営者協会により創設され、一般社団法人フォレストック協会が継承し運営する、森林整備による森林吸収源をCO2吸収量クレジットとして認証し、価値化する制度のことです。
・認定は、森林認証を取得している森林(FSC/SGEC)または森林法に基づく森林経営計画等の認定を受けている森林の中から、さらに持続的な管理経営と生物多様性の審査を経た森林のみ受ける事ができます。
・クレジット販売収益は、森林事業者や自治体等の認定取得者を通じて森林の整備保全に還元されます。
・クレジット価値化・販売により国内森林と企業・消費者をつなぐことで、林業の持続的な管理・経営を支援する仕組みと言えます。
・現在、フォレストック認定制度により認定された森林は国内26箇所。この制度に賛同し参画する企業は約70社です(2013年7月現在)。
・当制度は公益社団法人日本ユネスコ協会連盟による未来遺産運動の連携事業でもあります。

・当社のフォレステーショナリー プロジェクトで支援をするのは下記3カ所です。
浄安森林…漆文化を守る森
石谷林業…智頭杉の森林
熊野森林…熊野古道を守る森


<一般社団法人フォレストック協会:概要>
〒105-0003 東京都港区西新橋1-6-21 NBF虎ノ門ビル9F
TEL:03-3596-0071 / FAX:03-3596-0072
理事会長:山本惠一郎 / 理事長:石黒路明

お問い合わせ先

セーラー万年筆株式会社
企画部:03-3846-2919

小野(ono-y@bungu.sailor.co.jp)・馬渕(mabuchi@bungu.sailor.co.jp
不在時:企画部 清野(kiyono-k@bungu.sailor.co.jp)/文具事業部統括室 北浦(eikan@bungu.sailor.co.jp
※画像のご依頼は、担当:小野・馬渕(まぶち)までお願い致します。

 
キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する