エヌアイシー・ソフト株式会社、基幹業務システムに「ZAC」を採用

株式会社オロ

投稿日:2022年5月11日

サービス分野: [ IT技術 ] [ その他(ERP) ]

エヌアイシー・ソフト株式会社、基幹業務システムに「ZAC」を採用

株式会社オロ(東京都目黒区 代表取締役社長 川田 篤、以下オロ)は、エヌアイシー・ソフト株式会社(東京都中央区 代表取締役 社長 結城 至朗 、以下エヌアイシー・ソフト)がオロのクラウドERP「ZAC」を基幹業務システムとして採用したことを本日発表いたします。

エヌアイシー・ソフトは、アプリケーション開発とIBM製品を中心としたインフラ構築の開発技術者集団です。新技術を積極的に採り入れつつ、日本情報通信グループのシナジーを活かし、クライアントのビジネス最大化に貢献しています。

同社は勤怠システムを導入していたものの、プロジェクト毎の稼働管理までは導入できておらず、
更には業務自体が手作業中心であり、煩雑であるという課題を抱えていました。またできるだけ社員に負担をかけず、稼働登録が可能であるか、という点も懸案のひとつでした。現行の勤怠システムを活かしながらも、工数情報を一元管理し、タイムリーにプロジェクト損益情報を管理する体制を構築するため、システム検討を開始しました。

選定にあたり同社の課題を解決できるとして評価されました。

「ZAC」の導入により、プロジェクトに関する販売・購買・工数情報が一元化されます。
また「xoBlos(※)」を活用することで、ZACで管理しているプロジェクトに対し、勤怠管理システム上の実績工数情報を、自動的に取り込むことが可能となり、システム間の連携に伴う作業を省力化しました。


■「ZAC」の導入にあたり、下記の点が評価されました。
1.プロジェクト損益情報を一元管理できる点
2.xoBlosとの連携により、社員稼働実績の管理を効率化できる点
3.プロジェクト型ビジネスに特化した仕様・機能を有している点


------------------------------------------------------

【ZACについて】
https://www.oro.com/zac/

【ZAC導入事例インタビュー】
https://www.oro.com/zac/casestudy/

-------------------------------------------------------


オロは今後もシステム開発・基盤構築業での実績拡大を推進し、
より多くの企業の生産性向上に貢献してまいります。

※ Excel変換プラットフォーム「xoBlos(ゾブロス)」はデジタル・インフォメーション・テクノロジー株式会社の登録商標です。

お問い合わせ先

<本リリースに関するお問い合わせ>
株式会社オロ マーケティンググループ 担当:布施
TEL:03-5843-0653/Mail:zac@jp.oro.com

 
キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する