国指定 重要文化財を手のひらに。優美蒔絵『東京駅丸の内駅舎』多機能ペン発売。

セーラー万年筆株式会社

投稿日:2013年6月26日

サービス分野: [ ものづくり ]

国指定 重要文化財を手のひらに。優美蒔絵『東京駅丸の内駅舎』多機能ペン発売。

この度、セーラー万年筆株式会社(社長:中島義雄、本社:東京都江東区)は、東京駅丸の内駅舎復原を記念して、優美蒔絵複合筆記具『東京丸の内駅舎』(JR東日本商品化許諾済み商品)を2013年7月1日(月)より、セーラー万年筆取扱文具店・百貨店で発売を開始します。

約5年にわたる保存・復原工事を経て約100年前の姿を取り戻した東京駅丸の内駅舎。
国指定 重要文化財を手のひらに。

[製品の特徴]
・セーラー万年筆の優美蒔絵シリーズは、年間 約5万本を売上げるヒット商品です(2012年)。
・細かな手作業でしか味わえない「蒔絵」独特の色彩の妙を、現代の印刷技術で再現したのが、セーラー万年筆の「優美蒔絵シリーズ」です。
・図柄のベースに印刷を施し、ポイントとなる部分に金粉・銀粉などの金属粉をひとつひとつ手作業で蒔いて仕上げます。
・国の重要文化財である東京駅赤レンガ駅舎やドーム天井をモチーフに、複合筆記具(2色ボールペン+シャープペン)の軸に表現しました。
・専用パッケージ入り、初回生産数合計1,000本を発売いたします。

【製品スペック】
品名:優美蒔絵複合筆記具 東京駅丸の内駅舎
希望小売価格:3,675円(本体価格3,500円)
方式:シャープペンシル・・・回転ノック式(0.5mm HB)
    ボールペン・・・回転式2色(0.7mm/油性/ブラック・レッド)
軸・大先:アルミ/メタリック・印刷蒔絵仕上げ
本体サイズ:φ14.5×142.6mm/21.6g

お問い合わせ先

セーラー万年筆株式会社
企画部:03-3846-2919

小野(ono-y@bungu.sailor.co.jp)・馬渕(mabuchi@bungu.sailor.co.jp
不在時:企画部 清野(kiyono-k@bungu.sailor.co.jp)/文具事業部統括室 北浦(eikan@bungu.sailor.co.jp
※画像のご依頼は、担当:小野・馬渕(まぶち)までお願い致します。

 
キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する