二代目経営者育成サービス「次世代経営者塾 若社長」第3期生募集開始

新宿総合会計事務所

投稿日:2013年6月18日

サービス分野: [ その他(二代目経営者育成サービス) ]

報道関係者各位
プレスリリース 
2013年6月18日
新宿総合会計事務所

二代目経営者育成サービス「次世代経営者塾 若社長」第3期生募集開始

新宿総合会計事務所(東京都新宿区、所長:瀬野弘一郎)は、二代目経営者育成サービス「次世代経営者塾 若社長」の第3期生の募集を2013年6月18日から開始致します。
当塾はすでに2期生を送り出し、経営者としての現場力を鍛える実習中心の塾として、理論一辺倒になりやすい他の経営者塾とは一線を画したメニュー構成が支持されているものです。

「次世代経営者塾 若社長」
http://jisedaikeieijyuku.s-g-a.co.jp/

【提供の背景】
企業の本分はゴーイングコンサーン(存在価値の永続)です。目まぐるしい環境の変化に対応し、存在価値を永続するためには何が必要か。これは企業にとって永年の命題であり、どんなに優れた名経営者にとっても永遠の課題だと思います。日本には100年企業が2万社以上ある(帝国データバンク)と言われておりますが、これらの企業の創業者だけがこの永年の命題・永遠の課題の解をもっていたのでしょうか?それは‘否’です。これらの企業が100年以上の永きに渡り環境の変化に対応できたのは、代々の経営者自らが仮説をたて、実践し、その結果を検証することにより見つけてきた解の連鎖だといえます。そしてその解は他人から教わるものではありません。解を自ら考え伝える能力で現在を切り拓いた現経営者に対して、後継者の自ら考え伝える能力は正直に申し上げて希薄です。そのような経営者の方の嘆きの相談もよく受けます。一方、後継者の方に聴いてみるとそれなりの考えをもっているケースが多いのもまた事実です。ただ、それが具体化できていないため説得力がないのです。それ故、親父は息子を頼りなく思うということに繋がっているように感じます。しかし、次世代経営者こそが閉塞感漂うこの停滞した日本を立て直す主役なのではないでしょうか。後継者諸氏の頼りなさを払拭し真の経営者になって頂きたい、そして日本の将来を託したいとの思いでこの次世代経営塾を立ち上げました。

【「次世代経営者塾 若社長」サービス概要】
<特長>
次世代経営者にとって最も重要なことは、「自ら考える、その考えを伝える」ことです。それを確実に自らのものとする為に必要な全てがここにあります。導入講義で問題を提起し、ディスカッションを中心とした実習で解を見つけ、全員で共有していくプログラム、それが「次世代経営者塾 若社長」です。
多くの実習をこなしながら、二代目経営者が自分の考えを上手に形にしていく術を学びます。
ワークショップ型のプログラムで実際の現場で役立つ経営スキルを身につけることができ、OB会もご用意。
後につながる人脈の構築も行っていただきます。

<価格(税別)>
次世代経営者塾 若社長:18万円(全6回)
※当塾卒業生からのご紹介の方は、15万円とさせていただきます。

<詳細・申込>
http://jisedaikeieijyuku.s-g-a.co.jp/

■事務所概要
商号 : 新宿総合会計事務所
代表者 : 所長 瀬野 弘一郎
所在地 : 〒160-0023 東京都新宿区西新宿6-6-3新宿国際ビル新館7階
設立 : 平成7年1月
URL : http://www.s-g-a.co.jp/

お問い合わせ先

【本サービスに関するお客様からのお問い合わせ先】
新宿総合会計事務所 次世代経営者塾若社長 担当:清水・豊田 Tel:03-5322-5551 E-Mail:jisedai@s-g-a.co.jp

【本プレスリリースに関するお問い合わせ先】
新宿総合会計事務所 担当:近藤 Tel:03-5322-5551 E-Mail:sga@s-g-a.co.jp

 
キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する