世界でも珍しい山桜の樹皮を使用した伝統工芸と万年筆のコラボレーション『樺細工万年筆』発売

セーラー万年筆株式会社

投稿日:2013年6月13日

サービス分野: [ ものづくり ]

世界でも珍しい山桜の樹皮を使用した伝統工芸と万年筆のコラボレーション『樺細工万年筆』発売

この度、セーラー万年筆株式会社は、秋田県角館に伝わる伝統工芸「樺細工」をボディに施した新製品、『樺細工万年筆』を2013年6月20日(木)より、全国のセーラー万年筆取扱文具店・百貨店で販売を開始いたします。

深い色合いに独特の光沢を放つ。
世界でも珍しい山桜の樹皮を使用した伝統工芸と万年筆のコラボレーション。
200年以上、秋田県 角館だけに継承された技術と筆記具の融合
『樺細工万年筆』発売

[樺細工万年筆のご紹介]
創業より102年、新しいものにチャレンジし続けるセーラー万年筆と、1851年創業以来、
上質な樺細工を作り続けている「角館伝四郎」とのコラボレーション万年筆。
山桜の樹皮を剥いで薄く削り、張り合わせる「樺細工」の手法を万年筆に落とし込みました。
すべて職人の手作業により、一本一本丁寧に作られています。
山桜の樹皮は、はがしても再生する環境に優しい素材であり、使い込むほど光沢を増して山桜独特のつやを保ちます。
天然の素材を使用しているため、同じ模様はふたつとしてありません。
万年筆の蓋リング部分、パッケージには「角館伝四郎」ブランドとセーラーのダブルネームを表示しました。
伝統工芸愛好家、万年筆愛好家などをターゲットに、年間500本の販売を計画しています。

[角館伝四郎のご紹介]
角館伝四郎は1851年、江戸時代嘉永四年の創業以来六代にわたって上質な樺細工を作り続けている藤木伝四郎商店のブランドです。
表情豊かな素材、二百年の伝統に裏付けられた技術力、今の空間に調和したデザインで、暮らしに華やぎを添えるもの作りを続けています。

【製品スペック】
品 名:樺細工万年筆
セット内容:万年筆、ボトルインク(ブラック)、コンバーター、専用化粧箱
希望小売価格:31,500円(本体価格30,000円)
ペン先:14金、24金メッキ仕上げ 中字、中型
蓋・胴:真鍮/樺細工
サイズ:Φ17×133mm/37.2g
化粧箱:190×108×55mm

お問い合わせ先

セーラー万年筆株式会社
企画部:03-3846-2919

小野(ono-y@bungu.sailor.co.jp)・馬渕(mabuchi@bungu.sailor.co.jp
不在時:文具事業部統括室 北浦(eikan@bungu.sailor.co.jp
※画像のご依頼は、担当:小野・馬渕(まぶち)までお願い致します。

 
キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する