■羽田空港がサイボウズの「kintone」で迷子システムを構築

サイボウズ株式会社

投稿日:2013年6月6日

サービス分野: [ IT技術 ]

報道関係者各位

2013年6月6日
サイボウズ株式会社
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓


羽田空港国内線旅客ターミナル、業務アプリクラウド「kintone」
で「迷子呼び出しシステム」を構築

  ~iPadと連携し、館内アナウンスまでの対応時間を大幅短縮~


┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
<プレスリリースURL>
http://group.cybozu.jp/news/13060601.html

サイボウズ株式会社(本社:東京都文京区、社長:青野 慶久)は、日本空港
ビルデング株式会社(以下日本空港ビルデング)が業務改善クラウド
「kintone on cybozu.com」(以下、「kintone」)を導入し、羽田空港国内線
旅客ターミナルの館内呼び出し登録システムとして活用している事例をご紹介
いたします。

―日本空港ビルデング株式会社
羽田空港の国内線旅客ターミナルビル等の建設・管理運営を中心に、案内業務
や物品販売など空港館内に関わる大部分の事業を担う同社。公共性の高い旅客
ターミナルを運営する責任を果たすため、絶対安全の確立、顧客第一主義を
徹底。接客においては、すべてのお客さまに満足を超えた感動のサービス提供
に努めています。

■導入前の課題:旅客ターミナルでの案内業務は時間との勝負。紙ベースでの
連絡ではタイムロスが多く発生

これまで羽田空港では、館内で迷子のお子さまなどを発見した際には、巡回
案内係が最寄りの案内所までお客さまをご案内し、記入用紙に必要事項を記入
した上で、案内所からアナウンス室へFAXを送っていました。しかしこの方法
では、案内所までの移動時間や、FAXの送信時間など、様々なタイムラグが
発生していました。
飛行機の出発時間を厳守しなければいけない空港内では、一分、一秒の対応
時間の差でもお客さまにとっては大きな影響が及びます。そんな環境の中で、
よりすばやくお客様をご案内できる方法を模索し始めました。

■導入効果:「iPad」+「kintone」により、対応完了までの時間短縮に
成功

「kintone」導入後は、巡回案内係が迷子のお子さまを発見したその場でiPad
を使い「kintone」で作成した登録システムに必要事項を入力する方法に変わ
りました。既存サーバーとのシステム連携により、情報登録と同時にアナウン
ス室のパトランプが点灯するしくみを実現し、館内放送までの時間短縮につな
がりました。
実際にシステムを利用する現場のメンバーからも「使いやすくなった」と喜び
の声があがっており、作業効率のアップに成功しました。

「kintone」導入から約1ヶ月ほどですが、現場の案内係からは「使いやすく
なった」「お客さまへ、タイムリーに情報を提供できるようになった」と喜び
の声が上がっています。特に、導入してから1、2週間ほど経った頃には、現場
から「もっとここをこうしてほしい」とシステムの改善要望が上がってきたの
ですが、カスタマイズが本当に簡単なので、そういった要望もすぐに対応でき
たのが良かったです。(日本空港ビルデング株式会社 施設・安全本部 施設部
旅客サービス課 主任 吉武様)

今後サイボウズでは、「kintone」を使った迷子呼び出しシステムの仕組み
を、他の大型商業施設でも導入していただけるよう展開を進めていく予定
です。

▽事例紹介ページ
「羽田空港」でのkintone活用の詳細については、以下のページで紹介して
います。
https://kintone.cybozu.com/jp/case/introduction10.html 

◆APIを使ったパトランプとの連携システムのしくみ
http://group.cybozu.jp/news/images/img_130606_2_l.png

◆「kintone」導入前と導入後の対応フローの違い
http://group.cybozu.jp/news/images/img_130606_3_l.png

◆iPad上のフォーム例
http://group.cybozu.jp/news/images/img_130606_4_l.png
http://group.cybozu.jp/news/images/img_130606_5_l.png

■「kintone」+「iPad」を使った課題解決事例は他にも:中萬学院の事例

サイボウズの業務アプリ構築クラウド「kintone」をiPad上で利用し、業務
効率の向上に成功した事例は増えてきております。
神奈川県内で約60の教室を運営し、1954年の創業以来 12万人の卒塾生を持つ
学習塾「中萬学院」は、個別指導学習の際に生徒毎に記録する「授業報告用
紙」を「kintone」の導入により電子化しました。
講師は授業後に、iPadを使い「kintone」で作成した報告システムに授業報告
を入力。蓄積されたデータは教室担任への報告に使用されるほか、毎月の
保護者へのレポートにも活用されています。紙ベースで報告管理を行っていた
従来と比較して、生徒の学力向上に向けたフォローとレポート作成の効率化に
つながりました。

▽中萬学院の事例紹介ページ
http://kintone.cybozu.com/jp/case/introduction09.html

サイボウズは「kintone」とiPadとを連携したソリューションをさらに展開し
ていき、お客様の業務効率の向上に貢献してまいります。

■「kintone」とは https://kintone.cybozu.com/

「kintone」は、用途にあわせてwebデータベース型の業務アプリを構築できる
サービスです。営業の案件管理、お客様からの問い合せ履歴やクレーム対応の
管理、プロジェクトの進捗やタスク管理、従業員の業務日報などをwebアプリ
ケーション化により効率化します。アプリケーションはノンプログラミングで
誰でも簡単に構築できます。1ユーザー当たり月額880円(税抜き)でご利用
いただけます。
----------------------------------------------------------------------
■報道関係者様からのお問い合わせ先

サイボウズ株式会社 ソーシャルコミュニケーション部:椋田(むくた)
〒112-0004 東京都文京区後楽 1-4-14 後楽森ビル12階
(TEL: 03-6316-1160 / MAIL: pr@cybozu.co.jp)
----------------------------------------------------------------------
※記載された商品名、各製品名は各社の登録商標または商標です。また、当社
製品には他社の著作物が含まれていることがあります。個別の商標・著作物に
関する注記については、こちらをご参照下さい。

http://cybozu.co.jp/company/copyright/other_companies_trademark.html

お問い合わせ先

■報道関係者様からのお問い合わせ先

サイボウズ株式会社 ソーシャルコミュニケーション部:椋田(むくた)
〒112-0004 東京都文京区後楽 1-4-14 後楽森ビル12階
(TEL: 03-6316-1160 / MAIL: pr@cybozu.co.jp)

 
プレスリリースオンライン無料個別相談
キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する