西武ドームオープン戦でAR(拡張現実)スタンプラリーを開催!

サービス分野: [ IT技術 ] [ エンターテイメント ]

西武ドームオープン戦でAR(拡張現実)スタンプラリーを開催!

株式会社イマジカデジタルスケープ(本社:東京都渋谷区 代表取締役社長:大林克己、以下、当社)は、このたび西武文理大学と株式会社西武ライオンズと当社において、AR(拡張現実)の技術を用いたARアプリ「Lions AR」を企画し、来る3月12日(火)の埼玉西武ライオンズのオープン戦が行われる西武ドームにて、AR(拡張現実)スタンプラリーを開催します。

■ARアプリ「Lions AR」 とは
 ARは、スマートフォンでARアプリをダウンロードしてマークにかざすと、コンテンツ(動画および静止画)が浮かび上がってくる技術です。
ARアプリ「Lions AR」 とは、西武文理大学の授業として行う学習課題「もっとスタジアムに行きたくなるプロジェクト!」「大学生がプロ野球観戦したくなるプロジェクト!」の実践として、学生たちが、AR技術を活用し西武ドームに来訪するファンの方に喜んでいただく企画を考え、西武文理大学と株式会社西武ライオンズ、株式会社イマジカデジタルスケープが協力した産学連携によるスタンプラリー企画です。当社はスタンプラリー機能のARアプリ制作を担当しました。

■イベント概要
日時:2013年3月12日(火) 11:00 ~ 試合終了時
場所:西武ドーム内(埼玉県所沢市上山口2135)
実施内容: 「Lions AR」を用いたスタンプラリー(iPhone 限定)
アプリダウンロード先: https://itunes.apple.com/us/app/lions-ar/id604794761?l=ja&ls=1&mt=8
詳細: http://www.bunri-c.ac.jp/univ/faculty/service_management/lionsAR.html

<スタンプラリーの楽しみ方>
  スマートフォンで「Lions AR」 のアプリをダウンロードし、西武ドーム内の3ヶ所(「総合案内所」「ポイントアップブース1塁側」「ポイントアップブース3塁側」)にて、ポスターにスマートフォンをかざしてスタンプラリーを行い、球団キャラクターの「レオやライナ」との限定ライオンズフォトフレームを完成させます。完成したフォトフレームは、好きな写真と組み合わせることができ、自分だけのオリジナルフォトフレームは、FacebookやTwitterなどのSNSでシェアすることも可能です。

 当社は、これからもAR技術を用いて、さまざまな新しいコンテンツの楽しみ方を提供してまいります。


<株式会社イマジカデジタルスケープ会社概要>
株式会社イマジカデジタルスケープ http://corp.dsp.co.jp/  
代表取締役社長 大林克己 
本社:東京都渋谷区 設立:1995年 資本金:100百万円 
「映像」関連分野を事業領域とし幅広くビジネスを展開するイマジカ・ロボットグループの一員として、クリエイティブ業界に特化した人材コンサルティング事業およびコンテンツ制作事業を展開。
親会社は株式会社イマジカ・ロボット ホールディングス(証券コード:6879)

お問い合わせ先

<ARに関するお問い合わせ>
株式会社イマジカデジタルスケープ インターネットメディア部 デジタルリアリティラボ 担当:白勢(シロセ)
TEL: 03-5728-7292  e-Mail : info@dsp.co.jp

<当リリースに関するお問い合わせ> 
株式会社イマジカデジタルスケープ プロモーショングループ 広報担当:藤吉
TEL:03-5459-6203 e-Mail : prg@dsp.co.jp

 
キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する