1 on 1個別指導の洋々、2014年度AO・推薦入試向けにサポート体系を刷新

株式会社洋々

投稿日:2013年1月31日

サービス分野: [ 教育・人材 ]

報道関係者各位
2013年1月31日
株式会社 洋々

1 on 1個別指導の洋々、2014年度AO・推薦入試向けにサポート体系を刷新

1 on 1 個別指導を手がける株式会社洋々(本社所在地:横浜市)は、AO・推薦入試対策について、「総合コース」のサポート体系を刷新いたしました。

早慶を中心に多数の合格者を輩出している洋々は、AO・推薦入試対策( http://you2.jp/ )「総合コース」のサポート体系を刷新いたしました。総合コースでは、洋々のノウハウやバックアップサポートを最大限に活用することが出来ます。AO・推薦入試のためにプロフェッショナルやメンターのサポートを受けながら、自分を最大限に活かす書類を作成したい方、面接の場で自分が今までやってきたこと・将来やりたいことを効果的に伝えたい方にお薦めしています。

「総合コース」の特長は以下の4点となります。

1.各分野の専門家が総力を結集して受講生を総合的にサポート
各分野の専門家が密に連携しながらそれぞれの立場でサポートすることで、受講生の魅力を最大限に引き出します。AO・推薦入試合格経験者が自らの経験を活かし受講生とストーリー構築と文章化のディスカッションを行い、人材採用・開発のプロが「選ぶ側」の視点から書類・面接を厳しくチェックします。また、学科試験対策は、指導の専門家であるプロフェッショナルと厳しい選考をくぐり抜けた選りすぐりのトレーナーがサポートを担当いたします。

2.すべてマンツーマンの個別指導
すべての指導を効果的かつ効率的に行うために、洋々のプロフェッショナル・メンター・トレーナーのサポートはマンツーマン形式の個別指導で行われます。

3.電話・メールでの質問が何度でも。“バックアップサポート”
受講している講座に関わることであれば、授業時間外に何回でもメール・電話での質問をすることが出来ます(回数無制限)。質問の内容は、志望理由書の構造に関わることから出願の際の留意事項まで、どんなことでも結構です。受講生はいつでも安心して準備に取り組むことができます。

4.担任による受講生の“プロジェクト管理”
AO・推薦の準備には、スケジュールの戦略づくりと、それを徹底的に実行に移していくことが不可欠になってきます。洋々では、受験生1人1人に経験豊富な担任が付き、スケジュール、進捗状況の管理、ときには予習復習の“強制”から、心のケアまでを含む“プロジェクト管理”を行います。


<新総合コースのプラン例>
たとえば、慶應義塾大学総合政策学部・環境情報学部AO入試A方式対策の総合コースプランの場合、サポート内容と講座料金は以下の通りとなります。

◇慶應義塾大学総合政策学部・環境情報学部AO入試A方式対策の総合コースプラン

講座の種類は、書類、面接等、サポート内容に応じて分かれています。受講生の必要に応じて各講座を個別に受講することが可能です。なお、Pはプロフェッショナルサポート、Mはメンターサポートのコマ数を示します。また、GMはAO・推薦準備にあたっての最初のイントロダクション、3PCは指導を担当していない複数メンターによる志望理由書チェックのことです。個別指導はいずれも1コマ50分。

入会金 21,000円

(1)書類+面接講座
出願書類の核となる志望理由書(原稿用紙)の作成と面接・プレゼン準備をサポートする講座です。洋々の総力を結集して、受講生の魅力を引き出します。プロによる「選ぶ側」の視点からの厳しいチェックを踏まえ、メンターとのディスカッションを重ねて、自分の本当の魅力を最大限表現する志望理由書を完成させていきます。面接準備については、どの角度から質問されてもきちんと答えるための自分の軸づくりから始めて、直前にはビデオを撮影しながらの模擬面接を行います。必要なサポート回数に応じて、下記から選択してください。

○書類+面接・ベーシック(書類:P4, M12, GM,3PC、面接・プレゼン:P4*) 457,800円
志望理由書のストーリー構築から文章化、最終チェックまでをフルサポートします。ある程度、自力で志望理由書を完成させたい方向けです。書類:Pサポート4コマ、Mサポート12コマ。面接:Pサポート4コマ。

○書類+面接・スタンダード(書類:P5, M16, GM,3PC、面接・プレゼン:P4*) 532,350円
志望理由書のストーリー構築から文章化、構成の再確認、最終チェックまでをフルサポートします。志望理由書の作成について、洋々からフルサポートを受けたい方向けです。書類:Pサポート5コマ、Mサポート16コマ。面接:Pサポート4コマ。

○書類+面接・プレミア(書類:P6, M24, GM,3PC、面接・プレゼン:P4*) 652,050円
志望理由書のストーリー構築から文章化、構成の再確認、最終チェックまでをフルサポートします。主に他の志望校と併願される方向けでサポートの一部を他校向けに充てることができます。書類:Pサポート6コマ、Mサポート24コマ。面接:Pサポート4コマ。

*面接・プレゼン準備について、SFC AO入試1次通過者は無償で2コマまでサポートの追加が可能です。

(2)書類講座
志望理由書の作成をサポートする講座です。洋々の総力を結集して、プロによる「選ぶ側」の視点からの厳しいチェックを踏まえ、メンターとのディスカッションを重ねて、自分の本当の魅力を最大限表現する志望理由書を完成させていきます。必要なサポート回数に応じて、下記から選択してください。

○書類・ベーシック(書類:P4, M12, GM,3PC) 352,800円
志望理由書のストーリー構築から文章化、最終チェックまでをフルサポートします。ある程度、自力で志望理由書を完成させたい方向けです。Pサポート4コマ、Mサポート12コマ。

○書類・スタンダード(書類:P5, M16, GM,3PC) 427,350円
志望理由書のストーリー構築から文章化、構成の再確認、最終チェックまでをフルサポートします。志望理由書の作成について、洋々からフルサポートを受けたい方向けです。Pサポート5コマ、Mサポート16コマ。

○書類・プレミア(書類:P6, M24, GM,3PC)547,050円
志望理由書のストーリー構築から文章化、構成の再確認、最終チェックまでをフルサポートします。主に他の志望校と併願される方向けでサポートの一部を他校向けに充てることができます。Pサポート6コマ、Mサポート24コマ。

(3)オプション講座(書類)
総合コース「書類+面接」および「書類」を受講されている方は以下の講座をオプションとして受講することが可能です。

○SFC AO入試 自由記述作成サポート M4 50,400円
SFCのAO入試A方式の出願書類に含まれるA4 2ページの「自由記述スペース」。白紙2枚に何をどう書けばよいのか、ということについてディスカッションを行い、書いたものに対してもアドバイスを行います。Mサポート4コマ。

○SFC AO入試 活動報告書作成サポート M2 25,200円
SFCのAO入試A方式の出願書類に含まれる「活動報告書」。今までの活動について何をどの程度まで載せるべきなのかというアドバイスを行います。添付資料についてのアドバイスも含みます。Mサポート2コマ。

(4)面接講座
面接・プレゼン準備をサポートする講座です。必要なサポート回数に応じて下記から選択してください。

○面接・スタンダード(P4) 121,800円
自分の軸を固めるところから、志望校の本番を想定した模擬面接まで、自分自身をしっかり試験官に伝えられるように準備します。Pサポート4コマ。

○面接・プレミア(P6) 172,200円
自分の軸づくり、プレゼンテーションのストーリー作成から、志望校の本番を想定した模擬面接・プレゼンまで、自分自身をしっかり試験官に伝えられるように準備します。Pサポート6コマ。

(5)特別講座
志望理由書の集団討論、「バトルロイヤル」 21,000円
志望理由書の完成度の確認と更なる向上のために、プロフェッショナルの司会の下、受講生同士で志望理由書をプレゼンしその内容についてお互いにフィードバックを行うとともに更に内容を深めていくための議論を行う講座(最長2時間を予定)です。月1回開催予定(4月~10月)で、すべての回に参加することができます。洋々の池袋校で開催。

詳しくはお気軽に1 on 1 個別指導の洋々 事務局までお問い合わせください。

* 料金は全て税込で2013年1月31日現在のものです。今後予告なく変更する場合があります。

以上
◆株式会社 洋々について ( http://you2.jp/
株式会社 洋々(本社所在地:横浜市、代表取締役 清水信朗)は2005年9月に設立した会社で、「幼児から社会人まで生涯に亘って自己研鑽を行える場を多面的に提供することで、各人がその能力を最大限に発揮し、その人生を謳歌できるよう支援する」ことを創業理念に掲げています。現在は、1 on 1 個別指導予備校として、一般の予備校とは異なる視点から、実務経験に根ざした個別指導を行っています。

お問い合わせ先

株式会社 洋々 事務局 佐藤(さとう)
Tel:03-6912-8053(代表)
E-Mail:you2_info@you2.jp

 
キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する