グローバルマインド醸成に効果的!“海外現地実践型”研修始めます【株式会社インソース】

株式会社インソース

投稿日:2013年1月16日

サービス分野: [ 教育・人材 ] [ コンサルティング ] [ 海外・グローバル ]

社会人向け研修を「講師派遣型」年間約7,500回、「公開講座」年間1,000回手がける株式会社インソース(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:舟橋孝之)は、このたび、グローバルマインド醸成に効果的な“海外現地実践型”の研修を始めます。
具体的には、実際に海外で現地法人とやり取りし、業務を推進するという実践型の研修です。弊社の海外担当者と現地法人であるインソース香港が、以下のようなお悩み解消のご支援をしてまいります。

「海外で研修を実施したいが自社の海外拠点がなく、内製での研修がむずかしい」
「異文化を体感できる研修ができても、成果物が机上のビジネスプランでリアリティがない」
「現地に研修やトレーニーの受け入れができる余裕がない!」


≪現地実践型グローバルマインド醸成研修 サービスラインナップ≫

(1)海外でものづくりプロセスを体感する編
http://www.insource.co.jp/contents/inter_activity.html
海外の委託生産の可能性を探り、実際に現地企業とのやり取りを行います。

■実施のねらい
1.海外委託生産先を実際に評価し、事業発展の可能性を探る
2.実体験を通じて、海外ビジネスの感覚を探る
3.日本事業を発展させるヒントを掴み、事業計画に落とし込む

■対象者
今後の事業発展の可能性を海外に見出したい企業の管理職・幹部の方、海外への赴任を予定されている方

■サービス概要(全9日程を想定)
1.事前研修(日本で実施)
  中国赴任に当たって中国の歴史・文化やコミュニケーションについて学びます。
2.事前研修(香港で実施)
  海外での委託生産についてのポイントや、委託生産に対する要求を整理します。
3.実地研修(中国で実施)
  現地企業へ訪問し、中国華南地域の企業を知り、生産体制、品質対応を確認します。
  さらに、当方からの要求を伝え、現地企業と交渉を行います。
  訪問後は、現地企業の状況を整理し、評価します。最後に、日本事業発展の可能性を議論します。
4.事後研修(日本で実施)
  実際に事業を推進するための、事業計画の作り方、事業計画作成の仕方を学びます。
  講義で習得したことを用いて、持ち帰った情報を踏まえて事業計画を実際に作成、また経営観点から検討します。

(2)海外企業との交渉をやりきってみる編
http://www.insource.co.jp/contents/inter_activity_b.html
自社のコスト削減のために、海外現地企業と実際に交渉します。そして、そのやり取りのアセスメントを行います。

■実施のねらい
1.日本と香港の価格差を活かした新たな調達ルートを開拓を探り、本社コストの削減・改善を検討する
2.現地企業とのやり取りを通じて、海外ビジネスの感覚を探る

■対象者
今後のグローバルビジネスを担う若手社員

■サービス概要(全9日程を想定)
1.事前研修(日本で実施)
  香港の歴史・文化やコミュニケーションについて学び、事前に日本の総務コストを分析します。
  また、実際に自身で香港宿泊先、交通手配を行います。
2.実地研修(香港で実施)
  現地企業へ実際に電話やメールにて問い合わせを行い、訪問、サンプル品を調達します。
  (対象者の様子や行動についてアセスメントも行います)
3.事後研修(香港で実施)
  調達計画やコスト削減計画を作成します。
  また、香港実地体験を通じて学んだことを整理、グローバル人材としての目標を立てます。
4.参加者アセスメントレポート
  現地での受講者の行動のアセスメントレポートをフィードバックします。

※(1)(2)とも、実際に現地で交渉を進めるべきと判断に至った場合、
  事後フォローとして、交渉・進出のサポートを行います。


■株式会社インソースについて
本社:東京
所在地:〒101-0054 東京都千代田区神田錦町1‐19‐1 神田橋パークビル5階
TEL:03-5259-0070
支社:北海道支社、東北支社、関東支社、名古屋支社、大阪支社、中四国支社、九州支社
現地法人:INSOURCE HONG KONG LIMITED(インソース香港)
URL:http://www.insource.co.jp/gaiyo/gaiyo.html

事業内容:
1.社会人向け教育研修事業
http://www.insource.co.jp/kyoiku/keitoubetukenshu_top.html
2.コンサルティング調査事業
http://www.insource.co.jp/consulting/
3.コールセンターコンサルティング事業
http://www.insource.co.jp/call/call_top.html
4.研修関連システム開発・ASP提供事業
http://www.insource.co.jp/it-tool/it-tooltop.html

お問い合わせ先

■本件に関するお問い合わせ先
担当 : 国際部
電話番号 : 03-5259-0070
E-mail : https://www.insource.co.jp/contact/

 
キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する