2022年「優良福利厚生法人・福利厚生推進法人(ハタラクエール)」が決定しました!

株式会社労務研究所

投稿日:2022年3月23日

サービス分野: [ 福祉・少子高齢化 ] [ その他(福利厚生) ]

2022年「優良福利厚生法人・福利厚生推進法人(ハタラクエール)」が決定しました!

ハタラクエール2022では、応募法人の中から福利厚生充実に取り組む法人として「福利厚生推進法人」76法人を認証し、その中から特に優れた取り組みを行っている17法人を「優良福利厚生法人」として表彰しました。

ハタラクエールを主催する、「ハタラクエール実行委員会(福利厚生サービスを提供する事業者の有志で構成)」事務局長の可児 俊信(株式会社労務研究所代表取締役)は、「同一労働同一賃金により非正規社員まで福利厚生が広まっているうえ人手不足の影響もあり、自社の福利厚生水準が客観的に認証されるハタラクエール法人となることで採用競争に優位に働くことを期待して、企業の間で注目が高まっており、応募が年々増えています。今後もハタラクエールをより多くの人に知ってもらうため、活動を推進していきたい」とコメントしています。

表彰・認証を受けた法人はハタラクエール制度のロゴマークを使用することができます。

ハタラクエール2022において、表彰・認証された優良福利厚生法人・福利厚生推進法人は下記のとおりです。
〇優良福利厚生法人(総合) 5法人
アコム株式会社
コネクシオ株式会社
株式会社ジャックス
ソフトバンク株式会社
大東建託株式会社

〇優良福利厚生法人(部門賞) 12法人
経営課題対応部門 ダイドードリンコ株式会社、戸田建設株式会社
現状把握部門 株式会社QOLサービス、株式会社MyLevel
制度充実部門 株式会社MyLevel、ランドシステム株式会社
運用充実部門 日本ユニシス株式会社、株式会社昭和設計
福利厚生への熱意 ドリームビジョン株式会社、日本ユニシス株式会社
ミッドサイズ法人 日本ナレッジスペース株式会社
地域法人 株式会社電算
※株式会社MyLevel、ランドシステム株式会社は複数部門で受賞

〇福利厚生推進法人 61法人(優良福利厚生法人受賞法人は除く)
株式会社アイオス、アイホン株式会社、株式会社アオアクア、株式会社アクティブ、旭シンクロテック株式会社、株式会社アスカ、アステム株式会社、iYell株式会社、イケア・ジャパン株式会社、イシグロ株式会社、株式会社イナホスポーツ、内海産業株式会社、社会保険労務士法人YELL、株式会社エスプールプラス、エヌ・ティ・ティ・データ・フォース株式会社、株式会社FPO、応用地質株式会社、梶岡建設株式会社、株式会社QVCジャパン、共英製鋼株式会社、株式会社広信工業、コク―株式会社、株式会社島忠、株式会社Spelldata、住友理工株式会社、株式会社千修、ダイコク電機株式会社、医療法人智健会イーストメディカルクリニック、中外炉工業株式会社、中興化成工業株式会社、株式会社東急コミュニティー、株式会社長浜機設、ナブテスコオートモーティブ株式会社、日本原子力防護システム株式会社、株式会社日本ビジネスデータープロセシングセンター、株式会社ニューステクノロジー、能美防災株式会社、パナック株式会社、ハナマルキ株式会社、株式会社浜学園、阪和興業株式会社、株式会社ビーブリッド、株式会社ピカいち、株式会社ビジコンネクスト、HITOWAケアサービス株式会社、株式会社ファーストクラス、扶桑化学工業株式会社、株式会社プラスト、株式会社文創、ブリヂストンBRM株式会社、北王コンサルタント株式会社、ホシザキ阪神株式会社、株式会社ボルテックス、三井不動産レジデンシャルサービス関西株式会社、ユニー株式会社、株式会社横引シャッター、ライオン株式会社、株式会社リコー、株式会社リニューアルウィングス、ワークスアプリケーションズグループ、株式会社ワキタ

【ハタラクエールについて】
福利厚生表彰・認証制度「ハタラクエール」は、優れた福利厚生を実施する法人、およびこれから福利厚生の充実を図ろうとする意欲ある法人を表彰・認証することで、福利厚生の必要性、重要性を多くの人に知ってもらい、福利厚生のさらなる活用を呼びかけていくために2020年に福利厚生関連サービス事業者の有志が実行委員会となりスタートした制度です。https://fukurikosei-hyosyo.com/

【ハタラクエールを主催する「ハタラクエール実行委員」について】
(株)アドバンテッジ リスク マネジメント、(株)イーウェル、(株)エデンレッドジャパン、日本社宅サービス(株)、日本生命保険相互会社、野村證券(株)、(株)ベネフィット・ワン、(株)三井住友信託銀行、(株)リロクラブの9社(2022年1月現在・50音順) 
https://fukurikosei-hyosyo.com/executive/ に掲載

【ハタラクエールの今後の展望】
ハタラクエールの普及を通じ「福利厚生は経営課題解決のための有力なツール」であることを多くの法人とその経営者に知ってもらい、福利厚生のさらなる活用を呼びかけていきたいです。また、就活中の学生にもハタラクエールを広め、働きやすい会社・従業員に優しい会社選びに活用して欲しいと考えています。

【ハタラクエール実行委員会事務局について】
会社名:株式会社労務研究所
代表者:代表取締役社長 可児俊信(千葉商科大学会計大学院教授)
所在地:東京都千代田区神田和泉町1-6-7-3F
電話:03-3583-5830
ホームページ:https://fukurikosei-hyosyo.com/
E-mail:info@rouken.com
株式会社労務研究所は、日本唯一の福利厚生専門誌「旬刊福利厚生」を発行する専門機関です。
報道関係者向けお問い合わせ先
※メディアのみに公開される情報です。提携メディアにも掲載されません。

お問い合わせ先

【本件に関する報道関係のお問い合わせ先】
ハタラクエール実行委員会事務局(株式会社労務研究所)まで
電話:03-3583-5830
E-mail:jimukyoku@fukurikosei-hyosyo.com

 
キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する