ECC×上智大学 劇的に進化する英語教育の最新情報を公開!◆ECC英語館 開校記念セミナーのご案内

株式会社ECC

投稿日:2012年11月30日

サービス分野: [ 教育・人材 ] [ 海外・グローバル ]

ECC×上智大学 劇的に進化する英語教育の最新情報を公開!◆ECC英語館 開校記念セミナーのご案内

平成24年11月吉日

報道関係者各位
―――――――――――――――――――――――――――――
ECC×上智大学 劇的に進化する英語教育の最新情報を公開!
ECC英語館 開校記念セミナーのご案内
~グローバル人材育成に向けて高等学校英語教育を考える~
―――――――――――――――――――――――――――――
総合教育・生涯学習機関の株式会社ECC(本社:大阪市北区、代表:山口勝美、以下ECC)では、大学受験英語専門塾「ECC英語館」開校を記念して、“グローバル人材育成に向けた高等学校英語教育”をテーマとしたセミナーを12/11(火)に開催いたします。劇的に進化する英語教育の当社最新情報を中心に、グローバル社会で通用する英語力の育成について、“大学”と“受験”の二つの視点から講演いたします。

――――――――――――――――――――――――
◆グローバル社会で通用する英語力を育成するには?
――――――――――――――――――――――――
創業当初より、「真の国際人の養成」をミッションとして掲げてきたECCが、グローバル社会で活躍できる人材を育てる英語教育のポイントを、分かりやすくお伝えします。

【開催概要】
〔日 時〕
平成24年12月11日(火)15:00~17:30 
※受付開始14:00~
〔場 所〕 阪急西宮ガーデンズ内4F
ガーデンズホール(阪急西宮北口駅前)
住所:兵庫県西宮市高松町14−2
http://nishinomiya-gardens.com/access/
〔プログラム〕
1)第一部 15:00~16:20
上智大学 国際教養学部長 岡田 仁孝 教授特別講演
『グローバル人材育成に向けて、上智大学国際教養学部の取り組みと高等学校英語教育に期待すること』(仮)
2)第二部 16:35~17:30
「ECC英語館」コンセプト紹介・入試問題分析
※17:40~18:10 電子黒板のご紹介
〔参加費〕 無料
〔対 象〕 保護者・教員
〔定 員〕 100名 ※先着順
〔お申し込み方法〕
件名に「ECC英語館セミナー申し込み」、本文に「1.ご氏名 2.ご住所 3.お電話番号 4.お子様の学年(保護者の場合)」をご入力の上、ECC英語館事務局<Mail:eigokan@ecc.co.jp>までメールにてお申込みください。

◇講演者:上智大学国際教養学部長 岡田 仁孝教授
1981年ウィスコンシン大学マディソン校にて、Ph.D(経済社会学)を取得。1991年国際大学大学院国際関係学研究科教授、1994年上智大学比較文化(現・国際教養)学部教授。2002年比較文化研究所長。2009年国際教養学部長。世界銀行、国連大学、ウィスコンシン大学日米欧比較研究プロジェクト等の国際的な研究活動が多い。2002年からOxford University Press発行のSocio-Economic Reviewの編集委員。2003年から2006年まで国際学会Society for Advancement of Socio-EconomicsのExecutive Council Member。客員教授として米国ウィスコンシン大学マディソン校、英国ケンブリッジ大学、オックスフォード大学、ドイツ国マックス・プランク研究所(ケルン)、カナダ国カールトン大学、ビクトリア大学、フィンランド国Helsinki School of Economics and Business、インドネシア大学、フィリピン国デラサール大学、Asian Institute of Managementなどで研究と教育活動に従事。英語の出版物多数。大阪府立住吉高校出身。

◇「ECC英語館」とは
現役高校生のための大学受験英語専門塾。(http://www.ecc-eigokan.com/)
12月にグランドオープンする新商品。ネイティブ講師の起用・TOEFL(R)TEST対策など、受験だけではなく総合的な英語力を養成する。以下、商品特徴。
・受験業界では一般的に志望大学レベル別で展開される授業を、「大学で履修するトピック=受験英語」という観点で学部系統別カリキュラムを作成。高校生にとって馴染みの少ないテーマ(言語論、比較文化論、国際社会問題等)について通年で取り組む。
・各テーマのキーとなる英単語はワードツリー(図式化)で学習。英単語と背景知識を同時に理解させる。
・最新テーマを予測してピックアップし、背景知識の根本理解によりどのような入試問題にも対応できる力を養う。
・最先端レベルの電子黒板(BIG PAD)で「的確な分析」を元にした視覚的かつ効果的な授業を展開し、得点につながる「長文テーマの背景理解」を促進。
・1クラス16名の少人数定員とし、一人ひとりに必要な学習量を最適化する。
・ネイティブ講師とディスカッション形式で時事トピックに触れ、「背景知識」「語彙知識」から「リスニング力」「スピーキング力」まで総合的な英語力の強化を目指す。
・近年多くの大学が入試の一部に採用しているTOEFL(R)TESTや英検の対策講座を実施。「リーディング」「ライティング」「リスニング」「スピーキング」の4技能の高度な運用を求められるTOEFL iBT(R)対策では、邦人講師とネイティブ講師が連携して受講生のスコアアップをサポートする。

【関連サイト】
ECC英語館 http://www.ecc-eigokan.com/

お問い合わせ先

■お客さまからのお問合せ先■
株式会社ECC  ECC英語館担当:西田  Mail: eigokan@ecc.co.jp
Tel:06-6352-2144 (受付(平日):10:00~19:00)Fax:06-6352-2176

■報道関係各位の問い合わせ先■
株式会社ECC  広報:宮本  Mail: kouhou@ecc.co.jp
〒530-0044 大阪市北区東天満1-10-20   http://www.ecc.co.jp/
Tel: 06-6352-0148 (受付(平日):10:00~19:00) Fax:06-6352-0138

 
プレスリリースオンライン無料個別相談
キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する