『コンクリートの日 体験まつり!2012』今年も大盛況!

越野建設株式会社

投稿日:2012年11月26日

サービス分野: [ ものづくり ] [ 生活関連技術 ] [ 教育・人材 ]

『コンクリートの日 体験まつり!2012』今年も大盛況!

“めったにできない体験”に子どもたちも大喜び!
~コンクリートと建築への理解と親しみを深めてもらう体験型イベント~

越野建設株式会社(所在:東京都北区 代表取締役:越野充博)は、CSR(企業の社会的責任活動)の一環として、地域の子どもたちに建築への理解と親しみを深めてもらうことを目的として昨年開催、ご好評を頂いた体験型イベント『コンクリートの日 体験まつり!』を本年も11月18日(日)に開催、今年も子どもたちの笑顔があふれる盛況なイベントとなりました。

■「コンクリートの日 体験まつり!」とは
現代社会はビルや橋などコンクリートをさまざまに活用しています。しかし、生活の身近にありながら詳しく知る機会の少ないコンクリート。弊社ではこのコンクリートについて、100年にわたり「鉄筋コンクリート構造」を基幹技術として磨いてきた企業として、子どもたちに“実体験”を通して学べる場を提供したいと考え、昨年よりこのイベントを開催しています。なお、このイベントは11月15日が「生コンクリート記念日」(*注)であることにちなんで毎年11月に開催しています。

■イベント当日の様子
天候不良により一日順延されての開催にもかかわらず、当日は秋晴れの空の下、朝からたくさんの子どもたちが友達同士や親御さんなどと来場。さっそく社員手作りの体験アトラクションを楽しんでいました。

「コンクリートミキサー車と写真をとろう!」では、昨年要望の多かった運転席へ搭乗しての撮影を実現。子どもたちはめったに乗ることのできない“はたらく車”に乗る事ができ大満足の笑顔に。
また、「免震構造マンション地下免震ピット見学会」では、昨年よりも免震装置が間近で見られるよう、地下免震ピットの奥までご案内。子どもたちはヘルメットをかぶり探検気分で参加。親御さんからも沢山の質問を受け、防災についての関心が高いことが感じられました。

その他の体験型アトラクションも好評で、日頃経験することのできない体験に、今年も会場のあちこちから子どもたちの楽しげな歓声が終日上がっていました。
今年は当社近くの「王子消防署」と連携し火災予防などに関する資料を開場内で配布するなどの協力も実施。消防署からは消防車や救急車などのペーパークラフトの提供もあり、子どもたちには嬉しいおみやげとなっていました。

 当社では今後もこのようなイベントなどさまざまな方法で、地域と交流とを深めて行くための活動に積極的に取り組んでまいります。

(*注) 「生コンクリート記念日」とは
 過去、生コンクリートは使用する工事現場にて材料を調合し製造するのが主流でしたが、昭和24年11月15日に、現在の主流である生コンプラントからコンクリートミキサー車などの運搬車両により市場へ出荷する方式が開始されました。これにちなみ、「全国生コンクリート工業組合連合会」・「全国生コンクリート協同組合連合会」により「生コンクリート記念日」が制定されました。

【イベント概要】 『コンクリートの日 体験まつり!2012』
開催日:平成24年11月18日(日)  雨天のため17日(土)から順延しました。
時間 :午前10時~午後3時
会場 :越野建設 駐車場 (東京都北区王子4-22-9)
来場者数:推計500人
※ イベントの様子を弊社ブログでも公開しています。
 「越野建設オフィシャルブログ」内記事 ⇒  http://goo.gl/NXwCj

【会社概要】 越野建設株式会社 
所在地: 東京都北区王子4-22-9
代表者 : 代表取締役 越野 充博
資本金: 払込資本金 86,636,000円 /
設立 : 1964年8月7日(創業1912年3月1日)
TEL : 03-3913-4511(代表)
0120-322-088(フリーダイヤル)
FAX : 03-3913-4723
ホームページ : http://www.e-koshino.co.jp

お問い合わせ先

【本件問い合わせ先】
越野建設株式会社 企画開発部 土屋 貴之
TEL : 03-3913-4511
Mail : tsuchiya@e-koshino.co.jp

 
キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する