BioFach JapanオーガニックEXPO2012にフランスパビリオン出展

サービス分野: [ 食品・食材 ] [ 海外・グローバル ]

BioFach JapanオーガニックEXPO2012にフランスパビリオン出展

2012年11月21日から東京ビッグサイトで開催される日本最大のオーガニック・ナチュラル製品の展示会「BioFach Japan オーガニックEXPO 2012」にフランスパビリオンが出展いたします。

農業大国フランスでは、近年有機農業が急速な拡大を見せています。2011年末の有機農家の数は前年比12.5%増の2万3000件(全体の4.5%)、すでに約70万haが有機認証を受けており、有機変換中の面積を含めた97万5000haは前年の15%増、この5年では75%と急増しています*。フランスの有機認証ABマークは、今やワインなどで知られているAOC(原産地呼称統制制度)と並び、フランス農産品の品質を保証するラベルのひとつとなっています。(* Agence BIO調べ)
また化粧品においても、フランスは早くからオーガニック製品に対する高い意識を持ち、有機認証Cosmebio(コスメビオ)は今年で10年目を迎えました。経済全体が不況にあえぐ今日もなお好調なコスメ市場において、オーガニック認証製品であることが、ますます消費者を惹きつける要素となっています。

【食品部門出展者(5社)】
・BIO PLANETE FJ MOOG(ビオ・プラネットFJモーグ)
1984年以来、高品質有機オイルを南仏トゥールーズ近郊で製造するヨーロッパで最初の有機オイル製造所。ビオ・プラネットは伝統に最新技術を取り入れた、今やヨーロッパでは高品質オイルの定番ブランド。
日常使用の“Classic”、繊細でクリエイティブな料理向けの“Gourmet”、健康志向の“Vitalité”シリーズ。

・BODIN La Volaille Biologique(ボダン・ラヴォライユ・ビオロジック)
30年の実績を誇る、製粉から養鶏、屠殺まで、すべて有機に徹した鶏肉業者。Le Picoreur(ル・ピコルール)のブランド名で、鶏、ホロホロチョウ、七面鳥、鴨を提供し、そのほか毎年数々の新しい加工品(ソーセージ、ナゲットなど)を開発、提供しています。

・CASTAGNA DI VALLERUSTIE - "chataigne des terres de Napoléon"(カスターニャ・ディ・ヴァレリュスティ- "シャテーニュ・デ・テール・ドゥ・ナポレオン)
ナポレオンの生地、コルシカの栗及びマロンパウダー(コルシカ産AOP)加工のトップメーカー。Châtaigne de Napoléonブランドのマロンパウダー、ジャム、マロン及び柑橘類のシロップ漬け、マロンパウダーを使った焼き菓子等の有機製品を提供。

・MANUFACTURE FRANCAISE DE MACARONS(マニュファクチャー・フランセーズ・ドゥ・マカロン)
伝統的な製法にこだわったマカロン専門業者で、伝統的なものからグルテンフリー、有機など、さまざまなマカロンを提供しています。顧客の要望に応じたマカロン製法開発に特化し、直径20mmから85mmまでのさまざまなフォーマットに対応します。

・PRO NATURA(プロナチュラ)
25年の実績を持つ100%有機栽培による生鮮青果のスペシャリスト。独自の生産者ネットワークでは毎日120種類以上の果物及び野菜を収穫しています。旬に厳選して収穫したものを材料に、高品質の有機製品を開発し、グルメ向けに限定生産しています。製品例:ストレート果汁、ネクター、無加糖ピューレなど。

【化粧品部門出展者(3社)】
・BIO LOGICAL COSMETIQUES FRANCE(ビオロジカル・コスメティック・フランス)
Bio-Logicalは気軽に楽しめる効果的なオーガニックスキンケアを目指した新しいブランドです。ハンドクリーム、ナイトクリーム、サーキュレーション・ジェル、洗顔フォーム、デイクリームといった製品を提供。

・INNOBIZ(イノビズ)
エッセンシャルオイルとディフューザーのメーカー。Ecocert、Cosmebio認証のラボを持つArofloraブランドは、約100種類の有機エッセンシャルオイルとアロマテラピー製品を提供。数年前よりディフューザーに力を入れ、効果的でユニークな製品を開発しています。

・KAE COSMETIQUES(カエ・コスメティック)
優れた特性を持つモロッコ産アルガンオイルにエッセンシャルオイルを組み合わせた独自のコンセプト“アルガセラピー”を提唱。生産は自然環境溢れるフランス国内で行われています。エステサロン、スパ、ビューティサロン向けフェイシャル、ボディ、ヘアケア製品を提供。

BioFach Japanでは、是非フランスパビリオン(ブース3-14, 3-16, 4-13, 4-15, 4-17)で、高品質で信頼性の高いフランスのオーガニック製品をご覧ください。

展示会についての詳細はオフィシャルサイトをご覧ください:http://www.biofach.jp/ 

お問い合わせ先

在日フランス大使館企業振興部UBIFRANCE広報室
Email : presse-jp@ubifrance.fr TEL:03-5798-6127/8 (末永・中川)

 
キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する