株式会社Liquid

オンライン本人確認サービスのLiquidと決済代行のSBペイメントサービスが業務提携

#IT技術

オンライン本人確認サービスのLiquidと決済代行のSBペイメントサービスが業務提携
~「LIQUID eKYC」を活用し、Web3サービスにおけるクレジットカード決済導入を円滑化~

株式会社Liquid(東京都千代田区、代表取締役 長谷川 敬起、以下「Liquid」)と、ソフトバンク株式会社の子会社であるSBペイメントサービス株式会社(東京都港区、代表取締役社長 兼 CEO 榛葉 淳、以下「SBPS」)は業務提携し、2023年1月20日から、Web3サービスを提供する事業者に対して、Liquidのオンライン本人確認サービス「LIQUID eKYC」の提供※1から、SBPSによるオンライン決済サービスの加盟店審査と決済サービスの提供までをシームレスに行うことができるようになりましたのでお知らせします。

Web3サービスの事業者が提供するサービスでは、ユーザー同士が直接取引を行うことが多く、ユーザーの本人確認手続きが不十分である場合、不正購入のリスクが高いことからクレジットカード決済を導入できないことが課題となっていました。今回の業務提携により、Web3サービスを提供する事業者が、クレジットカードによるオンライン決済サービスを円滑に導入できるようになりました。

LiquidとSBPSは、今後もWeb3領域であるNFTの購入やブロックチェーンでのやり取りなどの個人間取引において、「LIQUID eKYC」およびSBPSのオンライン決済サービスの提供を推進していき、Web3領域におけるビジネスの成長に貢献していきます。

背景
近年、ブロックチェーン技術の活用が浸透し、ユーザー間で直接データやコンテンツ、金銭のやり取りができるWeb3サービスが増えていますが、その決済手段の大半は、暗号通貨もしくは銀行振込とされています。クレジットカード決済を導入することによって、ユーザビリティを向上させたいという事業者の要望に対して、ユーザー間で直接やり取りを行うサービスで本人確認手続きが不十分な場合、不正購入のリスクが高いということが決済機関の審査で課題になっていました。こうした課題を解決するため、数多くの銀行やネット証券、Web3サービスに対してオンライン本人確認サービスの提供実績があるLiquidと、加盟店審査から決済サービスまでワンストップで提供する決済代行会社のSBPSは、このたび業務提携するに至りました。

「LIQUID eKYC」について
「LIQUID eKYC」は、ネット上での契約や口座開設時の本人確認手続きにおいて必要な「利用者が実在する本人である」ことを確認するさまざまな身元確認方法を提供するサービスです。契約企業は100社を突破し、契約時や住所変更などの諸届変更時などの本人確認手続きのオンライン化をサポートしています。ウェブブラウザやスマートフォンアプリを使って、運転免許証やマイナンバーカードなどの本人確認書類の撮影、もしくはICチップの読み取りを行い、自撮りの顔写真との照合を行う方式から公的個人認証まで対応可能です。独自のAI技術や生体認証技術、OCR技術などにより、撮影開始から完了までの離脱率の低さを実現しました。

詳細は、以下のウェブサイトをご確認ください。
https://liquidinc.asia/liquid-ekyc/

SBPSのオンライン決済サービスについて
SBPSは、決済代行会社として事業者向けにオンラインショップで利用できる40種類以上のブランドの決済手段を提供しています。Visa、Mastercard、UnionPay(銀聯)の国際的なクレジットカードブランドのライセンスを保有しており、決済代行にとどまらず、アクワイアラの立場として加盟店審査や管理業務、決済サービス・不正検知サービスの提供までワンストップで行っています。SBPSが保有する決済データや決済に関する知見を生かして独自開発した「AI不正検知※2」は、0円から安価で手軽に利用でき、不正な取引の早期発見に貢献します。また、ブロックチェーンやWeb3関連企業と連携して決済サービスを提供しており、Web3領域の発展に寄与しています。

※1 「LIQUID eKYC」の導入には、株式会社Liquidとの契約が必要です。
※2 「AI不正検知」の詳細は、こちらをご確認ください。
https://www.sbpayment.jp/solution/security/ai_fraud_detection/
・このプレスリリースに記載されている会社名および製品・サービス名は、各社の登録商標または商標です。

【会社概要】
株式会社Liquid
代表者:代表取締役 長谷川 敬起
所在地:東京都千代田区大手町1-6-1 大手町ビル2階
設立:2018年12月
事業内容:生体情報、生体行動に特化した画像解析・ビッグデータ解析
URL:https://liquidinc.asia/

SBペイメントサービス株式会社
代表者:代表取締役社長 兼 CEO 榛葉 淳
所在地:東京都港区海岸1-7-1 東京ポートシティ竹芝オフィスタワー
設立: 2004年10月
事業内容:決済サービス、集金代行および企業の計算事務代行、アクワイアリング(カード加盟店業務)事業、イシュイング(カード発行業務)事業
URL:https://www.sbpayment.jp/

【お問い合わせ先】

【本件に関する報道機関からのお問い合わせ】
株式会社Liquid 広報担当
メール japan@liquidinc.asia

株式会社Liquidのプレスリリース

お役立ちコンテンツ

  • 弁理士の著作権情報室

    弁理士の著作権情報室

    著作権など知的財産権の専門家である弁理士が、ビジネスや生活に役立つ、様々な著作権に関する情報をお伝えします。

  • 産学連携情報

    産学連携情報

    企業と大学の連携を推進する支援機関:一般社団法人産学連携推進協会が、産学連携に関する情報をお伝えします。

  • コンサルタント経営ノウハウ

    コンサルタント経営ノウハウ

    コーチ・コンサルタント起業して成功するノウハウのほか、テクニック、マインド、ナレッジなどを、3~5分間程度のTikTok動画でまとめています。

新聞社が教える「プレスリリースの書き方」

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

連携サイトお役立ち情報

  • 海外ビジネス談

    海外ビジネス談

    海外とのビジネスにおいて、それぞれの国の持つ文化や歴史に関連して、さまざまな商習慣・商文化というものがあります。そんな海外とのビジネスにおける経験談をお伝えしています。

  • 起業家に影響を与えたこの一冊

    起業家に影響を与えたこの一冊

    起業やビジネスを展開する上で起業家が影響を受けた本を紹介しており、その起業家がどのような本からどんな影響を受け今のビジネスにどんな変化があったのかを知ることで、起業家マインドの一端を垣間見ることができます。

  • オンリーワン商品

    オンリーワン商品

    オンリーワンの商品やサービスを世の中に出す企業の開発に至るまでの背景や商品の特長、苦労話、今後の展望などをご紹介します。