『クラウド時代のスキル標準によるIT人材育成セミナー』10/5開催。先端企業のIT人材育成事例を紹介

サービス分野: [ 教育・人材 ]

『クラウド時代のスキル標準によるIT人材育成セミナー』10/5開催。先端企業のIT人材育成事例を紹介

スキル診断・eラーニング・研修専門の教育サービスベンチャーの株式会社ネクストエデュケーションシンク(本社:文京区本郷、代表取締役:斉藤 実、資本金2000万円)は、2012年10月5日に、「クラウド時代のスキル標準によるIT人材育成 特別セミナー第2回 ~先進企業が語る技術力+人間力強化の取り組み~」と題したセミナーの開催を発表しました。

同セミナーは『クラウド時代の技術力+人間力の育成』をメインテーマとし、経済産業省による『次世代高度IT人材像』の発表、NECの「スマートデバイス活用の時代に求められる人材像と育成の取り組み」、KDDIの「キャリアSEの芸域の拡張」、NTTコムウェアの「クラウドビジネスに向けての人財育成の取り組み」、ネットワンシステムズの「技術力強化への取り組み」、そして、「ITSSと併せて、コンピテンシー、人間力、変革・創造性等の可視化と効果的な育成」など、新しい時代に向けた先端企業のIT人材育成の取り組み事例を紹介するものです。

▼セミナー詳細はこちら
http://www.nextet.net/seminar/20121005.html

 スキル診断・eラーニング・研修専門の教育サービスベンチャーの株式会社ネクストエデュケーションシンクは、経済産業省およびIPAによるITSSの発表以来、スキル標準ユーザー協会の設立時から普及活動を行い、客観テスト型WEB診断をはじめ、スキル標準を活用した人材育成・教育サービスを業界に先駆けて提供しています。

 グローバル競争が激化するなか、IT企業は、クラウド、モバイル、スマートデバイス、ビッグデータ、ソーシャルメディア等をはじめとする新たな時代の到来により、ユーザー企業、ベンダー企業ともに経営戦略の見直 し、企業の構造改革を進めています。

 また、求めるIT人材像も、これまでの人材像とは異なり、顧客やユーザーとともに新しい事業や価値を創造・提案できる 人材、他産業・分野との融合によるイノベーションを起こす人材等の『次世代高度IT人材』や、高度な技術を持つスーパー・エンジニア等となり、企業の人材 育成のあり方も大きく変化しています。

 そこで、同社では、『クラウド時代の技術力+人間力の育成』をメインテーマとしたセミナーを企画し、経済産業省による『次世代高度IT人材像』の発表、NECの 「スマートデバイス活用の時代に求められる人材像と育成の取り組み」、KDDIの「キャリアSEの芸域の拡張」、NTTコムウェアの「クラウドビジネスに 向けての人財育成の取り組み」、ネットワンシステムズの「技術力強化への取り組み」、そして、「ITSSと併せて、コンピテンシー、人間力、変革・創造性 等の可視化と効果的な育成」など、新しい時代に向けた先端企業のIT人材育成の取り組み事例を紹介することとしました。

▼セミナー詳細はこちら
http://www.nextet.net/seminar/20121005.html

■セミナー概要

1.セミナータイトル「第2回 クラウド時代のスキル標準によるIT人材育成 特別セミナー
           ~先進企業が語る技術力+人間力強化の取り組み~」

2.日  時     2012年10月5日(金) 13時20分~17時
           受付開始 13時

3.会  場     都道府県会館 大会議室  
           東京都千代田区平河町2-6-3

4.対  象     IT関連企業の経営者、人事・人材開発部門の責任者・ご担当者、
           情報システム部門の責任者・担当者
           経営企画・事業戦略部門の責任者・ご担当者

5.定員      150名(参加費 無料)

6.本セミナーのテーマ
・IT業界に求められる『次世代高度IT人材像』
・クラウド時代のスキル標準の活用 
・クラウド人材の育成方法・最新トレンド
・人間力・コンピテンシー強化の取り組み 等
※テーマの詳細については、講演企業様のご事情により一部変更になる場合もございます。

<参考>
【ITSSレベルチェッカー(TM)とは】
経済産業省が策定した「ITスキル標準V3 2011」のスキルフレームワークに合わせて、実務能力、テクニカルスキルを客観的にインターネット上で、24時間どこでも診断することができる、オンライン型テスト。各職種でどのくらいのレベルのスキルがあるのかをWeb上で、短時間で診断することができます。診断結果は経済産業省が策定した各職種・専門分野のスキル項目における強み、弱みが即レーダーチャートにて表示されます。

●診断概要 診断時間:90分  Saas(ASP)形式にて提供
●用途
*社員一人一人の技術スキル、ITSSレベルを客観テストで短時間で簡単に確認でき、自己の気づきと、全体の把握が可能となる/* 会社の個人・組織のスキルレベル人材ポートフォリオ化/*個人の育成計画、教育、研修などの最適化、効率化/*新人採用、中途採用での活用/*ITSSを活用した社内認定制度の実現/*会社が目指す、適材適所人材、ハイパフォーマ人材の獲得/*全社員を一元的にスキル管理、研修管理、評価、人事システムとの連携活用が可能/*人材の調達、派遣、業務委託による派遣、出向の適性化
●標準販売価格  1ライセンス各3,990円(税込、1テスト1回)

▼「ITSSレベルチェッカー V3 2011」のパンフレットはこちら(PDF)
→ http://www.net-eduket.jp/net/ad/pamf/54_001_2012_0328_ITSSLCV32011.pdf

▼より詳しいご説明の依頼、お問い合わせは
〒113-0033 東京都文京区本郷4-8-13 5TSKビル401
株式会社ネクストエデュケーションシンク  セミナー事務局 担当:渡邊・廣渡
TEL:03-5842-5148 FAX:03-5842-5147

《参考資料》
■株式会社ネクストエデュケーションシンクについて http://www.nextet.net/
累計実施数400万のアセスメント、客観型スキル診断と企業人材育成、研修専門の人材育成サービス会社として、広くIT系からビジネス系まで、国内最大級の3000種類の研修・eラーニングコースを取り扱い、大手、中堅の顧客企業の目的に合わせた専用企業研修アウトソーシング・ポータルサイト「ネクストパックe」のコンサル、構築・運営サービスを行っています。

【主要商品】客観型スキル診断「NETスキルチェック(R)」シリーズ/「ITSSレベルチェッカー(TM)」/「営業力診断(コンサルティングセールスチェッカー)Ver.2」/「NET-SCMS」(スキルチェックマネジメント・組織力分析ツール)/わずか7分で人材の本質を見極めるインターネット型適性適職診断「ASK Ver3.1 N」/「Office Do(TM)」/情報処理技術者試験対策Webトレーニング「NETパーフェクトトレーナー」/企業ごとにカスタマイズ可能なSaaS(ASP)型スキル診断開発、eラーニングの受託開発など

ほか、集合研修・eラーニング・教育情報 満載の企業研修ポータルサイト「エデュケ」(月刊60万PV)、経営者、人事部、研修教育担当者向けの会員制の人材開発・教育戦略メールマガジン「NET通信」(週刊/2500社、登録会員6000人)を配信。スキル診断・育成システムを活用した新規事業開発のコンサルテーションから人事・教育システムの構築連繋、教育ポータル事業の構築運営、研修実施マネジメントの一括フルアウトソーシングまでトータルでお手伝いすることができる国内有数の人材育成サービス専門会社として実績を持ちます。

■名称: 株式会社ネクストエデュケーションシンク
代表取締役: 斉藤 実 (さいとう みのる)
設立: 1999年10月
本社: 東京都文京区本郷4-8-13 5TSKビル401  Tel: 03-5842-5148   Fax: 03-5842-5147
■参加団体: スキル標準ユーザー協会(SSUG)/日本情報システム・ユーザー協会(JUAS)/コンピュータソフトウェア協会(CSAJ)/日本テスト学会/東京商工会議所/など。
■資本金: 2,000万円
■関連 URL:(ホームページ)  http://www.nextet.net/
・エデュケ(社会人向け学習教材/企業向け教育・研修ポータルサイト) http://www.net-eduket.jp/

お問い合わせ先

■本リリースに関するお問い合わせ
東京都文京区本郷 4-8-13 5TSK ビル 401
株式会社ネクストエデュケーションシンク  
マーケティングビジネス部 山端、斉藤(加那)
TEL : 03-5842-5148  FAX:03-5842-5147 
e-mail : info@nextet.net

 
キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する