表面検査対応超音波プローブを開発

超音波システム研究所

投稿日:2012年9月5日

サービス分野: [ ものづくり ] [ 特殊技術・特許 ] [ コンサルティング ]

表面検査対応超音波プローブを開発

報道関係各位
                       超音波システム研究所

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

表面検査対応超音波プローブを開発

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

超音波システム研究所は、
超音波の計測・解析技術を応用して、
部品の表面を検査する新しい超音波プローブを開発しました。

 新しいタイプの超音波プローブによる応用測定システムです。
 測定する目的に合わせた、表面を伝搬する超音波を計測します。

 圧電素子の特性に関して、弾性波動を考慮した解析で、
 各種の振動状態(モード)として
 表面の検査機能が可能になるプローブです。

 オシロスコープに接続して利用することができます。
 
 検出データをフィードバック解析することにより
 超音波による
 各種現象(非線形現象、衝撃波、音響流、キャビテーション・・)を
 グラフ(数値・・)により確認できます。

 発振回路と組み合わせることで
  各種応答特性を確認・検出できます
 その結果、部品や材料の様々な特性が評価できるようになります

 計測以外にも、新しい応用対応を実現しています

超音波プローブは
 利用目的を確認した「オーダーメード対応」します


「お問い合わせ・申し込み」から
納品、その後の管理・運用について、流れを説明します。
 不明な点は、メールでお問い合せ下さい。

1.お申込み
 メールでご連絡下さい。
内容(目的・・)を確認させていただき、連絡を差し上げます。

2.詳細な仕様確認
 メール・電話、もしくは直接お会いし、制作する装置について
 仕様確認させて頂きます。
 また、納品後の運用についても確認・提案させて頂きます。

3.発注・ご依頼
 装置の仕様・価格・・等について、
 納得いただければ正式に発注となります。

4.装置制作・納品
 資料(仕様書・説明書・・)を添付して納品します。
 必要に応じた、
 説明(簡単なセミナー・デモンストレーション・・)を行います。

5.完了
 オーダーメードのカスタム製品となります。

6.装置の運用サポート
 ここからが使用開始となります。
 個別の各種超音波装置における状況に応じた
 アドバイス・確認・点検方法・・・について対応します。
 対応は基本的にはメールですが、
 出張対応(別途費用が発生します)も行います。


参考

 http://youtu.be/WYiak6RA338

 http://youtu.be/1CQM4blFwdw

 http://youtu.be/hHEF3uMbSPM

 http://youtu.be/tBqLNKmCaSE

 http://youtu.be/epWB58nZuFg

 http://youtu.be/J64QTVfeAwk
 

お問い合わせ先

【本件に関するお問合せ先】
超音波システム研究所
E-mail:uss1@island.dti.ne.jp
ホームページ  http://ultrasonic-labo.com/
ホームページ  http://www.green.dti.ne.jp/aabccdx/

 
キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する