念力と超医療のセミナー

XPサイエンス株式会社

投稿日:2012年7月20日

サービス分野: [ その他(代替エネルギー療法等) ]

念力と超医療のセミナー

昨年までの私どもは、これまでのエネルギー療法の成果を最大限集約した中国事業やYES/NOの手法を用いたシンガポール・大洋州での金融・石油探査に全力を挙げておりました。しかしある時を境に天命は大きく変わり、中国事業はもちろん金融や石油探査からも手を引けとなったのです。そして新たに私どもが探し当てた方向性は、『国内を重視せよ』『これまでのエネルギー療法や運命鑑定だけでなく念力に重点を置け』というものでした。一時はあまりの変化に戸惑ったものの、念力や透視の伝授を公開すべき段階を迎えた今振り返ると、改めて人智を超えた力の偉大さに気づかされると申し上げてもよいでしょう。

 というのも念力の訓練の中で解明されてきたことの一つに新たな疾病観があり、従来エーテル体のみにあると思ってきた生命情報が一部アストラル体にもあることが分かったのです。この部分は知能・感情・欲求が過度になると情報系を傷つけ肉体や精神を破壊していくわけですが、「アストラルヒーリング」は免疫系・内分泌系・感覚(器)を整えてこの傷を治すため、今までのエネルギー療法では対処できないケースにも有効となったのです。

 次に念力や透視ができるといってもそれだけでは何の役にも立たずに終わりそうですが、実はこの力は単なるパフォーマンスに止まらず、さまざまな可能性に満ちているようです。まず医学的な分野を取り上げますと、腫瘍・ポリープの切除や栓塞・プラ―クの除去などを非外科的に可能にするかもしれませんし、筋骨格系統の諸症状のうち骨棘や椎間板ヘルニアなどの非外科的治療なども検討に値すると思われます。

 さらにこれは先端分野の科学者と協力して初めて可能となることですが、念力や透視の力を理論物理学的に応用していくと放射線の防御またはセシウムの除染が可能という結果が出ております。あの時天命が大きく変わったのは、福島第一後の状況が考慮されたからではないのかと私どもは考えております。これらはあくまでもYES/NOで出した答えであり、具体的な応用に至るまでにはさらなる検証が必要と思われます。しかしいずれにしろ私どもは、従来のエネルギー療法が「超医療」と呼ぶべき新たな段階に入ったこと、アストラル体に起因する力が3.11後のこの国の現状を救う力となるであろうことを確信しております。

お問い合わせ先

XPサイエンス事務局
03-3527-9902

 
キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する