株式会社デネットより『ほぼ全自動 作曲支太郎』 発売

株式会社デネット

投稿日:2012年7月6日

サービス分野: [ IT技術 ]

株式会社デネットより『ほぼ全自動 作曲支太郎』 発売

■ソフトウェア概要
「ほぼ全自動 作曲支太郎」は、各設定をマウス操作するだけで、自動作曲できるソフトです。

メインで演奏するメロディーの他、コードやベース、アルペジオの音色を128種類から選択できるので、自分の好みの音色にできます。
指定したメロディーを繰り返したい場合は、コピーと貼付機能を使えばかんたんに複製することもできます。
音楽ファイル(WAVE)への保存作業をせずに、随時再生、確認ができるため、納得するメロディーが作成できるまでの修正作業もらくらく!

WAVE作成機能により、作成した曲と歌詞を歌として聞くことができ、完成した曲はMIDI・WAVE形式で保存できます。
また、作成した曲(楽譜)をBMP形式での画像保存も可能。出力した画像を印刷して楽器演奏の練習などに活用することも可能です。


■こんな方にこんな時におすすめ!便利!

・作曲は、専門の知識や技術が必要でとても難しいものと思っていた方!
・一からメロディーを考えるのが面倒な場合に!
・気軽に色々な曲を作ってみたい方!
・作成した曲をホームページのBGMやブログ等で公開したい方!


■主な機能
・マウスで設定、作曲はソフトにお任せ
  マウスで各設定を行い、コードを入力したら作曲ボタンをクリックするだけ。
  あとはソフトがランダムに自動作曲するので、一からメロディーを考えなくても
  かんたんに曲が作成されます。

・微調整もかんたん!
  ソフトで自動作成したメロディーをマウスで修正可能。
  全体の作成はソフトに任せて、音符の長さなど気になる部分を
  自分のお好みに合わせて修正できます。

  また、メロディーの一部を別の小節で繰り返したい場合
  コピーと貼付機能で、ひとつひとつ音符の設定を行わずに
  かんたんに音符のコピーができます。

・音色やパターンが選べる
  音色
   メインで演奏するメロディーの他、コードやベース、アルペジオの音色を
   128種類から選択できます。

  パターン
   リズム:31種類から選択
   ベース:33種類から選択 / 編集したパターンを9種類まで登録可能
   ドラム:79種類から選択 / 編集したパターンを9種類まで登録可能
   アルペジオ:8種類から選択

・作成したメロディーをすぐに再生確認
  音楽ファイル(WAVE)への保存作業を行わなくても、
  入力内容の再生確認が随時できるので、納得するメロディーが作成できるまでの
  修正作業もらくらく!

・その他
  ・1曲あたり最大254小節まで作成可能
    小節毎に音量や音色などが設定でき、作成する曲に強弱などの
    変化をつけることができます。

  ・作成したメロディーに歌詞をのせる
    WAVE作成機能により、作成した曲と歌詞を歌として聞くことができます。

  ・作成した曲はMIDI・WAVE形式(※)で保存
    ※WAVEで保存した場合は歌詞付で保存されます。

  ・作成した曲(楽譜)をBMP形式で保存
    保存した画像を印刷すれば楽器演奏の練習などに活用できます。
    ※本ソフトには印刷機能はついておりません。


■発売概要

タイトル  :『ほぼ全自動 作曲支太郎』
発売日   :2012年07月06日(金)
価格    :3,800円(税別)※税込3,990円
商品コード :DE-290
JANコード :4560243922904


パソコンソフト直販ショップ【デネットSHOP】
http://de-net.shop-pro.jp/

■株式会社デネット概要 http://www.de-net.com/
1996年2月設立。資本金1000万円。従業員数26名
・パソコンソフトシリーズ
「やくだTOOL」「かんたん商人(あきんど)」「でか楽」の企画・制作・販売
・インターネットの企画・運営
・ホームページ企画・制作・運営
・モバイルサイト企画・制作・運営 他

お問い合わせ先

株式会社デネット 広報担当:森
TEL:048-648-0900 FAX:048-640-1011 eMail:morikana@de-net.com
※記事掲載用のパッケージ写真、画像写真を提供可能です。
また、読者プレゼント等へ の製品提供も可能ですのでお気軽にお問合せ下さい。
※本広報資料の転送/引用は、ご自由にご利用頂いて構いません。

 
キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する