自動音声通報のSPEED Call、センサーとの連動製品を発表

株式会社まほろば工房

投稿日:2012年6月6日

サービス分野: [ ものづくり ] [ 生活関連技術 ] [ IT技術 ]

自動音声通報のSPEED Call、センサーとの連動製品を発表

  WiFi接続されたセンサーで検知し、自動音声で即座に通報!

 株式会社まほろば工房(本社:神奈川県川崎市、開発センター:広島県福山市、代表取締役:近藤邦昭、以下「まほろば工房」)は、自動音声通報サービスのSPEED Callと連携するセンサー機器を秋田県産業技術センター(秋田県秋田市)と共同研究で開発しました。

SPEED Callは、ネットワーク監視を行い、異常を発見した時に自動音声で通報するサービスで、輪番制に対応したシフト表機能や、順次呼出機能など人手を介さない通報サービスとして実績を上げてきました。
この充実した通報サービスを様々な場面で活用するため、秋田県産業技術センターと協力し、省電力かつ小型で動作し、広く使われている無線LANと接続することで簡単にSPEED Callと連動することが可能なセンサーデバイスの開発を行いました。

今回の開発では、人感センサーを採用し開発しましたが、センサー部分を変更することで様々な用途に利用することが期待できます。また、センサーデバイス本体は、製品化の段階で半分以下の大きさになる予定です。

このセンサーデバイスは、2012年6月13日から15日に千葉県千葉市の幕張メッセで開催されるInterop 2012のベンチャーパビリオン当社ブースにて参考出品し、実演いたします。
また、実演に際しては、株式会社ネクステック(本社:北海道札幌市、代表取締役社長:大石 憲且)が開発した「電源自給型可搬無線(WiFi)通信装置」とInteropが提供するネットワークを使用し、農園や観光地などの電力及びネットワークの提供状況が芳しくない環境でもセンサー情報を伝達し、的確な電話による音声通報を行うデモンストレーションを行います。

■SPEED Call ホームページ
 ホームページ :http://www.speedcall.jp/
 お問い合わせ :Web  :http://www.speedcall.jp/contact/
         お電話 :050-5810-3003

■関連情報
   ○株式会社ネクステック :http://www.nextech.co.jp/
   ○秋田県産業技術センター :http://www.rdc.pref.akita.jp/
   ○Interop 2012 :http://www.interop.jp/2012/index.html

お問い合わせ先

【株式会社まほろば工房】
  設立    :2007年3月
  資本金   :10,000千円
  役員    : 代表取締役 近藤 邦昭
          社外取締役 高田 寛
  技術顧問  : 江崎 浩(東京大学 教授)
  会社URL   : http://www.ate-mahoroba.jp/
  問合せ先  : 電話  044-812-3288
          FAX  044-812-3287
  e-Mail   : question@ate-mahoroba.jp
  溝口オフィス: 神奈川県川崎市高津区溝口1-22-6 ノーブル溝口201号
  開発センター: 広島県福山市駅家町万能倉1256-1 NSビル105号室

 
キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する