スマートフォン内線ソリューションの新商品追加を含むIP-PBXをモデルチェンジ

株式会社まほろば工房

投稿日:2012年6月1日

サービス分野: [ 生活関連技術 ] [ IT技術 ] [ その他(IP-PBX) ]

スマートフォン内線ソリューションの新商品追加を含むIP-PBXをモデルチェンジ

■まほろば工房のIP-PBX「MAHO-PBX」をリニューアル

株式会社まほろば工房(本社:神奈川県川崎市、開発センター:広島県福山市、代表取締役:近藤邦昭、以下「まほろば工房」)は、外出時でもスマートフォンを内線として利用可能とするスマートフォンアダプタである「MAHO-SPA」の新商品追加を含むIP-PBX製品の「MAHO-PBX」を全面的にリニューアルします。

今回のモデルチェンジでは、昨今のスマートフォンの普及とBYOD(Bring Your Own Device:従業員の私物を企業内に持ち込んで業務に活用すること。)が活性化する現状を受け、スマートフォンを内線電話機として社内外で活用するための新商品「MAHO-SPA」を新機種として追加、さらに2011年の「Interop2011」(国内最大のネットワーク関連の総合展示展、2011年6月開催)のその年の注目製品に送られるShow Awardにて特別賞を受賞したIP-PBX製品の「MAHO-PBX」では、2モデルを追加と全てのモデルで機能強化とオプションの強化を図ったモデルチェンジを行っています。

■MAHO-SPA – スマートフォンアダプタ
MAHO-SPAは、スマートフォンにSIPに準拠した任意のクライアントソフトウエアを導入するだけで、MAHO-PBXと連動し内線網と直接接続することを可能にした製品です。
これまでもスマートフォンを内線電話機として利用することは多くされてきましたが、このまま社外に持ち出した場合は、1) IP-PBX装置をインターネットからアクセスできるようにしなくてはならず、インターネットからのSIPをターゲットにした攻撃に遭いやすい。2) 携帯電話・公衆無線LANのデータ通信網の通信速度のばらつきにより現実的に利用できない。 等の問題がありました。
そこでMAHO-SPAでは、外線発信時に接続認証とは別の認証手順を加える等セキュリティに配慮するとともに、通信速度を抑えた通話方式を採用することでこれらの問題を解決しています。また、IP-PBXとMAHO-SPAを分離することで、インターネットに接続する装置をスマートフォン向け装置のみに限定することで、インターネットからの攻撃も軽減されます。

■MAHO-PBX モデルチェンジと機能強化
IP-PBX製品の「MAHO-PBX」は、これまでのお客様からのご意見を反映し、機能拡張とモデル追加を実施しました。
今回のモデル追加では、これまでのMAHO-PBX EntryをMAHO-PBX EntryⅡとモデルチェンジし、中規模モデルのMAHO-PBX Officeと大規模モデルのMAHO-PBX Enterprise Premium Editionの2モデルを追加しました。このモデルチェンジにより利用者層を小規模から大規模までサポートできるようになると共に、MAHO-PBXの拠点間接続機能を活用し、複数拠点に事業所が分かれて場合でも事業所の規模に応じたIP-PBX製品を選択することで、柔軟かつ地理的条件に依らない内線網構築が可能となりました。
機能拡張の面では、MAHO-PBX内にFAXの送受信機能をオプションとして追加することで、PC-FAXによるFAX送信が可能となるほか、FAX着信時には受信したFAXをPDF化し電子メールで通知できるためペーパーレス化も促進できます。最上位モデルのMAHO-PBX Enterprise Premium Editionでは、冗長化オプションを選択できるため、大規模なシステムでも安心して導入いただけるようになりました。この他、DISA(ダイレクト・イン・サービス・アクセス)機能オプションなどもサポートします。
また、上記以外のMAHO-PBX Virtualized、MAHO-PBX Enterprise Standard Edition(これまでのEnterprise)を含む全モデルでは、一部の機能を除き、外線サービスの複数収容と簡単設定を今回提供のモデルから提供しています。簡単設定機能としてサポートしているのは、NTTひかり電話(フレッツネクストタイプ)およびそのオフィスタイプ、OCNドットフォン、FUSION B2BUAサービスです。今回提供のモデルでは、これらを複数接続し、発信時にどのサービス・電話番号から発信するかを電話機毎に設定できるほか、外線発信規制の機能も追加しています。この他、基本機能の強化として、電話会議室数の強化やパーク保留グループの強化なども実施しています。

新モデルの販売は6月から開始し、製品の出荷は6月後半から順次行ってまいります。

なお、これらの新モデルは、2012年6月13日から15日に千葉県千葉市の幕張メッセで開催されるInterop 2012のベンチャーパビリオンにて出品予定です。


■まほろば工房 音声ソリューション ホームページ
ホームページ:http://www.ate-mahoroba.jp/maho_pbx/
お問い合わせ:Web :http://www.ate-mahoroba.jp/contactus.html
         お電話:050-5810-3003

■Interop 2012
公式ホームページ:http://www.interop.jp/2012/index.html

お問い合わせ先

【株式会社まほろば工房】
  設立     : 2007年3月
  資本金    : 10,000千円
  役員     : 代表取締役 近藤 邦昭
           社外取締役 高田 寛
  技術顧問  : 江崎 浩(東京大学 教授)
  会社URL  : http://www.ate-mahoroba.jp/
  問合せ先   : 電話  044-812-3288
             FAX  044-812-3287
  e-Mail      : question@ate-mahoroba.jp
  溝口オフィス : 神奈川県川崎市高津区溝口1-22-6 ノーブル溝口201号
  開発センター : 広島県福山市駅家町万能倉1256-1 NSビル105号室

 
キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する