MonotaROブランドよりコンクリートドリル3タイプ25種類を発売

株式会社 MonotaRO

投稿日:2012年5月22日

サービス分野: [ ものづくり ]

MonotaROブランドよりコンクリートドリル3タイプ25種類を発売

~ 市場価格の半額以下の低価格で発売開始、工事用品を更に拡充 ~

 工業用間接資材※1通信販売最大手の株式会社 MonotaRO(モノタロウ)(本社:兵庫県尼崎市、代表執行役社長:鈴木雅哉、URL:http://www.monotaro.com/)は5月22日(火)、MonotaROプライベートブランド(PB)より、コンクリートドリル3タイプ25種類を一般的な市場価格の半額以下で発売開始いたします。
 
 コンクリートドリルは、工事現場や建築現場において、コンクリート・ブロック・レンガ・石膏ボード等への穴あけやアンカーボルトの下穴を開ける際に振動ドリルやハンマードリルに取り付けて使用され、建設業・工事業など、通常のドリル刃では刃が簡単に欠けてしまう硬いコンクリートを砕く作業に必要となる商品です。
当社では、2009年10月の工事業ユーザー向け商品カタログ創刊及び工事用品専用モールの開設以来、工事用品を積極的に拡充して参りました。コンクリートドリルは、既に有名メーカーの商品を取り扱っておりましたが、建設業・工事業ユーザーからの需要増加と共に、継続的に注文をされるユーザーからのさらなる低価格化と幅広いサイズ展開が求められていました。

 そこで今回、そのようなニーズに応える形で、3タイプ(丸シャンク、SDS-plusシャンク、六角軸シャンク)の中でも特に需要の高い全25種類のコンクリートドリルのPB商品化を決定しました。全種類、一般的な市場価格の半額以下という低価格で、1本ずつお求めいただくことができます。

 MonotaROは、今後もお客様の要望に耳を傾け、MonotaROブランドの拡充を図り、より質の高い商品を安価で提供してまいります。


商品特長
MonotaRO コンクリートドリル(丸シャンク)
被削材:コンクリート・ブロック・モルタル・レンガ・石膏ボード等
適合電動機:振動ドリル(使用モード/振動・回転)
MonotaRO コンクリートドリル(SDS-plusシャンク)
被削材:コンクリート・ブロック・モルタル・レンガ・石膏ボード等
適合電動機:パナソニック、日立、ヒルティー、ボッシュ、マキタ、リョービ等の
SDSプラスシャンク軽量ハンマードリル
MonotaRO コンクリートドリル(六角軸シャンク)
被削材:ブロック・モルタル・レンガ・石膏ボード等
適合電動機:振動ドリル(使用モード/振動・回転)


株式会社MonotaROについて
切削工具や研磨材などの工業用資材から自動車関連商品、梱包・補修・清掃・安全・事務用品に至るまで、現場・工場で必要とされる製品150万アイテムを販売しています。2012年5月7日現在の利用ユーザー数は、約76.1万。2006年12月、東証マザーズ上場。2009年12月、東証一部上場。2011年度の12月期の売上高は約222億円。2012年度の12月期の売上高予想は約270億円。

※1工業用間接資材とは、製造業の現場における資材のうち、最終製品になる原材料や部品などの“直接資材”を除く全ての資材を指し、切削工具や研磨材などの工作用資材から梱包・補修・清掃・安全・事務用品まで多岐にわたる。

お問い合わせ先

<本件に関するお問合せ>
株式会社 MonotaRO IR・広報室 木原TEL:06-4869-7190 E-mail:pr@monotaro.com

 
キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する