NET社、国内初のITスキル標準V3-2011準拠の客観型スキル診断をリリース

サービス分野: [ 教育・人材 ]

 株式会社ネクストエデュケーションシンクは、最新のITスキル標準V3-2011に準拠した客観型スキル診断、「ITSSレベルチェッカー【ITSSV3 2011対応版】」を、国内で初めてリリースしました。

 本診断は、「共通キャリア・スキルフレームワーク(第一版・追補版)」にも対応した最新の客観アセスメントツールです。

 特に「カスタマサービス」職種は、大幅改訂を反映し、障害修理、保守サービス、データセンタの施工、防災・防犯なども含めクラウド時代に対応する専門分野固有スキル項目が強化されています。

 同アセスメントは、「自己申告型の診断ツールでは、どうしても毎回各人の主観的な自己評価が元となるため、人材育成の為の技術者の客観的な各種能力毎の精度高い可視化や、公平な能力評価につなげることが難しい」といった顧客からのニーズにこたえる「客観診断」である点が特長です。

 なお同社では、客観診断により得た高ぶれの無い診断結果を「タスクモデル」、「スキルモデル」、「人材モデル」、「BOK」、「情報処理技術者試験」のそれぞれとリンクさせることができ、その結果をもとに、事業戦略に基づいた最適な組織構築や人材戦略、個別最適研修を可能とする、客観的な企業人財育成コンサルティングを提供しており、さらに、業界トップレベルのIT教育コンサルタント陣によって各社の課題や目的に応じて、各社毎の教育体系や研修ロードマップ、能力評価制度等の構築の支援までが可能となっています。

<ご参考>
▼ ITSSレベルチェッカーソリューション
http://www.nextet.net/service/itsssol/

▼「ITSSレベルチェッカー」(V3 2011対応版) 最新パンフレット
http://www.net-eduket.jp/news/ITSSLCV32011.html

▼ 最新ITSSレベルチェッカーソリューションパンフレットはこちら(16.5MB)
http://www.net-eduket.jp/news/ITSSLCSolution.html

【ITSSレベルチェッカー(TM)とは】
経済産業省が策定した「ITスキル標準V3 2011」のスキルフレームワークに合わせて、実務能力、テクニカルスキルを客観的にインターネット上で、24時間どこでも診断することができる、オンライン型テスト。各職種でどのくらいのレベルのスキルがあるのかをWeb上で、短時間で診断することができます。診断結果は経済産業省が策定した各職種・専門分野のスキル項目における強み、弱みが即レーダーチャートにて表示されます。

●診断概要 診断時間:90分  Saas(ASP)形式にて提供
●用途
*社員一人一人の技術スキル、ITSSレベルを客観テストで、短時間で簡単に確認でき、自己の気づきと、全体の把握が可能となる/* 会社の個人・組織のスキルレベル人材ポートフォリオ化/*個人の育成計画、教育、研修などの最適化、効率化/*新人採用、中途採用での活用/*ITSSを活用した社内認定制度の実現/*会社が目指す、適材適所人材、ハイパフォーマ人材の獲得/*全社員を一元的にスキル管理、研修管理、評価、人事システムとの連携活用が可能/*人材の調達、派遣、業務委託による派遣、出向の適性化
●標準販売価格  1ライセンス各3,990円(税込、1テスト1回)
▼「ITSSレベルチェッカー V3 2011」のパンフレットはこちら(PDF)
  → http://www.net-eduket.jp/news/ITSSLCV32011.html

《参考資料》
■株式会社ネクストエデュケーションシンクについて http://www.nextet.net/
累計実施数400万のアセスメント、客観型スキル診断と企業人材育成、研修専門の人材育成サービス会社として、広くIT系からビジネス系まで、国内最大級の3000種類の研修・eラーニングコースを取り扱い、大手、中堅の顧客企業の目的に合わせた専用企業研修アウトソーシング・ポータルサイト「ネクストパックe」のコンサル、構築・運営サービスを行っています。

【主要商品】客観型スキル診断「NETスキルチェック(R)」シリーズ/「ITSSレベルチェッカー(TM)」/「営業力診断(コンサルティングセールスチェッカー)Ver.2」/「NET-SCMS」(スキルチェックマネジメント・組織力分析ツール)/わずか7分で人材の本質を見極めるインターネット型適性適職診断「ASK Ver3.1 N」/「Office Do(TM)」/情報処理技術者試験対策Webトレーニング「NETパーフェクトトレーナー」/企業ごとにカスタマイズ可能なSaaS(ASP)型スキル診断開発、eラーニングの受託開発など

ほか、集合研修・eラーニング・教育情報 満載の企業研修ポータルサイト「エデュケ」(月刊60万PV)、経営者、人事部、研修教育担当者向けの会員制の人材開発・教育戦略メールマガジン「NET通信」(週刊/2500社、登録会員6000人)を配信。スキル診断・育成システムを活用した新規事業開発のコンサルテーションから人事・教育システムの構築連繋、教育ポータル事業の構築運営、研修実施マネジメントの一括フルアウトソーシングまでトータルでお手伝いすることができる国内有数の人材育成サービス専門会社として実績を持ちます。

■名称: 株式会社ネクストエデュケーションシンク
代表取締役: 斉藤 実 (さいとう みのる)
設立: 1999年10月
本社: 東京都文京区本郷4-8-13 5TSKビル401  Tel: 03-5842-5148   Fax: 03-5842-5147
■参加団体: スキル標準ユーザー協会(SSUG)/日本情報システム・ユーザー協会(JUAS)/コンピュータソフトウェア協会(CSAJ)/日本テスト学会/東京商工会議所/など。
■資本金: 2,000万円
■関連 URL:(ホームページ)  http://www.nextet.net/
・エデュケ(社会人向け学習教材/企業向け教育・研修ポータルサイト) http://www.net-eduket.jp/

お問い合わせ先

■本リリースに関するお問い合わせ
東京都文京区本郷 4-8-13 5TSK ビル 401
株式会社ネクストエデュケーションシンク  
マーケティングビジネス部 山端、斉藤(加那)
TEL : 03-5842-5148  FAX:03-5842-5147 
e-mail: info@nextet.net

 
キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する