株式会社ピーエスアイ、企業内ネットワークへの不正アクセスを禁止するソリューションを販売開始!

株式会社 ピーエスアイ

投稿日:2012年2月23日

サービス分野: [ IT技術 ]

株式会社ピーエスアイ ニュースリリース 2012.2.23

ニュース・リリース 2012年2月23日
                 
  株式会社ピーエスアイ、企業内ネットワークへの不正アクセスを禁止する強力かつ導入が容易なRADIUSサーバ/USBトークン連携によるネットワークソリューションを販売開始!

米国セーフネット社の日本国内販売代理店である株式会社ピーエスアイ(東京都新宿区新宿5-5-3 建成新宿ビル4F、資本金 5,000万円、代表取締役社長:山崎充宏、URL: http://www.psi.co.jp/)は、この度セーフネット社の二要素認証 eToken PRO と組み合わせて、サーバ証明書発行が可能となった株式会社インフィニコ (東京都港区浜松町1-2-12 F1ビル、資本金 2億7755.7万円、代表取締役社長:越邑哲也、URL:http://www.infinico.co.jp) の NetWyvern RADIUS とのソリューション販売を開始しました。

株式会社ピーエスアイ (以下 PSI) は、株式会社インフィニコ (以下 インフィニコ) との相互技術提携によりセーフネット社のデジタル証明書・暗号化機能を実装した認証トークン eToken PRO と連携して、サーバ証明書の発行が可能となった認証サーバ「NetWyvern RADIUS」PSI 版の販売を開始しました。本 RADIUS 装置と eToken PRO を組み合わせることで、よりセキュアなデジタル証明書ベースの認証システムの構築が可能になりました。RADIUS 認証サーバの機能である証明書失効リストと併せて運用することで、盗難などで流出した証明書の不正利用防止にも即座に対応可能です。
PSI が提案するシステム構成は、VPN、無線 LAN、有線 LANに対するセキュアなソリューションです。

VPN アクセス・ソリューション
インターネット経由での社内やプライベート・クラウドのメール・サーバやアプリケーション・サーバへのセキュアな VPN アクセスを実現します。インターネットの出入り口に配置した VPN ルータ(例として FortiGate) と認証サーバ NetWyvern RADIUS との連携でリモート PC からの VPN アクセスに対するユーザ認証を行います。リモート PC からは暗号化されたデジタル証明書入りの USB トークン eToken PRO を PC に差し込み VPN クライアントから FortiGate へ2要素認証によりアクセスします。ユーザ認証が許可されると社内ネットワークへのアクセスが可能になります。社内ネットワークへの不正アクセスを防御します。

無線 LAN ソリューション
社内に設置される無線 LAN ネットワークへの接続において、ユーザ認証と通信の暗号化を行うことにより、セキュアな無線 LAN アクセスを実現します。無線 LAN アクセス・ポイント (例として FortiAP-220B) と認証サーバ NetWyvern RADIUS が連携することで、無線 LAN ネットワークへのアクセスをよりセキュアに行うことができます。無線 LAN への接続は、デジタル証明書が格納された USB トークン eToken PRO を差し込むことで行います。無線LANネットワークへの認証と暗号化は、無線 LAN アクセス・ポイントと認証サーバ NetWyvern RADIUS との連携で、 eToken Pro 自体のパスワードとデジタル証明書の2要素認証により、無線 LAN ネットワークへのセキュアなアクセスが可能になります。無線 LAN ネットワークへの不正アクセスを防御します。

有線 LAN アクセス・ソリューション
社内ネットワーク・アクセスの個人認証にデジタル証明書とハードウェア トークンの併用による高いセキュリティが確保できます。社内のネットワークに、802.1X 認証機能付きスイッチ (EAP-TLSをサポートしているスイッチ) と認証サーバ NetWyvern RADIUS を連携させることで、社内 PC からのアクセスにデジタル証明書を使用した個人認証を提供します。USB トークン eToken PRO に格納されたデジタル証明書とeToken PRO自体のパスワードによる2要素認証より許可された後、社内システムにアクセス出来る様になります。

これらのシステム構成を導入することで、コストパフォーマンスに優れ、かつ現在最も強力とされるデジタル証明書のユーザ認証により、社内システムとネットワークを強力に防御することが可能となります。
PSI は、今後インフィニコと協業して、これら NetWyvern RADIUS とのネットワークセキュリティ・ソリューションの販売を推進していきます。

製品に関する詳しいお問い合わせについては下記の通りです。
株式会社ピーエスアイ ネットワーク営業部
〒160-0022 東京都新宿区新宿5-5-3 建成新宿ビル 4F
TEL : 03-3357-9980 E-Mail : info2@psi.co.jp http://www.psi.co.jp/

PSI について
東京に本社を置く株式会社ピーエスアイ (PSI) は1975年の創設以来、世界の最先端ソフトウェア、ハードウェアを日本市場(コンシューマ及び企業向けマーケット)に導入、販売してきました。フォーティネット社、トランジション・ネットワーク社及びセーフネット社の日本販売代理店として、製品のディストリビューションと技術サポートを提供して関連業界でユニークなポジションと実績を確実なものとしております。

インフィニコ社について
株式会社インフィニコは、ネットワーク運用・認証・監視をターゲットに独自技術をベースとしたアプライアンスサーバを開発販売する日本発の製造会社です。インフィニコのアプライアンスサーバは、専用サーバ、コンパクト設計、駆動部品を省いた耐久設計、冗長化対応の信頼設計、加えて、国産ならではの日本語ユーザインターフェースなどの特長があります。RADIUS アプライアンスサーバ以外に、DHCP、SYSLOG の専用アプライアンスサーバなども開発販売しています。特に、DHCP 専用アプライアンスサーバは、1999年の販売開始から、企業ユーザを中心に国内累計 18,000台以上の出荷実績を誇り、分散型構築の需要から、より大きな集中管理型の需要に至るまで『NetWyvern DHCPシリーズ』は高いコストパフォーマンスと信頼性で、業界でのリーディングカンパニーとして製品群を提供しています。

SafeNet, Inc. について
1983年設立。情報セキュリティ業界の世界的なトップ企業で、グローバル企業の最も重要なデータを保護し、信頼を得ています。SafeNet は、お客様の貴重な情報を、データセンターからクラウドまで、情報ライフサイクル全般にわたり保護しています。現在、25,000を超える企業や政府機関が情報セキュリティの保護、リスク管理、コンプライアンス管理、仮想化・クラウド環境の保護をSafeNetに委ねています。

日本セーフネットについて
日本セーフネット株式会社 (http://jp.safenet-inc.com 代表取締役社長:酒匂 潔、本社:東京都港区)は、米国 SafeNet, Inc. の日本法人で、2001年の設立以来、ネットワークやアプリケーションのセキュリティ製品の日本国内での販売、マーケティング、サポートを提供しています。

 以上

お問い合わせ先

製品、ソリューションに関する詳しいお問い合わせについては
株式会社ピーエスアイ
ネットワーク営業部
〒160-0022 東京都新宿区新宿5-5-3 建成新宿ビル 4F
TEL : 03-3357-9980 E-Mail : info2@psi.co.jp

本ニュースリリースに関するお問い合わせは
株式会社ピーエスアイ
ネットワーク営業企画部 片桐 Katagiri@psi.co.jp 03-3357-9980

 
キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する