高速且つセキュアなSmart Sequres社のDNSサーバ・アプライアンスを販売開始

株式会社 ピーエスアイ

投稿日:2013年12月3日

サービス分野: [ IT技術 ]

高速且つセキュアなSmart Sequres社のDNSサーバ・アプライアンスを販売開始

この度販売する DianaCacheシリーズは、Smart Sequre社が開発したセキュア且つ高速 DNSキャッシュ・サーバのアプライアンス製品とソフトウェア製品です。インターネットへのアクセスには、ホスト名をIPアドレスに、また、IPアドレスをホスト名に変換する名前解決のために DNS(ドメイン・ネーム・サービス)サーバを使用しています。多くの企業はDNSサーバに Open SourceのLinux OS と BINDベースの DNS キャッシュ・サーバを利用しています。企業の技術者は、Open SourceのLinux OS と BINDベースDNSの脆弱性対策にバージョンアップおよびセキュリティ対策に年に何回となく長時間作業を行ったり、DNS サーバのパフォーマンス増強と冗長化のために DNSサーバを複数台設置し、場合によってはロードバランサーを導入したりと、DNS サーバの運用に大きな投資をしています。仮にセキュリティ対策済み有料 Linux OS へ変更した場合には、毎年多額のサポート費が発生します。多くの企業が、DNSサーバの運用に、人件費を含めて多額の経費を費やしています。 DNSサーバをセキュアでハイパフォーマンスな製品へ変更することで、安定運用と大きな経費削減が実現できます。

近年、公衆無線LANサービスや宅内無線LANからのスマートデバイスによるアクセスが増加しており、DNSサーバへの負荷が増大しています。そのために、高速且つセキュアでありながら運用がシンプルに行えるDNSサーバを必要とされています。この要請に応えるのが、Smart Sequre社が開発したDNSキャッシュ・サーバ DianaCacheシリーズ DNS アプライアンス製品です。Linux OSをベースにセキュアな DNS専用OSを開発し、BINDベースではない高性能DNSサーバ・ソフトウェアを開発、脆弱性が無いように十分検証したものを製品化しました。 その結果、従来のDNSサーバのように脆弱性対策のバージョンアップやパッチが多数発生せず、年1回程度のバージョアンアップで済みますので運用に負荷を掛けません。 DianaCacheシリーズの最大の特長は、マルチコアCPU上で複数のDNSサーバ・インスタンスを実行し、内部ロードバランサー機能により高速化と無停止稼働を実現している点です。更に、フェイルセーフ機能により、再起動することなく設定変更が可能で、安全な運用を提供します。フィルタリング機能により外部DDOS攻撃からの防御対策をしており、今後標準化となる IPv6 や DNSSEC にも対応済みです。利用中のBINDベースのキャッシュ・サーバ設定をそのまま DianaCache DNSサーバへ移行できるトランスポート・ツールの提供で管理者は、セキュアで高性能 DNSサーバへ簡単に移行できます。本体の設定はWebによるGUIでの簡易設定とCLIコマンドによる詳細設定が可能です。


DianaCacheシリーズのアプライアンス製品には、性能の異なるローエンド・モデルの DianaCache-H10、ミッド・モデルの DianaCache-H50、ハイエンド・モデルの DianaCache-H100の3機種があります。ハイエンド・モデル DianaCache-H100は、実測値 最大120万クエリ(秒)の高速性を実現しており、現在市場にある同等製品と比較して20%以上のパフォーマンスでありながら価格は半値以下でコスト・パフォーマンスにも優れた製品となっています。税抜き標準価格は、DianaCache-H10 \1,300,000、DianaCache-H50 \3,800,000、DianaCache-H100 \13,200,000です。アプラインス製品の無償保証期間は1年で、先出しセンドバック保守付きです。

ソフトウェアでの製品も提供しています。ソフトウェア版とVM対応ソフトウェア版があり、ローエンド/ミッド/ハイエンドの3製品をそれぞれ提供しています。税抜き価格は、ソフトウェア版DianaCache-S10 \220,000、 DianaCache-S50 \1,100,000、 DianaCache-S100 \3,300,000です。VM対応ソフトウェアは、DianaCache-V10 \330,000、 DianaCache-V50 \1,650,000、 DianaCache-V100 \5,500,000です。ソフトウェアの無償保証期間は3ヶ月です。
                               

PSIについて
東京に本社を置く株式会社ピーエスアイ(PSI)は1975年の創設以来、世界の最先端ソフトウェア、ハードウェアを日本市場(主に企業向けマーケット)に導入、販売してきました。インターネット通信におけるセキュリティ対策として業界No.1フォーティネット社セキュリティ・アプライアンス装置およびネットワーク接続時のセキュリティ強化のための個人認証ソリューション製品などを提供するセーフネット社の日本販売代理店として、製品のディストリビューションと技術サポートを提供して関連業界でユニークなポジションと実績を確実なものとしております。

SMART SEQURE PTE.LTDについて
シンガポールに本社を置くSmart Sequre Pte. LTd.は、ネットワーク・セキュリティの未来を創造する企業として創設し、DNSを中心としたアプライアンス製品の開発、製造、販売を行っております。DNSキャッシュ・サーバ DianaCache-H100は、低価格ながら実測値で世界最速レベルのパフォーマンスを実現しています。
今後は独自の技術でセキュリティ商品の開発、製造、販売およびモバイル関連ソフトウェアの開発および販売も計画しております。

本社:10 Anson Road #18-03 International Plaza, Singapore
代表者:代表取締役 二木 均
設立:2012年5月
以上

お問い合わせ先

株式会社ピーエスアイ
ネットワーク営業部
〒160-0022 東京都新宿区新宿5-5-3 建成新宿ビル4F
TEL:03-3357-9980 FAX:03-5360-4488
E-Mail: support@psi.co.jp  

 
キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する