アキュラホーム、節電コンテスト第2弾!!「アキュラ節電の匠コンテスト 冬」を開催

株式会社アキュラホーム

投稿日:2012年1月26日

サービス分野: [ 環境・エネルギー・エコ ]

木造注文住宅を手がける株式会社アキュラホーム(本社:東京都新宿区、社長:宮沢俊哉)は、エコ住宅を推進する企業として、多くの方に節電に対する認識を深めて取組んでいただきたいという思いのもと、1月26日より、国内にお住まいの方を対象とした「アキュラ節電の匠コンテスト 冬」を開催いたします。

アキュラホームは、「エコ住宅こそ、みんなに。」をエコ・コンセプトに、設備だけでなく自然エネルギーを利用した設計や先人の知恵を踏まえた暮らし方の工夫など、様々な角度からの快適なエコ住宅を目指して取組んでいます。また、エコ仕様の住宅を建てるだけでなく、住まい手(お客様)に“暮らし方”をご提案し、楽しみながら共にエコ暮らしに取組んでいただけるようサポートしています。その一環として昨夏は東日本大震災に伴う電力不足を受け、「アキュラ節電の匠コンテスト 夏」を開催。916件の応募をいただき127,712kWhもの節電につながるとともに、様々な節電アイデアが寄せられました。
第2弾となる今冬のコンテスト「アキュラ節電の匠コンテスト 冬」では、2月分の電気使用量において10%の削減を目標に、自然環境に配慮したエコな節電アイデアを広く募集いたします。削減率だけでなく、創意工夫や節電効率を考慮して審査。グランプリには商品券3万円分をはじめ、エコグッズなどを贈呈します。また、10%以上の削減を達成されたご家庭にはもれなくクオカード500円分をプレゼントします。
コンテストの審査は夏のコンテストに引き続き、環境カウンセラー片亀氏に総評いただきます。ご応募いただいたユニークで効果的な節電アイデアは、当社WEBサイトなどで公表し、節電意識の促進を図ってまいります。

【 コンテスト概要 】
コンテスト名 : アキュラ節電の匠コンテスト 冬
参加対象   : 国内にお住まいの方ならどなたでも ※但し2010年12月末時点で現在の家に住んでいるご家庭
実施期間   : 2012年2月分の電気使用量
表彰・審査方法 :  ◎冬の節電・省エネ匠賞 グランプリ(1名)商品券3万円分 準グランプリ(2名)商品券2万円分
4位~7位(各1名)商品券1万円分 8位~10位(各1名)商品券5千円/大幅に電力消費量が少なく、創意工夫により節電・省エネに効果のあった方
◎冬の電力削減賞 グランプリ(1名)エコグッズ3万円相当 準グランプリ(1名)2万円相当 3位(1
名)1万円相当/当月と昨年の同月の電気使用量を比較し、その差の比率(削減率)で算出した上位の方
◎冬の節電貢献賞 クオカード500円分/電力削減率10%を達成された方全員
  応募方法 : 「アキュラ節電の匠コンテスト 冬」専用ページ(http://www.aqura.co.jp/saveenergy/setsuden/  )、
又はお電話(フリーダイヤル0120-046-042)にて応募シートをご請求ください。当社より応募シートと返信用封筒をお送りいたしますので、応募シートに必要事項をご記入の上、「電気ご使用量のお知らせ」のコピーを同封して返送ください。
応募締切 : 2012年3月31日(土)※消印有効
結果発表 : 2012年5月1日(火)に当社WEBサイトにて発表

注意事項/表彰対象者においては節電対策などの取材及び当社WEBサイト等での掲載にご協力いただく場合がございます。
(個人情報は公開されません)また、節電・省エネ匠賞、電力削減賞受賞者は節電貢献賞の対象外となります。


■ 環境カウンセラー 片亀 光氏 プロフィール
株式会社環境評価機構代表。
講演活動を中心に企業の環境マネジメントシステム構築のアドバイス、一般市民対象の環境セミナーに携わる。また、自宅で行った節電の実証実験の成果を発表するなどしてテレビの節電企画などで多数出演。

■ 2011年夏に開催した「アキュラ節電の匠コンテスト 夏」
<応募いただいた方々の総電力削減量は127,712kWh>
二酸化炭素排出量に換算すると71,6kg-CO2の削減(※1)となります。総電力削減量は、平均世帯の450世帯分(1カ月)の消費電力量に相当。(※2) 1世帯分の消費電力量で考えると、37.5年分の消費電力量に相当します。
※1 2009年度の排出係数代替値0.561kg-CO2/kWh(出典:環境省)を用いて計算 ※2 2009年度平均世帯消費電力量283.6kWh/月(出典:電気事業連合会データ) 

<寄せられた個性的な節電アイデア一例>
・ 毎日の消費電力量をグラフにして見える化し、家族皆の節電意識を高めた
・ 照明が必要ない明るい時間帯に家族が一緒に入浴をして、時間短縮と使用電力の削減を図った
・ リビングのテーブルの下に水を入れた桶を用意し、足を入れて体感温度が低くなるように工夫した
・ 家族でダイエットに取組み体脂肪率を減らすことで、熱量を削減した


■ エコ住宅 「長期優良エコ住宅 Meguru-Plus(めぐるプラス)」を期間限定発売
アキュラホームでは、次世代省エネ基準のエコ住宅に創エネルギー(太陽光発電システム、給湯システム等)を搭載した1000万円台からのスマートハウス「長期優良エコ住宅Meguru-Plus(めぐるプラス)」を、1月より3月末までの期間限定で発売しています。同商品は年間光熱費収入(※1)を5万円稼ぐ(※2)ことが可能。また、業界では初となる「光熱費収入補償」をお付けし、光熱費収入プラス5万円を補償いたします。
電力不足や家庭電力料金の値上げが懸念されるなか、家庭内のエネルギー創出量と消費量の差が正味でゼロになるゼロエネ住宅への消費者の関心は高まっています。当社は“年間光熱費ゼロ”の更に上をいく“光熱費をプラスに変えるスマートハウス”をより
消費者の手の届く価格にてご提供いたします。
※1年間光熱費収入は年間売電分が年間買電とガス代の合計を上回ること ※2アキュラホーム試算

お問い合わせ先

<報道関係からのお問い合わせ>
株式会社アキュラホーム 広報課 堀越・若林  Email : horikosi@aqura.co.jp
住所 : 東京都新宿区西新宿2-6-1 新宿住友ビル34F  TEL : 03-6302-5010 (直通) FAX : 03-5909-5560
<参加希望者からのお問い合わせ>  
アキュラ節電の匠コンテスト係 : フリーダイヤル0120-046-042 ※「アキュラ節電の匠コンテスト係」とお伝えください

 
キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する