株式会社 MonotaRO

MonotaROブランドより、「乾湿両用電気掃除機 モノクリーナー」を発売

#ものづくり #環境・エネルギー・エコ #その他(清掃用品)

MonotaROブランドより、「乾湿両用電気掃除機 モノクリーナー」を発売
 工業用間接資材※1通信販売最大手の株式会社 MonotaRO(モノタロウ)(本社:兵庫県尼崎市、代表執行役社長:瀬戸欣哉、URL:http://www.monotaro.com/)は12月より、大掃除など年末年始での需要拡大を見込み、MonotaROプライベートブランド(PB)より、「乾湿両用電気掃除機 モノクリーナー」の取り扱いを開始いたします。

「乾湿両用電気掃除機 モノクリーナー」は、工場や事務所などあらゆる場所でのホコリやゴミから液体まで吸引可能な乾湿両用の掃除機です。床や絨毯で使用する吸込部ノズルの他、隙間用ノズル及び交換ブラシも付属しており、自動車の車内やOA機器回りなど、手の届きにくい小さな隙間の掃除も可能です。タンクは20Lの大容量で、丈夫でホコリが付きにくく、サビにも強いステンレス製を採用しています。また、国内の電化製品の安全基準規格であるPSEも取得済みですので、安心してご利用いただけます。

 今回、年末年始に需要が高まる乾湿両用電気掃除機を安価にて提供する目的で、PB化を実現いたしました。タンク容量は20L、ステンレス製で4,690円(税抜)という低価格のため、ユーザーのコスト削減に大いに寄与できる商品となっております。

 なお、今回取り扱い開始の「乾湿両用電気掃除機 モノクリーナー」は、12月5日(月)より先行予約にて注文受付を開始し、12月中旬より発売を開始する予定です。

 当社では、年末向け商材として、PBの「シリカホワイト電球」の発売を開始した他、年始を目途に食器洗い洗剤や洗濯洗剤などのPB洗剤の発売を予定しており、更なるMonotaROブランド商品の拡充を図ると共により質の高い商品を安価で提供して参ります。

【商品概要】 MonotaRO 「乾湿両用電気掃除機 モノクリーナー」


注文コード 38278807
ブランド MonotaRO
品番   No.67-20
内容量   1台
タンク容量(L)20
材質(タンク)ステンレス
販売価格(税抜) 4,690円
販売価格(税込) 4,925円


株式会社 MonotaROについて
切削工具や研磨材などの工業用資材から自動車関連商品や工事用品、事務用品に至るまで、現場・工場
で必要とされる製品150万アイテムを販売しています。2011年11月7日現在の利用ユーザー数は、約67.9万。2006年12月、東証マザーズ上場。2009年12月東証一部上場。2010年度の12月期の売上高は約177億円。2011年度の12月期の売上高予想は約218億円。

※1工業用間接資材とは、製造業の現場における資材のうち、最終製品になる原材料や部品などの“直接資材”を除く全ての資材を指し、切削工具や研磨材などの工作用資材から梱包・補修・清掃・安全・事務用品まで多岐にわたる。

【お問い合わせ先】

<本件に関するお問合せ>
株式会社 MonotaRO マーケティング部 木原 TEL:06-4869-7181 pr@monotaro.com

株式会社 MonotaROのプレスリリース

お役立ちコンテンツ

  • 弁理士の著作権情報室

    弁理士の著作権情報室

    著作権など知的財産権の専門家である弁理士が、ビジネスや生活に役立つ、様々な著作権に関する情報をお伝えします。

  • 産学連携情報

    産学連携情報

    企業と大学の連携を推進する支援機関:一般社団法人産学連携推進協会が、産学連携に関する情報をお伝えします。

  • コンサルタント経営ノウハウ

    コンサルタント経営ノウハウ

    コーチ・コンサルタント起業して成功するノウハウのほか、テクニック、マインド、ナレッジなどを、3~5分間程度のTikTok動画でまとめています。

新聞社が教える「プレスリリースの書き方」

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

連携サイトお役立ち情報

  • 海外ビジネス談

    海外ビジネス談

    海外とのビジネスにおいて、それぞれの国の持つ文化や歴史に関連して、さまざまな商習慣・商文化というものがあります。そんな海外とのビジネスにおける経験談をお伝えしています。

  • 起業家に影響を与えたこの一冊

    起業家に影響を与えたこの一冊

    起業やビジネスを展開する上で起業家が影響を受けた本を紹介しており、その起業家がどのような本からどんな影響を受け今のビジネスにどんな変化があったのかを知ることで、起業家マインドの一端を垣間見ることができます。

  • オンリーワン商品

    オンリーワン商品

    オンリーワンの商品やサービスを世の中に出す企業の開発に至るまでの背景や商品の特長、苦労話、今後の展望などをご紹介します。