11月19日(土)『コンクリートの日 体験まつり!』を開催

越野建設株式会社

投稿日:2011年11月14日

サービス分野: [ ものづくり ] [ 福祉・少子高齢化 ] [ 教育・人材 ]

11月19日(土)『コンクリートの日 体験まつり!』を開催

子どもたちに “めったにできない体験” をプレゼント!
~建設業への理解と親しみを深めてもらう体験型イベント~

今年で創業100年目を迎えた総合建設会社、越野建設株式会社(所在地:東京都北区、代表取締役:越野 充博)は、企業の社会的責任(CSR)活動の一環として、子どもたちに建設業への理解と親しみを深めてもらうことを目的としたイベント『コンクリートの日 体験まつり!』を開催いたします。

このイベントは、11月15日が「生コンクリート記念日」(*注)であることにちなんで開催されます。
現代社会はコンクリートをさまざまに活用しており、都市生活者は日々コンクリートと触れ合っております。鉄筋コンクリート構造における技術を中心として、100年の歴史の中で施工技術の向上に努めてきた弊社だからこそ、生活の身近にあるコンクリートについて子どもたちに様々な“体験”や“学習”ができる場を提供したいと考え、この度の開催にいたりました。

会場では、固まる前のコンクリートに触ることのできる『生コンクリートにさわってみよう!』をはじめ、『セメントで手形をつくろう!』(技術協力:社団法人セメント協会研究所)や『コンクリートミキサー車と写真を撮ろう!』など、いくつもの体験型アトラクションを用意し、子どもたちに日常では“めったにできない体験”を提供いたします。
また、保護者の方たちの関心にも応えられるよう、パネルや実物模型の展示、建設の現場VTR上映などにより、鉄筋コンクリート構造のみならず、一般的な建築に関する理解を深められる展示も用意しています。


(*注)「生コンクリート記念日」とは
 過去、生コンクリートは使用する工事現場にて材料を調合し製造するのが主流でしたが、昭和24年11月15日に、現在の主流である生コンプラントから運搬車両により市場へ出荷する方式が開始されました。これにちなみ、「全国生コンクリート工業組合連合会」・「全国生コンクリート協同組合連合会」により「生コンクリート記念日」が制定されました。



■アトラクション一覧
(1)『生コンクリートにさわってみよう!』
  手袋を着用して生コンクリートをグニュグニュとこねる体験ができます。
  ※係員が指導・説明をいたします。

(2)『セメントで手形をつくろう!』
  (技術協力:社団法人セメント協会研究所)
  コンクリートの材料である“セメント”で手形作成体験ができます。
  (所要時間:約30分)

(3)『コンクリートミキサー車と写真を撮ろう!』
  子ども用ヘルメットや安全帯、作業着を着て、ミキサー車と一緒に
  親子インスタント写真無料撮影を行います。

(4)『バイブレーター(棒型振動機)にさわってみよう!』
  コンクリートを型枠に流し込む際に振動で流動化させる機械を自分で持ち、
  強い震動を体験できます。

(5)『鉄筋コンクリート構造ってなに?』
  パネルやVTR、模型などにより、鉄筋コンクリート構造などについて学べ
  ます。

(6)『免震構造マンション地下免震装置見学会』
  (テレビ朝日「モーニングバード」内の防災特集で生中継された免震マン
  ション地下へ案内)
  地震の揺れを大きなバネで吸収する先端免震技術を、当社技術者がわかり
  やすく説明します。
  (所要時間:約30分)

【イベント開催概要】
名称 :『コンクリートの日 体験まつり!』
開催日:平成23年11月19日(土) ※雨天の場合は翌日へ延期
時間 :午前10時~午後3時
場所 :越野建設本社駐車場(東京都北区王子4-22-9)

※下記URLにて詳しいイベントの案内がご覧いただけます。(越野建設 「企画開発部ブログ」内記事)
http://blog.goo.ne.jp/koshinocorporation2/e/2b109004561fe23fa3dc2deb2d58d97d

【越野建設株式会社 会社概要】
所在地: 東京都北区王子4-22-9
代表者: 代表取締役 越野 充博
資本金: 払込資本金 86,636,000円
設立 : 1964年8月7日(創業1912年3月1日)
TEL  : 03-3913-4511(代表)
     0120-322-088(フリーダイヤル)
FAX  : 03-3913-4723
URL  : http://www.e-koshino.co.jp/

お問い合わせ先

【報道関係者からのお問い合わせ先】
越野建設株式会社
広報担当: 企画開発部 土屋 貴之
TEL   : 03-3913-4511(代表)
FAX   : 03-3913-4723
Mail  : tsuchiya@e-koshino.co.jp

 
キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する