株式会社シュビキ

(株)シュビキ グローバル人材育成教材『海外進出の進め方』新発売

#IT技術 #海外・グローバル

株式会社シュビキ(本社:東京都新宿区 代表取締役社長:首尾木義人)は、グローバル人材育成教材『海外進出の進め方 全4本』を、eラーニングとDVDで、11月10日に発売致します。

長期化する円高を背景に、海外に拠点を移す企業が後を絶ちません。当然のことながら、これは高いリスクをはらむ大きな投資であり、失敗は許されません。

本作は、進出先を選定し、フィジビリティ・スタディ(事業化計画)を行った上で現地で操業を開始するまでのプロセスとノウハウをまとめたもので、海外進出を計画する企業の社内教育用に開発されました。

eラーニング、mラーニング(タブレット、スマートフォン)、DVDなど、様々なメディアに対応しており、個人学習や集合研修などの場面に応じてご利用頂けます。


■タイトル

『海外進出の進め方 1.進出先の調査』
『海外進出の進め方 2.F/Sの始めに』
『海外進出の進め方 3.F/Sの進め方』
『海外進出の進め方 4.F/Sから操業へ』


■商品の特徴

【Question Based Learning(QBL)】
・問題にチャレンジし、正解と解説(音声付)を見て学ぶという、QBLの手法を取り入れた教材で、飽きずに学習に取り組める工夫がされています。

【各種デバイス対応】
・eラーニングは、PCのほか携帯電話、スマートフォン、タブレットPCなど各種のデバイスに対応。
・PC、DVDプレーヤーでご覧頂けるDVDもご用意しています。


■料金

【eラーニング】
・クラウド(ASP・SaaS)ご利用料金:各コース10,290円/3ヶ月・1ID
 ※法人契約の場合、ボリュームディスカウントがあります。
 ※PowerBISCUE、定額フリープラン、カフェテリアプランなどの割引プラン
  に組み込むことも可能です。

【DVD】
・各10,290円(送料無料)


詳細は、以下サイトをご参照下さい。
http://www.biscue.net/contents/genre/kokusaika/#course-in07d01s


【株式会社シュビキの会社概要】
ビジネススキル教材の企画・製作、及びクラウド型配信(ASP・SaaS)
を事業ドメインに、「BISCUE eラーニング・mラーニング」
「BISCUE ビジネスDVD・ビデオ」として、各約400タイトルを発売、配信中。
同教材、及びシステムの自社開発で培ったノウハウをベースに、様々な
人材開発ソリューションと現場でのパフォーマンスサポートを提供している。

【お問い合わせ先】

株式会社シュビキ
専務取締役 吉田 晴美
〒169-0075 東京都新宿区高田馬場2-10-1宮下ビル1・2F
URL: http://www.biscue.net/
E-mail: info@shubiki.co.jp
tel. 03-3208-4276
fax. 03-3208-4288

株式会社シュビキのプレスリリース

お役立ちコンテンツ

  • 弁理士の著作権情報室

    弁理士の著作権情報室

    著作権など知的財産権の専門家である弁理士が、ビジネスや生活に役立つ、様々な著作権に関する情報をお伝えします。

  • 産学連携情報

    産学連携情報

    企業と大学の連携を推進する支援機関:一般社団法人産学連携推進協会が、産学連携に関する情報をお伝えします。

  • コンサルタント経営ノウハウ

    コンサルタント経営ノウハウ

    コーチ・コンサルタント起業して成功するノウハウのほか、テクニック、マインド、ナレッジなどを、3~5分間程度のTikTok動画でまとめています。

新聞社が教える「プレスリリースの書き方」

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

連携サイトお役立ち情報

  • 海外ビジネス談

    海外ビジネス談

    海外とのビジネスにおいて、それぞれの国の持つ文化や歴史に関連して、さまざまな商習慣・商文化というものがあります。そんな海外とのビジネスにおける経験談をお伝えしています。

  • 起業家に影響を与えたこの一冊

    起業家に影響を与えたこの一冊

    起業やビジネスを展開する上で起業家が影響を受けた本を紹介しており、その起業家がどのような本からどんな影響を受け今のビジネスにどんな変化があったのかを知ることで、起業家マインドの一端を垣間見ることができます。

  • オンリーワン商品

    オンリーワン商品

    オンリーワンの商品やサービスを世の中に出す企業の開発に至るまでの背景や商品の特長、苦労話、今後の展望などをご紹介します。