「人事評価者スキルアップ」セミナーを開催~評価制度を運用する管理者のマネジメントスキル向上を目指す

サービス分野: [ 教育・人材 ] [ コンサルティング ]

「人事評価者スキルアップ」セミナーを開催~評価制度を運用する管理者のマネジメントスキル向上を目指す

株式会社日本コンサルタントグループ(所在地:東京都新宿区、代表取締役:清水正行、通称:ニッコン)は人事部教育企画担当者向けの人材開発セミナー「人事評価者教育のススメ~制度を運用する管理者(評価者)のマネジメントスキル向上」を12月13日(火)に開催いたします。


人事評価は、管理者が日常のマネジメント活動を通じて、部下の仕事の発揮度や業績・業務目標の達成度を把握・評価し、昇給・昇格、賞与といった人事管理に反映させることであり、その目的は、部下の能力開発をすることにあります。

私ども日本コンサルタントグループでは、企業様の目的に見合った評価制度の改定をお手伝いさせていただいております。また、改定に伴い評価者研修を実施しております。

多くの企業では、評価者研修を新任評価者に対して一度実施した後は、評価制度が改定された場合に都度実施しているのが現状のようです。
改定後の研修を実施した際には、評価制度を実際に運用する側の管理者(評価者)の認識やスキルが追いついていないことが見受けられます。
これは、人事評価の目的である「部下の能力開発」を念頭に置いた継続的な教育が行われていないことが原因と考えられます。

どんなに素晴らしい人事制度が設計されたとしても、運用している管理者の制度の理解、評価スキルに問題があれば、制度は円滑に機能しません。もちろん、被考課者からの信頼・納得を獲得することができず、本来の人事評価の目的である人材育成には結びつきません。

そこで、今回のセミナーでは、人事評価制度の運用面での成否を分ける「評価者のスキルアップ」に焦点をあてた評価者教育の進め方についてご紹介いたします。

継続的な評価者教育は、部下の日常の行動や目標達成・貢献度等を把握し、改めて評価のあり方を見直す場となり、目標達成に向けた管理者としてのマネジメントスキルの向上にもつながります。



――――――――――――――
■ プログラム概要
――――――――――――――
1.人事評価における問題点
 ・人事評価でよく見受けられる問題点   
 ・人事評価の本来の目的と意義   
・人事評価の基本原則
2.人事評価とマネジメントサイクル
 ・組織活動と目標連鎖   
・目標マネジメントサイクル
3.人事評価の進め方
 ・人事評価の仕組みの確認  
・評価の進め方 
 ・行動・態度評価における3つのルール
4.フィードバック面談の進め方
 ・フィードバック面談の進め方とポイント
5.質疑応答

――――――――――――――
■ セミナー開催概要
――――――――――――――
■日  時:2011年12月13日(火)14:00~16:00(13:30より受付)
■場  所:クロス・ウェーブ梅田(大阪市北区)
■対  象:人事部教育企画担当者の方々
■参加料:無料
■お申込:HP(http://www.niccon.co.jp/seminar/jinzai/111213.html)
から、または下記お問合せ先にご連絡をお願いいたします。


【セミナーのお問い合わせ先】
株式会社日本コンサルタントグループ 
大阪営業部          
・TEL:06-6312-0974



【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社日本コンサルタントグループ 
営業本部 営業企画室
・TEL:03-5996-7541 
・e-mail: tsd@niccon.co.jp

【会社概要】
・会社名:株式会社日本コンサルタントグループ
・所在地:161-8553 東京都新宿区下落合3丁目-22-15 ニッコンビル
・代表者:清水正行
・創 業:1956年
・事業内容:総合経営コンサルタント業
(企業診断・改善支援、人材育成・能力開発、市場調査、地域開発、e-メールプロモーション・出版事業)
・公式サイト:http://www.niccon.co.jp/

お問い合わせ先

株式会社日本コンサルタントグループ 
営業本部 営業企画室
・TEL:03-5996-7541 
・e-mail: tsd@niccon.co.jp

 
キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する