建設業界の出発点「建設業新入社員講座」を開催

サービス分野: [ 教育・人材 ]

建設業界の出発点「建設業新入社員講座」を開催

株式会社日本コンサルタントグループ(所在地:東京都新宿区、代表取締役:清水正行、通称:ニッコン)は2012年4月に建設企業に入社する社員を対象とした公開講座「建設業新入社員講座」を4月5日(木)に開催いたします。

新入社員は、入社当初の吸収力旺盛な時期の経験や教育によって仕事観の基礎を作ります。そしてこの社会人初期段階で形成された仕事観が、将来のキャリアに大きな影響を与えると言っても過言ではありません。

本講座では、組織人としての基本要件を確実に身につけさせ、会社に対するロイヤリティーを高めると同時に、企業人としての物事の捉え方、考え方について学んでいただきます。
入札、指名、受注から竣工までの管理の流れと業務を学ぶ演習「施工ゲーム」も実施します。

各企業から参加する新入社員の中で刺激を受けながら、建設会社での仕事の流れや基本マナーなどを学ぶことができる講座です。

――――――――――――――
■ プログラム概要
――――――――――――――
1.我々が働く建設業界とは
 1)建設業の役割と未来
 2)建設業で働くことの意義・役割

2.基本マナーとコミュニケーション
 1)基本マナーの確認
 2)報告・連絡・相談

3.建設会社の仕事と業務を学ぶ
  ~施工ゲーム~
  入札、指名、受注から竣工まで
  施工管理(品質、原価、工程、安全)

4.まとめ

――――――――――――――
■ セミナー開催概要
――――――――――――――
■日  時:2012年4月5日(木)10:00~17:00(9:30より受付)
■場  所:日本コンサルタントグループ 第2ニッコンビル
■対  象:建設業新入社員
■参加料:1名様 29,400円(消費税込)
■お申込:HP(http://www.niccon.co.jp/seminar/kensetu/2012/school/120405kensetu.html
)から、または下記お問合せ先にご連絡をお願いいたします。

【セミナーのお問い合わせ先】
株式会社日本コンサルタントグループ 
建設産業システム研究所        
・TEL: 03-3950-1178

――――――――――――――――――――――――――――
■日本コンサルタントグループ 建設産業システム研究所について
――――――――――――――――――――――――――――
弊社では設立当初より建設業における経営コンサルティングを行っており、建設業を専門に研究する「建設業産業システム研究所」を設けております。
「建設産業システム研究所」は昨今の厳しい局面を「経営戦争の時代」ととらえ、建設企業として勝ち残るために、経営、営業、生産、管理、情報の5つの機能からアプローチし、ご支援させていただいております。
また、経営事項審査評点アップシミュレーションソフト「経審博士」などのソフトの制作・販売を行っております。
詳しくはホームページをご覧ください(http://www.niccon.co.jp/kensetsu/)。

【コンサルティングメニュー】
◆経営機能 : 経営診断・中期経営計画策定、事業再構築、COSMOS認証取得支援
◆営業機能 : 営業強化コンサルティング、リフォーム・リニューアル市場参入・軌道乗せ、営業担当者育成研修
◆生産機能 : コストマネジメントシステム構築、VE(原価企画)によるコストダウン、現場担当者研修 
◆管理機能 : 人事諸制度の改革、経営幹部・管理者育成研修、マネジメント研修
◆情報機能 : 実行予算管理システム構築、営業情報管理システム、経審シュミレーションソフト「経審博士」など


【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社日本コンサルタントグループ 
営業本部 営業企画室
・TEL:03-5996-7541 
・e-mail: tsd@niccon.co.jp

【会社概要】
・会社名:株式会社日本コンサルタントグループ
・所在地:161-8553 東京都新宿区下落合3丁目-22-15 ニッコンビル
・代表者:清水正行
・創 業:1956年
・事業内容:総合経営コンサルタント業
(企業診断・改善支援、人材育成・能力開発、市場調査、地域開発、e-メールプロモーション・出版事業)
・公式サイト:http://www.niccon.co.jp/

お問い合わせ先

株式会社日本コンサルタントグループ 
営業本部 営業企画室
・TEL:03-5996-7541 
・e-mail: tsd@niccon.co.jp

 
キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する