茨城県2店舗目!災害対応型ランドリーオープン!

株式会社ジーアイビー

投稿日:2021年6月17日

サービス分野: [ その他(コインランドリー) ]

茨城県2店舗目!災害対応型ランドリーオープン!

コインランドリーを全国展開している株式会社ジーアイビー(本社:名古屋市中区、代表取締役社長:鈴木 衛)はLPガス非常用発電ソリューションを活用した、災害時の停電等にも対応する新しい形のコインランドリー、
「災害対応型ランドリー」を2021年6月20日(日)に茨城県水戸市に出店する事をお知らせします。
今回の出店で「ブルースカイランドリー」は全国140店舗目となり、茨城県下では6店舗目となります。

■災害対応型ランドリー概要
災害対応型ランドリーは「標準仕様」として1.5日分のLPガスを貯槽できるLPガスボンベ、ポータブル発電機への接続が可能な設備を完備します。ポータブル発電機はガスを利用して発電する仕組みになっており、携帯電話充電などへ電力供給することができます。また、店舗にガスコンロ、ガス炊飯器を導入し、被災者向けの炊き出しが可能になります。昨今の社会情勢により三密回避に向けた分散避難が必要となる中、コインランドリーを“臨時避難所“として活用する事ができ、また 商業施設に併設されている事から、災害時には食料や日用品を確保しやすい事も大きなメリットとなります。

■導入目的と経緯
2019年の令和元年房総半島台風(台風15号)の際、千葉県で大規模停電が発生しました。
県内の2店舗 カインズ市原店(千葉県市原市)、ベイシア大網白里店(千葉県大網白里市)は停電を免れたものの、停電が長引き、遠方からも多くの住民が洗濯に訪れました。この出来事をきっかけに「災害時、コインランドリーが救援にならないか」と社内で何度も協議を重ね、災害対応型店舗の発案につながりました。

■今後の展開について
現在、全国140店舗中、26店舗で災害対応型店舗を展開しています。2025年までに500店舗に増やす中、新規店舗はできるだけ災害対応型として出店する方針です。近年、災害の多発化・激甚化により災害対応型店舗へのフランチャイズオーナー様の関心も高まっています。一方、共働き世帯の増加を背景とする家事の時短ニーズの高まりや大型寝具洗濯・乾燥の利用者が増えコインランドリー市場はまだまだ増加傾向にあるといえます。

LINEで洗濯終了をお知らせ!
マーケティング・利便性 全てを兼ね備えた精算機「ブルスカなび2」を設置

新型コロナウイルスの感染収束が見通せない昨今、キャッシュレスでの決済が当たり前の時代となりました。そんな中、ジーアイビーでは従来はコインを入れて洗濯機を運転させるコインランドリーでもキャッシュレス決済が可能な、コインだけではないコイン(レス)ランドリーの開発を進め、実機デビューの運びとなりました。ブルースカイランドリー水戸城東店では、精算機「ブルスカなび2」を設置しております。さらに、こちらの機器は国内アクティブユーザー月間8,600万人を超えるソーシャルメディアであるLINEと融合させることによりユーザーの利便性を向上させた精算機となります。

■コインランドリー精算機「ブルスカなび2」とは…
【ランドリー機器のお支払い】
コインランドリーの機械本体にも支払い投入口がありますが、最大の欠点としてお釣りの支払いができません。
ですが、「ブルスカなび2」を介して精算すればお釣りが排出されますので紙幣の使用も可能となります。

【高齢者でも安心! 大型タッチパネル】
32インチの大型タッチパネルの為、大きな文字で高齢者でも安心してご利用いただけるディスプレイとなります。

【外国人利用者でも安心! 英語切り替え対応】
日本語だけでなく、英語表記に切り替えが可能ですので、外国人の方でもご利用いただけます。

【バーコードリーダー搭載】
主に決済(PayPay・LINEPay・d払い・auPay・ALIPAY・楽天Pay・メルPay・微信支付)に利用しますが、こちらのバーコードリーダーを使用してLINEとの連携を行います。また、今後はクーポン発行など応用して利用が可能です。

【領収書発行】
領収書の発行ができ、法人で使用される方、レシート必須の方にご利用いただけます。

■ソーシャルメディアLINE×「ブルスカなび2」の融合
「ブルスカなび2」のバーコードリーダーにお使いのスマートフォン(予めLINEアプリをダウンロード)をかざすだけでLINEアプリと「ブルスカなび2」を連携させる事ができます。

■LINEとの連携でコインランドリー利用者、コインランドリーオーナー共に付加価値がアップ

【コインランドリー利用者】
①お洗濯終了時にLINEにてお知らせ
ご利用の洗濯機器終了時にLINEにて洗濯終了を知らせる通知が届きます。その為、ランドリー内に留まる事なく、時間の有効活用が可能です。
②お財布要らず! ご利用額のチャージが可能
ブルースカイランドリーの公式アカウントからご利用額のチャージが可能(※「ブルスカなび2」実機でもチャージ可)となり、場所を選ばずご自宅でもチャージが可能です。その為、ご利用時には携帯電話1つでランドリー機器のお支払いが可能となり、お財布を持ち歩く必要がありません。
③割引クーポンが届く
LINEに新規会員登録すると500円割引クーポンが発行されます。

【コインランドリーオーナー】
①店舗利用者のマーケティングが可能
連携の際に簡単なアンケートにお答えいただく事で、店舗利用者の性別・年齢等様々な属性が分かります。
②ターゲットを絞った情報発信
属性をセグメント分けする事でターゲットを綿密に絞り込み、ニーズに合った情報を配信する事ができます。
③コスト削減
ターゲットの絞り込みを行い、不必要な属性へ情報を配信しない事で経営面のコスト削減が可能です。

■ブルースカイランドリーについて
ブルースカイランドリーは家事の軽減や家族との時間を増やすため、コインランドリーを上手に利用したライフスタイルを提案しております。
ブルースカイランドリーの特徴として、スタッフが店内の清掃を行い、常に清潔な店舗を保っております。
また、サービス面・防犯面におきましても、専用のコールセンター、監視カメラを設置することにより、お客様に安心してご利用いただける店舗となります。

■株式会社ジーアイビーについて
「さまざまなNEEDSを組み合わせてWIN×WINを提案する」このジーアイビーのビジョンをカタチにした事業のひとつが、全国展開中「ショッピング DE コインランドリー」がコンセプトの「ブルースカイランドリー」です。ジーアイビーは、「ブルースカイランドリー」のフランチャイズ本部として機能しており、その内容は、出店用地の開発、店舗運営全般、ブランディングなどを行っています。

■ブルースカイランドリー水戸城東店について
〒310-0012 茨城県水戸市城東4丁目4番50号   営業時間 24時間営業

お問い合わせ先

■本件問い合わせ先
株式会社ジーアイビー 広報部 担当:澤井(さわい)/川竹(かわたけ)
愛知県名古屋市中区丸の内一丁目15番20号 ie丸の内ビルディング4F
TEL:052-201-3200 FAX:052-201-3202 e-mail:pr@gib-web.jp

 
キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する