携帯市場、インドの金融テックに新規参入 AIを活用した株式取引アルゴリズム提供開始のお知らせ

株式会社携帯市場

投稿日:2021年4月28日

サービス分野: [ IT技術 ] [ 海外・グローバル ] [ アジア・新興国 ]

携帯市場、インドの金融テックに新規参入 AIを活用した株式取引アルゴリズム提供開始のお知らせ

SDGs×DX時代にあった新しいモバイル市場を創造する株式会社携帯市場(本社:東京都千代田区、代表:粟津浜一、以下携帯市場)は海外進出第一弾として、インド国内の株式取引アルゴリズムを提供する、KomonSmarttrade PrivateLimited(CEO : Sharad Gorawara、住所:ノイダ・フィルムシティ・インド、以下コモンスマートトレード)へ出資し、2021年4月26日より事業開始したことをお知らせします。

コモンスマートトレードは、携帯市場とインドのシステム会社SavantSolutions社(Managing Partner : Saurabh Srivastava、ノイダ・フィルムシティ・インド)との合弁会社であり、成長著しいインド株式市場向けに特化したAI(人工知能)とMachine Learning技術を用いた独自アルゴリズムを開発する金融テックカンパニーです。

コモンスマートトレードホームページ:
https://komon.in/index.html

 アルゴリズム取引は、コンピューターがマーケットの動向を判断して、自動的に株式売買注文のタイミングや数量を決めて注文を繰り返す取引手法です。NSE(国立証券取引所)の2018年のデータによると、現金市場の44.8%、株式デリバティブ市場の48.2%、つまりそれぞれの約半数がアルゴリズム取引によって駆動されているというレポートがあります(※)。さらにインド株式市場の1日の売上高が約2,500億インドルピー(日本円で約3400億円)から3,000億インドルピー(日本円で約4000億円)とJPX(日本証券取引所)の約10分の1ではあるものの、産業の発展、人口増加の背景からも伸びしろが大きく、これから期待できる市場です。
(※)Data by National Stock Exchange of India , Business Today , NomuraFoundation

コモンスマートトレードが提供するトレーディングアルゴリズムは、さまざまなクライアントの株式をベンチマークとして管理してきた25年以上の金融専門家によって考案された投資戦略に基づいて、最新技術により開発されたものです。またNSE(国立証券取引所)およびBSE(ボンベイ証券取引所)からのデータを取引するために、インド大手証券会社の1つであるKotak Securitiesと提携しており、Kotak Securitiesを通じてデイトレードを中心としたユーザーや企業クライアントが利用可能になります。

■コモンスマートトレード代表、Sharad Gorawaraコメント
「インド国内のスマートフォンの普及率の上昇(2020年時点で5億5000万人以上)とインターネット接続のリーチの拡大(2020年8月時点で約7億6000万人)は、アルゴリズム取引を行うソリューションプロバイダーにとって大きなチャンスに繋がるとみています。株価のファンダメンタルズと価格変動トレンドの研究を組み合わせ、実用的なポイントを提案する独自のシステムを開発しました。私たちは、数年の取引データを使用していくつかのテストを実行し、AIおよびMachine Learning技術をベースとしたシステムを使用してアルゴリズム戦略と強化された戦略に関する厳密な調査を行い、クライアントと顧客に最高クラスの製品を提供できるまでになりました」

■コモンスマートトレードDirector、粟津浜一コメント
「弊社は2020年度からインド進出に向けて準備を重ねてきました。まずは出資の立場ではありますが、今回初めての海外進出、それも成長著しいインドへ進出できたことを心から嬉しく思います。インドは人口世界2位、スマートフォン普及の数も5億という状況の中で、今後通信インフラが整う事で、一人当たりの端末保有台数も増えていくとみています。そのような背景の中で、技術力が高いインドでは、モバイルを利用した株式取引が主流になっていくと想定されます。当社はこれまでスマートフォンを中心とした売買を事業ドメインとして進めてきましたが、今後の戦略としてICT(情報通信技術)サービスを挙げており、AIを活用したアルゴリズムの提供は、まさしく株式市場におけるICTサービスと言えます。当社は合弁会社を通じて、端末だけでなく金融テック分野のサービスを提供することで、グローバルな取り組み、かつ生活に密着したモバイルソリューションを提供していく考えです」

コモンスマートトレードのアルゴリズムは2021年5月3日(日本時間)よりインド国内で販売を開始します。現在新しいアルゴリズムも追加開発中で、既存の証券会社以外にも証券会社の販売チャネルを増やし、多くのユーザーニーズに対応していく考えです。またスマートフォン上で取引可能なアプリケーションも提供していく予定で、今年度中に個人の売買プラットフォームにも参入する構えです。

■Komon Smarttrade Private Limitedについて
設立:2021年4月26日(日本時間)
CEO:Sharad Gorawara
Director:Saurabh Srivastava
Director:Awazu Hamakazu
Address:Level 5, SB Tower 1A/1, Sector 16A, Film City Noida 201301, UP, India
URL:https://komon.in/

■パートナー企業、Savant Solutionsについて
Managing Partner:Saurabh Srivastava
Practice Head:Sharad Gorawara
Practice Head:Durgesh Satyam
Address:Level 5, SB Tower 1A/1, Sector 16A, Film City Noida 201301, UP, India
URL:https://savantsolutions.in/

■株式会社携帯市場について
企業名:株式会社携帯市場
代表者:代表取締役 粟津浜一
創業:2009年1月
住所:東京都千代田区神田神保町1-1-17東京堂神保町第3ビルディング6F
事業内容:中古携帯電話の売買、中古携帯電話の提携店サポート、EC事業、他
従業員数:60名(パートアルバイトも含む、2021年3月現在)
携帯市場Eコマースサイト:https://shop.keitaiichiba.co.jp/
他楽天、Yahoo!ショッピングなどモールを8サイト運営
携帯市場コーポレートサイト:https://keitaiichiba.co.jp/
スマホのサブスクリプションレンタルサービス「みんなのスマホ」:https://minnasumaho.com/

お問い合わせ先

【本件に関するお問い合わせ】
株式会社携帯市場 広報担当:冨永
TEL:070-2194-3978 03-3526-2755
メールアドレス: j-tominaga@keitaiichiba.co.jp

 
プレスリリースオンライン無料個別相談
キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する