<ノーコード対話AIプラットフォーム「kuzen」>中国新聞社とAIチャットボットの実証実験開始

株式会社コンシェルジュ

投稿日:2021年4月26日

サービス分野: [ IT技術 ]

<ノーコード対話AIプラットフォーム「kuzen」>中国新聞社とAIチャットボットの実証実験開始

ノーコード対話AIプラットフォーム「kuzen(クウゼン)」を提供する株式会社コンシェルジュ(本社:東京都千代田区、代表取締役CEO:太田匠吾 以下、コンシェルジュ)は、広島県と株式会社広島銀行が、Creww株式会社と共に実施している「ひろしまサンドボックススタートアップチャレンジ 広島オープンアクセラレーター2020」プログラムにおいて、株式会社中国新聞社(本社:広島県広島市、代表取締役社長:岡畠鉄也、以下、中国新聞社)との協業案が採択されました。弊社の「KUZEN」と中国新聞社のリソースを活用した事業化検討を進めるため、4月22日から実証実験を開始いたします。

■AIチャットボット導入の狙い
中国新聞社では、従来、お客様からのお問い合わせを社内の読者広報部を始めとする担当部署で対応しておられましたが、業務圧迫やサービスによって対応部署が異なることによるお客様への負担など、電話応対に課題を感じ、問い合わせ対応に起因するサービス品質の低下や満足度の低下を危惧されていました。
また、「読者対応の品質向上」と「新サービスの創出」の両立も大きな課題として認識しておられ、この度弊社との連携により既存顧客に対する新たな価値の提供と新規顧客の開拓に可能性を感じていただき、本プログラムにてご採択いただきました。
将来的には、地域密着型の「なんでも相談チャット」のようなサービスの事業化を目指しており、地域で求められる相談にチャットボットで答えることができる新たな会話体験の仕組みを両社で協力し構築したいと考えています。

■実証実験について
今回の実証実験では、中国新聞社が運営するWEBサイトに実際にチャットボットを設置します。回答する内容は、特に問い合わせが多い要件やチャット対応向きの要件などを社内各部署へのヒアリングから抽出しました。チャットボットの利用状況や電話問い合わせ件数の変化などを検証項目として設定します。
2021年6月頃まで実証実験を行い、検証結果を踏まえ、その後の事業化検討について協議します。

■コンシェルジュ 「kuzen」の特徴
・ノーコード且つ専門知識のいらない直感的な操作により、誰でも短時間でスピーディーにAIチャットボットの作成が可能。

・AIチャットボットが人の代わりとなり365日24時間稼働。細やかなシナリオ設計でさまざまな応答方法にも対応します。

・各種SNSツール、CRM、MAとの連携も簡単。セグメント配信を行うことで、特定のターゲットユーザーに適切なタイミングで効果的な配信も可能です。

◆コンシェルジュ『kuzen』 サービスページ
URL:https://www.kuzen.io/

▼コンシェルジュについて
ノーコード対話AIプラットフォーム『kuzen』の開発・販売を行うスタートアップ企業です。 カスタマーサポート、 マーケティング領域などにおいてAIによる自動応答、複雑な自然言語処理などの技術を活用したAIチャットボットを提供しています。

▼会社概要
会社名: 株式会社コンシェルジュ
設立: 2015年2月
代表取締役 CEO: 太田匠吾
所在地:東京都千代田区神田三崎町3-8-5 千代田JEBL 6F
事業内容: ノーコード対話AIプラットフォーム『kuzen』の開発・販売・運用
連絡先: info@conciergeu.com

お問い合わせ先

株式会社コンシェルジュ
URL:https://corp.conciergeu.com/
メールアドレス:info@conciergeu.com

 
プレスリリースオンライン無料個別相談
キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する