M&A仲介事業、海外事業提携仲介事業を手掛けるクレアークは店舗M&Aサービスを開始。

株式会社クレアーク

投稿日:2011年10月31日

サービス分野: [ コンサルティング ]

近年、中小企業のM&Aは活発化する一途を辿っており、年々、増加傾向にあります。
しかしその一方で、取引価格の低い店舗事業はほとんど取引されず、店舗ビジネスから撤退しようと考えた際、廃業という選択しかありませんでした。

店舗を閉める場合、解約するまでの空家賃の支払い、原状回復、保証金の償却等、様々な費用がかかります。これらの費用負担を考えると、スムーズに撤退する事ができないケースがたくさんあります。

こうした現状を踏まえ、弊社では売買価額が1億円以下の飲食店、小売店、学習塾、美容院、エステサロン等の有店舗の小規模事業をターゲットとした店舗M&Aサービスをスタートいたしました。

店舗M&Aで取り扱う案件は、営業中の案件しか取り扱いません。そのため、売り手側は、飲食店、小売店、学習塾、美容院、エステサロン等の店舗を閉店しないで営業したまま有利な条件で売り出すメリットがあります。

条件によってはスタッフやお客様、取引先を次期経営者に引き継ぐことも可能ですので、安心してリタイアを迎えることができます。

買い手側にとっても、過去の経営状況(売上推移・利益率等)を把握でき、店舗運営のノウハウを引き継ぐ事やスタッフを引き継ぐ事も可能なので、新規開店に比べてリスクは低いといったメリットがあります。

また、店舗M&Aの場合、既存設備を利用するケースがほとんどですので、小資本での事業スタートが可能という点も大きなメリットです。若手起業家や団塊の世代の独立開業にも向いています。


【店舗M&Aのメリット】
●購入側のメリット
・設備や什器を設置した状態(居抜き)で譲り受ける事により、出店コストを削減できます。
・店舗物件だけでなく、従業員や仕入先などもそのまま引き継ぐことができるため、イチから立ち上げる場合に比べ、大幅に時間が短縮できます。
・前経営者の貴重なノウハウを短時間で習得することも可能です。
・決算書で売上、利益、経費等が事前に予測できるのでリスク軽減に役立ちます。
・運営している店なので、運営に必要な市場調査などを詳細に行うことができます。


●売却側のメリット
・原状回復、解体等をしなくて済むので、閉店費用を安くできます。
・店舗閉めるためには、原状回復費や解約までの空家賃、保証金の償却など、様々な費用がかかります。しかし、M&Aにより店舗を売却されると余計な廃業費用がかからず、しかも、スピーディに閉店できます。
・場合によっては、売却によりプラスの収入を得ることも可能です。
・廃業してしまえば全従業員が職を失うことになりますが、M&Aによりお店が存続すると従業員の雇用継続の道が拓けます。


【報酬について】
報酬は原則、成功報酬で、売買価額に応じて2%~15%の手数料が発生します。
※債権債務の状況や関連会社等の状況により、手続が複雑になるような場合、地方や海外などへ出張を要する場合などは、別途実費が発生することがあります。

詳しい報酬体系はこちら
http://www.clearc.co.jp/fee.html


■会社概要
商 号 :株式会社クレアーク
設立年月:2011年8月
代表者 :瀬間隆司
所在地 :〒107-0061 東京都港区北青山3-6-7 青山パラシオタワー11階
TEL  :03-5778-5224
FAX  :03-6682-4243
事業内容:店舗事業のM&A仲介、M&A仲介業務、海外進出支援、事業提携仲介、経営コンサルティング
URL  :http://www.clearc.co.jp/

お問い合わせ先

【本件に関する問い合わせ先】
株式会社クレアーク
担当者:瀬間・紺野
TEL :03-5778-5224
E-mail:info@clearc.co.jp

 
キーワードからプレスリリースを検索する
タイプからプレスリリースを検索する
SPECIAL CONTENTS 新聞社が教える
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

キーワードから新聞掲載情報を検索する